【静岡】伊東市民病院 2年目 山﨑 寛医師×1年目 松永 拓医師

2016/07/05

ic38-ito-yamatop
ic38-ito-yamazaki01

伊東市民病院の初期研修では、東京ベイ・浦安市川医療センターでER型の最先端救急研修を行います。今回は、同院の初期研修医2名に、プログラムの特徴などを語り合ってもらいました。

EBM医療と地域医療を
多角的に体験できる病院へ

松永医師:山﨑先生は、どうして伊東市民病院を選んだんですか?

山﨑医師:出身が東京なのと、臨床をメインに行う関東の市中病院を中心に研修病院を探していたんだよね。東京ベイ・浦安市川医療センターの見学時に、関連病院に入職して同センターで救急研修するプログラムもあると紹介されて、関連の伊東市民病院にも見学に来たのが最初の経緯だね。
その時、研修医1年目に日勤、当直と付いたんだけど、上級医にしっかり発言やプレゼンをしていて、上級医からのフィードバックもきちんとあって、しかも楽しそうな温かい雰囲気だったのが印象的だったね。コメディカルや事務スタッフも気さくに声をかけてくれて、アットホームな病院だなぁとも感じたよね。
研究や論文などの根拠に基づいたEBM医療を行っている教育的な病院の東京ベイと、伊豆半島で2次救急の地域医療を担う伊東市民病院で多角的な臨床体験ができることが、本当に魅力的だったというのが最初の印象かな。

松永医師:僕は6年の夏に見学に来たときに山﨑先生に付いて、CPCのシミュレーションなどをテキパキやられていて、同じプログラムで研修をすれば力が付きそうだと感じました。東京ベイで学んだEBM医療を、市中病院の地域医療に活かせるスタイルにも惹かれました。僕は静岡市の出身で、当時、将来的には静岡県に戻る予定でした。初期研修を静岡県でするか、他県でするか迷っていたのですが、山﨑先生がやられていたプログラムなら両方が叶いました。

山﨑医師:僕は内陸の岐阜県で大学時代を過ごしたから、海でマリンスポーツをしたい気持ちもあったかな。見学のときに先輩に連れて行ってもらった店の海鮮料理もおいしくて、非の打ち所がありませんでした!!

松永医師:ですよね!静岡市と比べても、伊東は食べ物がおいしいですからね。

ic38-ito-matutop
ic38_ito-matunaga01
東京ベイでの救急研修が
伊東市民での
当直ファーストタッチに活きる

松永医師:山﨑先生、1年目はどんな感じでしたか?

山﨑医師:東京ベイでの救急研修は全員共通で、それ以外も希望を出せるので、僕は1年目、東京ベイで救急3カ月、内科3カ月、外科2カ月、伊東市民で内科を4カ月研修して、とても充実した研修になったと思うよ。

松永医師:僕は、救急3カ月と内科2カ月は東京ベイになるんですが、今後、ICU管理も学べたら良いなと思っています。

山﨑医師:そうそう、伊東市民病院でする12カ月の研修以外は『地域医療振興協会』に所属している他の病院での研修も可能だから、それぞれの特徴に合わせて選べる研修プログラムが魅力的だよね。

松永医師:僕は患者さんの背景やそれぞれのドラマを含めて診察できる医師を目指してるので、それぞれの病院でいいものを吸収したいですね。

山﨑医師:東京ベイでのER型救急では、入院後は他科が患者さんを担当するけど、伊東市民では研修医はファーストタッチで診察した患者さんを退院まで診るし、その中で入院後、患者さんと会話を重ねることが重要になるから、患者さんに寄り添う力もつくと思うよ。
それから、うちの病院では血液培養を医師が行うし、挿管当番もあるから、CVや腰椎穿刺とか手技もたくさん体験できて、1年でどんどん力が付くよ。