トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 関東 > 【東京】東大和病院 1~2年目研修医5名の座談会スペシャル

2017/11/27

【東京】東大和病院 1~2年目研修医5名の座談会スペシャル

ic43-higashiyamato-top

ic43-higashiyamato-topb

東京都内で協力病院が多いため、診療科選びや後期研修先の選択にも有利な東大和病院。2年目2名と1年目3名の研修医にプログラムの特徴などを語っていただきました。

救急センターで初診力研鑽
各科当直でスペシャリストが
詳しくフィードバック

―― 「24時間断らない2次救急」を心がけている病院だとうかがっています。研修医はどのように救急医療に携わるのですか?

島本医師:救急車の搬送台数が年間5,000台以上の救急センターで、当直と救急科研修を行います。当直は外科系1名、内科系1名、日勤研修では救急当番の上級医1名と一緒に入り、どちらも研修医が先に診て鑑別を挙げ、検査も考え、上級医にフィードバックしてもらいます。症例数や種類も多く、軽症から重症まで幅広く経験できますし、各科当直なので、常にスペシャリストから様々な診療スタイルが学べます。

久世医師:日中は外来が開いているため、センターで診るのは救急車で運ばれて来る重症患者です。診断をし、初期対応をした上で、何科の疾患かが分かったら専門科に送ります。
循環器科の上級医が日中救急当番の日に、CPAの方が搬送されてきたことがありました。結果的には大動脈解離でしたが、救急の手順として鑑別を挙げるためにエコーで疑いのある病気を調べていた時に、「画像はサッと見て、早く治療を」という指導を救急初療現場で専門医から受けたこともあります。
夜間は、救急当直の2名の上級医とともに、消化器、循環器、脳神経の専門医が1名ずつ院内に当直されていて、コンサルトもできるので安心して当直に望めるのは東大和病院のいいところだと思います。

大屋医師:当直のみ経験しましたが、夜は10分に5人来るような日もあります。まず問診をして重症か軽症かを速やかに判断し、必要な検査を入れ、限られた時間内に患者さんの対応をしたり、鑑別疾患を想定して検査をしたりできるようになりました。

栗原医師:マンツーマンの指導なので、手技や診察、治療方針などを丁寧に指導してもらいます。例えば鑑別も検査も考えつかない時は、上級医に相談すれば、研修医自身が答えを引き出せるように問いかけ、導いてくれます。

嶋田医師:クルズスや症例検討会も行われています。4~6月に週2~3回、各科の上級医による救急外来で多い症例のクルズスが行われました。頭痛がテーマだった日の当直に偶然、頭痛の人が来たことがあり、問診がスムーズに進みました。

栗原医師:クルズスで学んだエコーの使い方も役に立ちました。

久世医師:昨年はクルズスがなかったので羨ましく感じましたが、2年目も出席できると知り、復習の意味合いで、頭痛や糖尿病の薬の作用がテーマの時に出席しました。

島本医師:私も、救急に来た整形疾患の診方やレントゲンの撮り方など、何回か参加しました。

―― 当直は何時から何時までですか?

久世医師:17時から翌朝8時半までですが、研修医が途中で仮眠をとれるような状態も作ってくれるので、当直明けの勤務への影響が比較的少ないのもいいところだと思います。

vol43-higashiyamato01

公式アカウント

facebook

twitter