トップ > Vol.30■2014年9月発行

eye

2014/11/18(火)

医学英語・略語編

今回のテーマは「医学英語・略語」。よく目にする言葉でも、「英語で何と言う?」、「これは何の略語?」と聞かれて答えにつまらないよう、ここで知っておきましょう。2文字・3文字の言葉は略語・元素記号になっています。 ↓【タテのカギ】 1. 胎児に栄養を与える器官 2. 好中球アルカリフォスファターゼ 3. Chlorine 4. Parkinson病でみられるm...

eye

2014/11/06(木)

Social Impact ~君は世界を変えられるか~

いふむさとは? IFMSAは100カ国以上の医学系学生で組織する国際NGOで、IFMSA-Japanはその日本支部。全国53大学が加盟し、1,000名以上の会員が各地で活動している。 今回はIFMSA-Japanの年間最大のイベント、「日本総会」についてご紹介します。 毎年行われているこのイベントも今回で12回目になります。今年は11月22~24日の3連休...

eye

2014/10/28(火)

「呼吸器」の身体所見

日本のカルテに頻出する “no rale” という英語表現。実はこれ、英語圏では実際にはほとんど使われない表現なのです。では海外で臨床実習をする際には、どんな表現でカルテに記載すれば良いのでしょう? そこで今月は、英語圏で実際に使われている「呼吸器」に関する身体所見の定型表現をご紹介します。 解答と解説

eye

2014/10/21(火)

うつ病編

涙が出るほどの不安 衝撃的な泣きっぷりでした。もはや、政治家の社会的な問題を取り上げるというよりも、大人が人前でこんなに勢いよく泣いている、ということがニュースの主題になっていたようにさえ思います。それだけ、大人は人前で泣かないのが当たり前ということですね。それでも、人目もはばからずあれだけ泣くということは、相当感情がこみ上げていたのだと思います。 ニュー...

eye

2014/10/15(水)

「ひまわり to 稲穂でペコリ孝志郎」の巻

と一句詠んでくれたのは北原白秋先生。夏の太陽を見つめながら太く、そして高く伸びていくひまわりこそ『全力投球』という言葉の代名詞ではなかろうか。僕は東京の自宅にひまわりの花を活けて、毎日を彩ってもらっている。今日のリビングのひまわりも美しく力強い。ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめている」。僕という太陽だけを見つめて育つのだよ、ひまわり君・・・・・・って...

eye

2014/09/30(火)

船橋二和病院 2年目 琴 基天 医師

一生の仕事にできる医師を志す 元々は資産運用に興味があって、慶應大の経済学部から米ミネソタ大学に留学し、その後、経営コンサルティング会社に就職したのですが、しばらく働いてみると「一生の仕事ではない」と感じるようになったので、退職して医療の道を志すようになりました。 医療に興味を抱いたのは、10代の頃に首を傷め、それ以来お世話になっていた整体師の先生に刺激を...

eye

2014/09/30(火)

宮崎県立病院群(宮崎病院、延岡病院、日南病院) 2年目 目井 秀門 医師

「フェニックスプログラム」との出会い 大学5年生になったのを機に、出身の宮崎県で病院見学を始めたのですが、宮崎県立宮崎病院に見学へ行ったときに、宮崎病院、延岡病院、日南病院の県立3病院をローテートする、「フェニックスプログラム」という名の新しい研修プログラムがスタートすることを知り、他の2院にも見学に行くことにしました。 延岡病院に行ったときには、副院長に...

コラム一覧

公式アカウント

facebook

twitter