トップ > iCrip magazine + > 研修医の声

vol42-hokusetsu-eye

2017/07/05(水)

【大阪】北摂総合病院 2年目 高 雅俊医師

臨床の基礎となる鑑別診断がしっかり学べる 進路の一つに整形外科を考えていて、だからこそ鑑別診断や内科的な管理についてしっかり学びたいと考えました。整形外科領域は筋骨格系の疾患の解決ばかりと思われがちですが、一方で術後管理など内科プロセスでのマネジメントも重要です。常に症候学をベースに考えることが必要で、救急や総合内科の場でこそ養われるものといえます。 北摂...

vol42-shiomidai-eye

2017/07/05(水)

【神奈川】康心会汐見台病院 後期2年目 田中 克侑医師

最寄駅から横浜まで14分で行ける好立地の汐見台病院。小児科レジデント2年目の田中医師に同院の雰囲気や研修プログラムの特徴、小児科の現況などを語っていただきました。 高台に建つ地域に根ざした病院。 近年、院内環境も拡充。 ————先生が汐見台病院に来られたのはいつですか? 田中医師:2016年の10月です。学生時代は外科系を志望していたため、手技や手術がたく...

vol42-shounantobu-eye

2017/07/05(水)

【神奈川】湘南東部総合病院 2年目 山岡 周平医師

内科も外科も助手として多くを経験できる消化器科に魅了! 医学部5年の地域医療実習で3日間お世話になったのですが、スタッフの方がとてもフレンドリーで丁寧に接してくれて、働きやすい病院という印象を受けました。「分からないことは何でも聞いて!」と言っていただけて、質問にも丁寧に答えていただき好印象だったのです。 研修の1年目を終え、進路としては消化器内科に興味が...

vol41-tsugaru-eye

2017/03/30(木)

【青森】つがる総合病院 1年目 熊原 遼太郎医師

大都市部・有名病院以上の 研修環境で、確実に 手術&手技をスキルアップ つがる総合病院に入職したのは、6年生の4月にクリニカルクラークシップで1カ月間、実習を経験したのがきっかけです。学生が現場の医療チームの一員として参加する臨床実習の中で、研修医が一線に立って豊富な症例を経験しながら、手技も積極的に手掛ける姿がとても印象的でした。 私はサッカーをしていて...

ic40-ushioda-eye

2017/03/13(月)

【神奈川】 汐田総合病院 1年目 粟井 章博 医師

4カ月の総合内科&1カ月の救急科研修で、 common diseaseと治療を深く学ぶ 汐田総合病院の研修プログラムは、導入研修として4カ月の総合内科研修」と、「1カ月の救急科研修」が特徴的です。最初の5カ月間で、その後の19カ月の初期研修に向けた足固めをするためのもので、総合内科で医療の基礎を学び、救急科では上級医のサポートの下で自力で患者さんの診療にあ...

ic40-kyouritsusogo-eye

2017/03/06(月)

【愛知】 協立総合病院 1年目研修医4名の座談会スペシャル

初期研修医1年目の4名に協立総合病院について語っていただきました。研修医が『主治医』を務める制度や病院見学のポイント、また、同期のイジりなど、ガチトーク満載の座談会スペシャルです。 がん告知、患者さんとの 旅行会等で自覚した 医師の仕事と責任の重さ ――これまでの研修で、印象に残っている出来事を教えてください。 南医師 入職したばかりの4月後半に、がん告知...

ic40-saitamakyodo-eye2

2017/03/06(月)

【埼玉】 埼玉協同病院 1年目研修医5名の座談会スペシャル

初期研修医1年目の5名が、埼玉協同病院についてぶっちゃけトーク!特徴的な8カ月間の内科研修や当直などについて語り合った座談会スペシャルです。 教育熱心な指導医の先生方が 基礎からじっくり教える病院 ―研修先病院として埼玉協同病院を選んだ理由を聞かせてください。 松村医師:実家が埼玉にあるので家族がよく診てもらうなど、子どもの頃からよく知っていました。私自身...

vol41-ofuna-eye

2017/03/01(水)

【神奈川】大船中央病院 1年目川邉 健士朗医師×1年目堀口 航医師

海あり、カフェあり、お寺あり! 湘南エリア・鎌倉にある大船中央病院で、研修医生活を送る2名に、研修プログラムの魅力を語っていただきました。 診断学のプロ・須藤院長に磨かれる研修 週3回の『モーニングレポート』で 論理的な考え方に基づく 臨床能力が身につく! — まず特徴であるモーニングレポートについて教えて下さい。 堀口医師:毎週月~水曜日の朝8~9時に行...

ic40-osakishimin-eye

2017/02/27(月)

【宮城】 大崎市民病院 1年目 尾股 聡医師

37人の初期研修医&多数の上級医と 情報交換、豊富なフィードバック 大崎市民病院の特徴は研修医が多いことです。1年次の研修医が18人と多いので、まだまわっていない科の患者さんへの対応や、これから経験する手技のポイントなどを先にまわった研修医から事前に知ることができます。また、常勤医から抗菌薬など疾患ごとに異なる薬の使い方を教わった場合などにも、研修医同士で...

ic40-utsunomiya-eye

2017/01/30(月)

【栃木】 済生会宇都宮病院 1年目 山﨑 実央医師

救命救急センターで、ファーストタッチ から診療、退院までの計画を立てる “現場力”がつく救急研修 済生会宇都宮院には、栃木県の救急医療を担う「救命救急センター」が併設されていて、救急科専門医から直接指導を受けています。 救急科研修では、指導医の先生と2人1組のペアで診るのですが、多彩な症例を研修医が主体となって、ファーストタッチから問診と身体診察、そして検...

コラム一覧

公式アカウント

facebook

twitter