トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 九州・沖縄 > 【宮崎】藤元総合病院 2年目 清水 拓海医師

2017/11/27

【宮崎】藤元総合病院 2年目 清水 拓海医師

ic43_fujimoto001

 

自分ペースの学習法を確立して
確実に力がつく研修

夏休みに4年生を含む学生さんが何名か病院見学に来ましたが、私自身の見学は6年生の5月と遅く、宮崎大学医学部附属病院と藤元総合病院の2院のみでした。初期研修では、肺炎などの一般的な疾病をたくさん診たかったことと、藤元総合病院に見学に来たときに初期研修1年目の先生が口にされた「困ったときはできる限りのサポートをする」という言葉がとても頼もしく感じ、入職を即決しました。
診察の仕方、電子カルテの使い方や書き方を学びながら、採血や中心静脈穿刺などの手技も指導していただきました。採血が苦手で、何回も失敗し、患者さんに励まされたり、看護師さんに交代していただいたりしたこともありましたが、周囲の人に助けられながらコツを覚え、今ではスムーズに行えるようになりました。
内科系からローテートし、消化器内科をまわり始めた8月後半には、診察して必要な検査を取捨選択し、検査結果などから診断に至り、必要な治療法を選ぶまでのことができるようになりました。
藤元総合病院の研修は、忙しすぎず、かといって暇すぎず、勉強できる時間が適度にあります。日々、各診療科の上級医に教わりながら、自分でも何が足りないのかを振り返り、把握した上で、再度、上級医に聞いたり、本やインターネットで調べ、足りない知識を補ったりすることをマイペースで続けてこられました。それが成長につながったのだと思います。
医師としてのスタート時期に学んだ、「まずはどんどんやってみて、失敗したときは理由を考え、再度挑戦をしてみる」という姿勢は、ずっと忘れないようにしています。

ic43_fujimoto002

グループ病院だからこその強み
種類も回数も豊富に経験

藤元総合病院は藤元メディカルシステムグループの1院で、グループには介護施設もあります。施設に入居されている方の胃瘻をつくったり、交換する手術の胃カメラ検査も行ったりします。練習後、上級医の指導の下、胃カメラを入れて、画像を撮影するまでを15件ほど経験しました。病歴聴取、検査や治療開始といった点でも迅速な対応が身につけられます。

手技のチャンスが圧倒的に多い
スポーツ整形と
全国TOP10に入る脳神経外科

今年は、1月一般外科、2月整形外科、3~4月脳神経外科と外科系からスタートしました。整形外科にはスポーツ外来を行っている先生がいらっしゃるため、栃木SCの選手や、プロ以外ではハンドボール、バスケットボール、陸上競技などのスポーツ選手を多数診ました。症例としては、前十字靭帯断裂や半月板損傷などがあり、診察、手術助手や処置、その後のリハビリの進め方を経験しました。
高齢者の骨折や膝痛のほか、神経内科にも関与する腰や足が痺れる脊柱管狭窄症の方も来院されます。外来では、膝の痛みを治療するヒアルロン酸注射の経験をたくさん積むこともできます。
ガンマナイフやサイバーナイフ等を使った先進的な放射線治療による脳腫瘍の治療実績が日本のTOP10に入る脳神経外科では、県内では数少ない、てんかん患者の脳の間に電極を埋め込む手術なども行っています。私は脳動脈瘤のクリッピングの助手を務めたほか、慢性硬膜下血腫の手術を4~5回経験し、最後は執刀医をさせていただきました。
脳の奥深くに腫瘍ができる脊索腫(コルドーマ)によって顔面神経が圧迫された、インパクトある症例の10代半ばの女の子が来院した際には、放射線治療を行いました。大学病院クラスの症例が多いので、脳神経外科志望の研修医は、かなり力がつくと思います。

公式アカウント

facebook

twitter