トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 関東 > 【東京】江東病院 1年目研修医4名座談会スペシャル

2016/11/11

【東京】江東病院 1年目研修医4名座談会スペシャル

vol39-koto-topb01

vol39-kouto-top2

初期研修医1年目の女性3名に江東病院について語っていただきました。途中、同期の男性研修医1名も加わり、本音トーク満載の座談会スペシャルです。

雰囲気の良さと、研修医と
指導医の距離の近さを実感!

― 研修先病院として江東病院を選んだ理由を聞かせてください。

高峰医師:説明会で江東病院のことを聞いて、駅にも近いし見学に行ってみたんです。とにかく雰囲気が良くてビックリ! 他病院の見学からの帰り道では、「ここには二度と来ないだろうな」と思うことが多かったのが、江東病院には「もう一度来たい!」と素直に思いました。研修医の先生たちが楽しそうに仕事をする姿がとても印象的でした。

櫛谷医師:私も同感!一言で言うと雰囲気の良さが一番の理由です。1つ上の研修医の先生方6人が気さくに話しかけてくれて、「ここで働きたいな」と直感。また、研修担当のスタッフの方から「この病院はドロップアウトした人が1人もいないんだよ」と聞いて納得でした。

木村医師:私も雰囲気はもちろん、先生の人柄にも魅かれました。見学の際に、呼吸器内科の先生が過去の患者さんの画像を見せてくれて、2時間以上みっちりレクチャーしてくれたんです。大学で1週間以上かけて学ぶ知識量を、見学に行ったわずか1日で得ることができたような感じで。見学生なのにお客様扱いせずに仲間のように接していただいて、研修医と指導医の距離の近さを感じるとともに、この環境で頑張れば絶対に力がつくと思いました。

― ここまでの研修で、印象に残った内容を教えてください。

櫛谷医師:小児科では、毎朝の採血で最初は怖いイメージがあったんですが、血管の探し方を先生が親身に教えてくれて、次第に自信がつきました。 最初にまわった整形外科と外科では、不安だった手技を先生方が夕方以降も1対1で教えてくれたり、外科でのプレゼンにも夜の10時頃まで付き合ってくれるなど、教え好きな先生ばかりでありがたいです。

木村医師:私は循環器内科でカテーテル挿入に苦心したんですが、指導医の先生が自分の腕を使って、動脈穿刺のトレーニングを施してくれて…。おかげで患者さんへのカテーテル挿入が問題なくできるようになりました。

高峰医師:自分一人で胸腔穿刺ができた時には嬉しかったですね。当院では手技にも積極的にトライさせてくれますから、自分で手を動かしたい人には良い環境です。初めて一人で成功させた胸腔穿刺やドレーン挿入はよく覚えていますし、CV挿入までやらせてもらって、手技への自信も少しずつついてきました。

vol39-koto-topb02

公式アカウント

facebook

twitter