トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 関東 > 【神奈川】湘南東部総合病院 2年目 山岡 周平医師

2017/07/05

【神奈川】湘南東部総合病院 2年目 山岡 周平医師

vol42-shounantobui-last

off-taik_6

夕方にのんびりと江ノ島のほうに足を伸ばせば、
人気のパンケーキを並ばずに味わえる楽しみも!

―湘南の人気エリアに病院がありますが、休日はどんな風に過ごしていますか?

山岡医師:病院のスタッフにも海が好きな方がいっぱいいて、なかには「朝サーフィン」を楽しんでから出勤する人もいます。私の自宅も海まで歩いて5~6分で、電車や車でちょっと足を伸ばせば江ノ島もすぐそこです。休みの日には気分転換に海まで散歩に出かけることもあります。湘南東部総合病院は土曜が休みではないのですが、勤務日数が多い分、平日は定時の5時半で帰れるように考慮してくれているんです。仕事が終わって、夕方にのんびりと江ノ島のほうに足を向ければ、有名なパンケーキ屋の人気メニューを並ばずに味わえる楽しみもありますよ。

―うらやましい! ほかに近隣のおすすめスポットなどがあれば教えてください。

山岡医師:個人的には辻堂にある「テラスモール湘南」かな。大きなショッピングモールで、シネコンもあるし買い物も楽しめて、貴重なブランドもたくさんあるようです。それと、おすすめグルメでいえば、私のお気に入りは茅ヶ崎駅の近くにある、中華の「大龍」ですね。いわゆる町中華のお店ですが、麻婆定食とチャーハンが特に美味しい! 週に3~4回はお世話になっているほどなんですよ。

―山岡先生の目指したい医師像を教えてください。

山岡医師:どこまでも身近な存在で、「いて当たり前」と思ってもらえるような医師になりたいですね。うちは父が開業医で、今も実家で一般内科と小児科のクリニックを開いています。私自身、人から感謝される仕事がしたいと思った時に、やはり近い存在に父親の姿があり、医師を目指したいと思いました。だから、地域の方々にとって常に身近に感じてもらえる医師を目指したいですね。

<Around the Hospital>
■湘南海岸・江ノ島
茅ヶ崎市から鎌倉市にかけての海岸で、古くから日本を代表する海水浴場が開け、サーフィンの好ポイントとして全国的に有名。江ノ島や湘南海岸公園など、海を楽しむ格好のスポットが盛りだくさん!

(2017年7月掲載)

公式アカウント

facebook

twitter