トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 関東 > 【埼玉】 埼玉協同病院 1年目研修医5名の座談会スペシャル

2017/03/06

【埼玉】 埼玉協同病院 1年目研修医5名の座談会スペシャル

vol.saitamakkyodo-top

初期研修医1年目の5名が、埼玉協同病院についてぶっちゃけトーク!特徴的な8カ月間の内科研修や当直などについて語り合った座談会スペシャルです。

教育熱心な指導医の先生方が
基礎からじっくり教える病院

―研修先病院として埼玉協同病院を選んだ理由を聞かせてください。

松村医師:実家が埼玉にあるので家族がよく診てもらうなど、子どもの頃からよく知っていました。私自身も高校生の時に医師体験実習でお世話になったことがあり、先生方も優しくて事務の方もよく知っていたからです。
竹内医師:私の場合、「教育に力を入れている」という評判を聞いた時が最初のきっかけでした。見学時に、院長をはじめ指導医の熱意ある人柄に触れたことが大きかったですね。
松原医師:2年生の頃に見学に行ったことのある診療所で、埼玉協同病院のドクターが地域の人たちと積極的に関わる診療の様子を見て、感銘を受けました。病院の「地域と患者さんに寄り添う」という理念を聞き、自分のやりたい医療ができそうだと思って入職しました。
頼高医師:私も理念に共感した部分は大きいです!患者さんと手を携えながら、一緒に医療を進めていく「無差別・平等」の考えを、院長はじめスタッフ全員が共有しています。
山田医師:私は出産・育児への支援など、「女性が働きやすい職場」であることが入職した理由の一つです。出産・育児後にスムーズに復職できる体制や病児保育も備わっていて、管理職も女性の先生方が多く、出産や育児を経験されていることは心強く感じました。

「総合内科病棟から始まる8カ月の
内科研修」で、“患者の生活背景
までを含めた”診療スタイルを学ぶ

―貴院のプログラムでは、「総合内科病棟から始まる8カ月間の内科研修」が特徴的ですね。
松村医師:はい。内科研修では一通りの疾患を一度は経験するので、基本的な病態の考え方や治療方針を考えられるようになります。8カ月とゆっくり取り組める時間があるので、コンサルトの仕方やカルテの記載など基本から丁寧に学び、実践していきます。
竹内医師:総合内科病棟から研修がスタートすることで、入院から検査・治療と“一人の患者さんの変化をゆっくりと追える”のが最大のメリットです。時間的な余裕をもって、自分で治療計画を立てながら臨床に立つので、身につくことが多いですね。
頼高医師:先日、ある外科の先生に「将来の進路として脳外科にも興味がある」という話をしたところ、先生から「外科を目指す上でも、研修ではとにかく内科をしっかりやった方がいい。特に病棟管理は内科の基本だから、なおさらだよ」と言われました。今は本当にその通りだと感じる毎日です。患者さんの状態は日々刻々と変わり、その都度、病態について考え、対応を検討することは医師としてのベースを作る上で欠かせませんから。

vol.40-saitamakyodo1

公式アカウント

facebook

twitter