トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 東北 > 【青森】つがる総合病院 1年目 熊原 遼太郎医師

2017/03/30

【青森】つがる総合病院 1年目 熊原 遼太郎医師

vol41-tsugaru-topb

vol41-tsugaru-top

大都市部・有名病院以上の
研修環境で、確実に
手術&手技をスキルアップ

つがる総合病院に入職したのは、6年生の4月にクリニカルクラークシップで1カ月間、実習を経験したのがきっかけです。学生が現場の医療チームの一員として参加する臨床実習の中で、研修医が一線に立って豊富な症例を経験しながら、手技も積極的に手掛ける姿がとても印象的でした。
私はサッカーをしていて、スポーツ医療の現場に携わりたいという思いから、進路は整形外科に決めています。そのため、初期研修の段階から「外科手術を数多く経験したい」、「手技では他の研修医に負けたくない」という気持ちがありました。初めは地元の千葉に戻って首都圏の有名病院で研修することも考えたのですが、つがる総合病院の実習を経験したことでその思いは吹き飛んだのです。研修医が執刀医となり、主体的に手術に臨んでいる姿を見て、「ここで研修すれば確かなスキルアップができる!」と強く感じました。
青森県は都会に比べると病院数や医師数が少ないだけに、自分が「医師として必要とされていること」を強く実感できます。その上、経験できる症例は多彩で数も多く、初期研修の環境は大都市圏や知名度の高い病院以上のものがあると感じています。

ステップアップしながら成長!
1年次の当直は17~23時まで

つがる総合病院は2年間の研修を通して、研修医が段階的に成長できる環境が整っています。例えば当直については、1年目にはウォークイン患者の多い17~23時の時間帯で、指導医のサポートの下、月5~6回入ります。2年目になると17~翌8時までの当直を研修医1人で担当します。
1年目の当直では、救急搬送も含めて多い時には30人以上の患者を診ることもあります。重症例以外は基本的に研修医がファーストタッチから対応し、問診を取り、必要な検査を入れるという一連の流れを研修医主体で行います。実践重視の学びによって、今では、アドレナリン投与やルート確保等の指示を出しながら、CPAにも主体的に対応できるようになりました。
17~23時までの当直と聞くと、「時間が短いのでは」と感じる人もいるかもしれませんが、実際はその時間帯に一番多くの患者さんが受診します。地域の基幹病院として全ての救急車を受け入れているので、必然的に症例が集まってきます。それを研修医2人で担当するので、“短い時間の中で凝縮した学び”が得られます。
当直明けは1時くらいまで医局で、当直で行った検査や診断の中身について上級医の先生に確認し、疑問点はその日に解決しています。また、全科当直なので、各科のスペシャリストからレクチャーを直接受けられるので、復習の機会が充実しています。現場を通じた実践的な学びを蓄積できるのです。

vol41-tsugaru-b

交通外傷で即応できる判断力
患者さんの人柄の温かさに触れる

昨年末の日直時に、スリップ事故による交通外傷で、10分間で5台の救急車が搬送されたことがありました。受け入れ後は迅速なトリアージとコンサルトが求められるので、私はそれぞれの患者さんにすぐにエコー検査をし、出血の有無をはじめバイタルサインをチェックしました。頸髄損傷の重症患者さんは麻痺の部位を判断し、迅速にCTを撮り、呼吸麻痺による気管挿管の必要性も考慮しながら、速やかに整形外科にコンサルトできました。交通外傷は冬の間に何例も経験していたので落ち着いて対処でき、現場の状況に即応できる判断力がついてきたことを実感しました。これが5~6月頃であれば、間違いなくパニックになっていたと思います。
そして、つがる総合病院で臨床に立つ中で日々感じているのは、患者さんの人柄の温かさです。ウォークインの場合には、「研修医1年目の熊原です」と名乗ってから診察を始めるのですが、誰一人嫌な顔をすることなく、快く診察や検査に応じてくださいます。また、研修初期に外科をまわったとき、無事に手術を終えた70代のおばあちゃんから、退院時に「いつも励ましてくれてありがとう」とお手紙をもらいました。まだ何もできなかったにも関わらず、逆に自分が勇気づけられた思いで、その手紙は今も大切にとっています。

公式アカウント

facebook

twitter