トップ > iCrip magazine + > 研修医の声 > 関東 > 【神奈川】湘南東部総合病院 2年目 山岡 周平医師

2017/07/05

【神奈川】湘南東部総合病院 2年目 山岡 周平医師

ic42-shonantobu-topb

ic42-shounantobu-top

内科も外科も助手として多くを経験できる消化器科に魅了!

医学部5年の地域医療実習で3日間お世話になったのですが、スタッフの方がとてもフレンドリーで丁寧に接してくれて、働きやすい病院という印象を受けました。「分からないことは何でも聞いて!」と言っていただけて、質問にも丁寧に答えていただき好印象だったのです。
研修の1年目を終え、進路としては消化器内科に興味が湧きました。当初は糖尿病分野を考えていたのですが、湘南東部総合病院での研修で思いが変わりました。5月から2カ月間消化器内科をまわり、そこで内視鏡にも積極的に触らせてもらえ、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)やTAE(経カテーテル的動脈塞栓術)の助手をはじめ、イレウス管の挿入も経験。内科的な手技を積極的に実践することで面白さを感じるようになったのです。
消化器内科は手技の幅も広く、内視鏡治療の実用範囲は今後さらに広がると思います。消化器疾患の患者さんが多いことも含め、湘南東部総合病院の研修でやりがいを実感することができました。
また消化器外科では、チームのオペに第1助手として数多く参加させてもらいました。一般的に第1助手に立つまでには何年もかかることが多い中で、先生のサポートを受けながら、30件以上のオペで第一線に立てたのは貴重な機会でした。
こうした手技は、確かに将来、自分が進む科に必要ないものもあるかもしれません。しかし、だからこそ初期研修でこうした経験を得ることは重要と感じます。医師としてのスキルの幅を広げられる意味でも、現場で積極的に手技を実践できる湘南東部総合病院は恵まれていると思いますね。

望めば望むほど、現場で多彩な症例を経験できる

湘南東部総合病院では、研修医であっても良い意味で1人の医者として扱われます。そのため普段から実践的に患者さんに向き合うが場が多々ありますので、自ら能動的に勉強していく意識が欠かせません。研修の自由度が高い分、自分で考え、行動に責任をもって動く意識が日常レベルから必要なのです。
研修でローテートする中では、上級医が1人という科もあります。そして上級医が外来に出ているような時には、自分が病棟番として個々の患者さんに向き合うことになるのです。突発的な事柄にも自分だけで対応し、院内ラウンドにも1人で出ていきます。
その過程で、毎日自分でアセスメントを行い、上級医に報告していく経験を重ねたことが自身の確かなスキルとなって備わってきました。2年目になった今、自ら診療し、自身の判断をもとにオーダーを行い、様々な症例に冷静に対処することができています。
湘南東部総合病院は大規模な市中病院ほど医師の数は多くありませんし、大学病院のような教育病院でもありません。でもその分、指導医を研修医がひとり占めでき、豊富なキャリアをもつ先生方にいつでも教えていただけるメリットがあります。そして自分が望めば望むほど、実際の現場で多彩な症例を経験でき、圧倒的な学びが得られる病院だと思います。

上級医とのペア行動だから吸収できるものがある

上級医や看護師をはじめとするメディカルスタッフとの距離が近く、普段から何でも質問しやすい環境です。そして上級医とペアになって行動することが多く、常にマンツーマンの指導をしてもらえる良さがあると感じています。
1年目の消化器外科の研修では、イレウスで救急搬入された患者さんに対して、万全の準備をして夜を迎えたのですが、朝方に急変してしまった例がありました。十分な対応だったのか自問自答するとともに、先生から対処法についてのフィードバックと細かなアドバイスをいただけました。
こうした実際の症例でのレクチャーのほか、先生方からは働く上での医師としての心得の部分も日頃から教わっているように思います。
上級医は、常に患者さんの思いに寄り添う中で行動し、何かあればすぐに駆け付け、疾患に対する安易な予測や決めつけは絶対にしません。医師としての大切な姿勢について、行動を共にするからこそ感じられることが多々あるのです。
ペアで仕事をさせていただくことによって、働く姿を間近で見るだけで勉強になり、机の上だけでは学べない大事なことを吸収している毎日です。

公式アカウント

facebook

twitter