トップ > iCrip magazine + > 研修医の声 > 近畿 > 【神奈川】康心会汐見台病院 後期2年目 田中 克侑医師

2017/07/05

【神奈川】康心会汐見台病院 後期2年目 田中 克侑医師

ic42-shiomidai-topb

ic42-shiomidai-top

最寄駅から横浜まで14分で行ける好立地の汐見台病院。小児科レジデント2年目の田中医師に同院の雰囲気や研修プログラムの特徴、小児科の現況などを語っていただきました。

高台に建つ地域に根ざした病院。
近年、院内環境も拡充。

————先生が汐見台病院に来られたのはいつですか?

田中医師:2016年の10月です。学生時代は外科系を志望していたため、手技や手術がたくさん経験できそうで、実家にも近い市立病院で初期研修をしました。ところが、恵まれた手技体験に意外と燃えなかったことで、自分は手を動かすよりも考えて治療するほうが好きなのだと気づき、小児科に進路を変更。後期研修は、半年間の母校大学病院での小児科医局を経て、汐見台病院に来ました。

————病院の第一印象は?

田中医師:当院は高台にあります。周辺には団地、住宅が建ち並び、居住者も多いため高台エリアになくてはならない病院だと感じました。ここへ来た当初、院内のあちこちで改修工事をしていたのですが、徐々にキレイになる建物を見るのも楽しかったですし、設備も良くなりました。

————建物という器とともに、中身も、地域医療の充実を図っているそうですね。

田中医師:呼吸器内科、神経内科、精神科が新設され、さらに41床の回復期リハビリテーション病棟も開設し、従来の理学療法士に加えて、作業療法士や言語聴覚士も配置されました。

1カ月必修のリハビリ科研修や
12年次11カ月の任意選択が特徴

————リハビリといえば、2018年度から初期1年次に、リハビリ専門医2名が常勤する湘南東部総合病院での1カ月間のリハビリテーション科の研修が必修になるそうですね。

田中医師:僕は、初期研修ではリハビリ科は回っていないので、想像でしかありませんが、内科や外科を志望している研修医は、リハビリ科を回ることで、将来に役立つ体験と情報収集ができるのではないでしょうか。
当院は、2年次の任意選択期間が11カ月と長いのも特徴です。昨年、外科を長くまわっている外科志望の初期2年目の研修医がいました。外科の先生たちがフレンドリーなことや医局が1つなのも良かったのか、彼は上級医ととても仲良く、手術にも数多く参加し、まるでレジデントのように有意義な研修をしていたように思います。

————先生ご自身が感じている医局でのメリットは何ですか?

田中医師:小児科の隣に産科の先生が座っていて、面白い世間話をされていることが多いので、よく会話に加わります。仕事面では、「妊娠高血圧がひどい妊婦さんがいるので、調子の悪い子どもが産まれるかもしれない」などの事前情報がリアルタイムで聞けます。
外科の先生にも、担当小児患者が手術になりそうな時にはお願いをするのですが、皆さん、親身に相談に乗ってくださいます。

公式アカウント

facebook

twitter