トップ > iCrip magazine + > 研修医の声 > 近畿 > 【大阪】北摂総合病院 2年目 高 雅俊医師

2017/07/05

【大阪】北摂総合病院 2年目 高 雅俊医師

初期研修の今こそ蓄積すべき要素があふれる環境

先日、救急外来で術後の頸部痛を訴える方が来られ、硬膜外麻酔の合併症が疑われました。鑑別が難しい症例でしたが、私はそれまでの救外で頸椎偽痛風(Crowned dens症候群)を経験しており、そのことを進言しました。
CT検査などの結果、同疾患の確定診断が得られ、原因も突き止めることができました。珍しく先生方にもほめてもらえ(笑)、うれしかったですね。
他に印象に残った症例では、common diseaseの中でもこれから周知が広がっていくであろう一過性全健忘(TGA)がありました。何の前触れもなく、突然数時間前からの記憶がなくなってしまう疾患で、脳のMRIを撮り、海馬に異常亢進が認められて発覚するものです。ほかにもレミエール症候群や細菌性髄膜炎など、経験がなければ鑑別できない多彩な疾患に出会いました。
難しい症例があると、どんな鑑別診断の方法があるかをより詳細に考え、どのくらいの頻度で起こりやすいのか、リスクファクターは何かなどを症候ベースで一から見ていくことが必要です。また術後合併症のリスクについても、すべての起こり得る可能性を頭に入れていくことが重要であり、症例を経験することで深まります。
そうしたプロセスを積むことが医師としてのベースになっていくわけですから、豊富な症例があることの重要性を感じる毎日です。初期研修の今だからこそ蓄積すべき貴重な要素があふれているのが北摂総合病院の環境だと実感していますね。

vol42-hokusetsu01

研修医の思いをくみ取る「振り返り面談」で当直回数を増やせる体制に

つがる総合病院では、指導医や採用担当者との「振り返り面談」が年1回行われ、研修への希望や要望、改善・提案などを聞いていただく貴重な場となっています。私は先日の面談で、1年目の当直について「月5回の回数をもう少し増やしてほしい」と要望を出しました。2年目からは原則1人での当直となるので、1年目に当直の場数を増やして経験値を上げておきたいと考えたからです。
その要望はすぐに聞き入れていただき、早速翌月から、“研修医個々の希望に応じて当直回数を増やせる仕組み”に変わりました。研修医の思いをすぐにくみ取ってくれるフットワークの軽さが、つがる総合病院の魅力の一つですね。

新築の建物と最新鋭設備&研修医宿舎でQOLは高いです!

つがる総合病院は2014年に新築移転したばかりで、院内全体がとてもキレイで働くモチベーションが高いです。救急外来の扉を開ければすぐにCT室、MRI室、XP室があるように、すぐに撮影が必要な場合の動線などが、とてもよく考えられた構造になっています。
また嬉しいのは、病院に隣接するピカピカの「研修医宿舎」です。家具や家電が一通り備え付けられているので、ほとんど手ぶらで入居できます。実際に私も、車1台で弘前から服だけを持ってきて、「さあ生活スタート!」という感じでした(笑)。宿舎の1階には研修医で集えるラウンジスペースがあり、一緒に話をしたり、飲んだりするなど楽しく過ごしています。

vol42-hokusetsu02

公式アカウント

facebook

twitter