トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報

ic43_mizushimashimin-eye

2017/11/13(月)

【岡山】水島協同病院 2年目沼本 諒医師×2年目岡田 貴行医師

「プライマリ・ケア医Plus自分の専門をつくる」をテーマに、各科ローテートと並行して行う研修を多数設けている水島協同病院。初期研修2年目の2名にプログラムの感想をズバリうかがいました。 早期の在宅医療、内科外来研修で 診断能力が格段にアップ ―― 2年目の全員が内科研修から1年目をスタートされていますね。 岡田医師:病院のシステムに慣れて、メディカルスタッ...

vol43-fujimoto-eye

2017/11/13(月)

【宮崎】藤元総合病院 2年目 清水 拓海医師

  自分ペースの学習法を確立して 確実に力がつく研修 夏休みに4年生を含む学生さんが何名か病院見学に来ましたが、私自身の見学は6年生の5月と遅く、宮崎大学医学部附属病院と藤元総合病院の2院のみでした。初期研修では、肺炎などの一般的な疾病をたくさん診たかったことと、藤元総合病院に見学に来たときに初期研修1年目の先生が口にされた「困ったときはできる限...

vol43-kasukabe-eye

2017/11/13(月)

【埼玉】春日部中央総合病院 研修医4名の座談会スペシャル

関東最大級の医療グループ「IMSグループ」の1院である春日部中央総合病院。入職5年目の後期研修医1名と1年目の初期研修医3名に、グループならではのメリットや特徴をお聞きした座談会スペシャルです。 3月の入職前合宿から始まる グループ6院の研修医交流 ―― グループ病院としての特徴的な研修プログラムはありますか? 安田医師:IMSグループには板橋中央総合病院...

sinkyoutoaicatch_R1

2017/11/13(月)

【京都】 新京都南病院 2年目 坂﨑 友哉医師

手技と初療が多く経験できる 京都市の中小規模病院へ 将来の進路は心療内科を考えていますが、何科に進んでも患者さんが急変した時や、プライベートの時でも急病の方がいた時に対応できるような医師になりたいと思っています。そのためにも初期研修では手技と初療をたくさん経験したかったので、地元の京都で、研修医の数が少ない中小規模の病院に絞って探しました。その時、小学校4...

ic43-osakishimin-eye

2017/11/13(月)

【宮城】大崎市民病院 1年目 牛奥 麻緒医師

症例会に合わせて研修医同士で勉強会プレゼン力が磨ける好環境 宮城県にある市中の研修病院の中で、研修医の定員数が19名と最も多いのが大崎市民病院です。多くの科はローテートが終わった段階で、研修医が症例発表を行うことになっているのですが、発表の準備を兼ねた勉強会を自分たちで行うなど、研修医が主体となって学べる機会が数多く設けられています。研修医が多いことで、そ...

ic43-koto-eye

2017/11/13(月)

【東京】江東病院 1年目研修医インサイドトーク

研修医自ら診療を計画できる良さと後期研修の流れを作れるプログラムが魅力!! 森口医師:まず、江東病院を見学したときの率直な感想から教えてください。 曽医師:ほかの病院と比べてとても雰囲気が良くて、温かい感じがしたね。 添田医師:最初は気軽な気持ちで来たんですけど、病院を見て、研修医の先生の話を聞いたあと、「たぶん私、この病院で働く気がする」と思ったのを覚え...

ic43-higashiyamato-eye

2017/11/13(月)

【東京】東大和病院 1~2年目研修医5名の座談会スペシャル

東京都内で協力病院が多いため、診療科選びや後期研修先の選択にも有利な東大和病院。2年目2名と1年目3名の研修医にプログラムの特徴などを語っていただきました。 救急センターで初診力研鑽各科当直でスペシャリストが詳しくフィードバック ――「24時間断らない2次救急」を心がけている病院だとうかがっています。研修医はどのように救急医療に携わるのですか? 島本医師:...

vol42-hokusetsu-eye

2017/07/05(水)

【大阪】北摂総合病院 2年目 高 雅俊医師

臨床の基礎となる鑑別診断がしっかり学べる 進路の一つに整形外科を考えていて、だからこそ鑑別診断や内科的な管理についてしっかり学びたいと考えました。整形外科領域は筋骨格系の疾患の解決ばかりと思われがちですが、一方で術後管理など内科プロセスでのマネジメントも重要です。常に症候学をベースに考えることが必要で、救急や総合内科の場でこそ養われるものといえます。 北摂...

vol42-shiomidai-eye

2017/07/05(水)

【神奈川】康心会汐見台病院 後期2年目 田中 克侑医師

最寄駅から横浜まで14分で行ける好立地の汐見台病院。小児科レジデント2年目の田中医師に同院の雰囲気や研修プログラムの特徴、小児科の現況などを語っていただきました。 高台に建つ地域に根ざした病院。 近年、院内環境も拡充。 ————先生が汐見台病院に来られたのはいつですか? 田中医師:2016年の10月です。学生時代は外科系を志望していたため、手技や手術がたく...

vol42-shounantobu-eye

2017/07/05(水)

【神奈川】湘南東部総合病院 2年目 山岡 周平医師

内科も外科も助手として多くを経験できる消化器科に魅了! 医学部5年の地域医療実習で3日間お世話になったのですが、スタッフの方がとてもフレンドリーで丁寧に接してくれて、働きやすい病院という印象を受けました。「分からないことは何でも聞いて!」と言っていただけて、質問にも丁寧に答えていただき好印象だったのです。 研修の1年目を終え、進路としては消化器内科に興味が...

コラム一覧

公式アカウント

facebook

twitter