トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 関東 > 【埼玉】春日部中央総合病院 研修医4名の座談会スペシャル

2017/11/27

【埼玉】春日部中央総合病院 研修医4名の座談会スペシャル

ic43kasukabe001

関東最大級の医療グループ「IMSグループ」の1院である春日部中央総合病院。入職5年目の後期研修医1名と1年目の初期研修医3名に、グループならではのメリットや特徴をお聞きした座談会スペシャルです。

3月の入職前合宿から始まる
グループ6院の研修医交流

―― グループ病院としての特徴的な研修プログラムはありますか?

安田医師:IMSグループには板橋中央総合病院を中心に、研修機関となっている病院が6院あります。私の時代は、入職前の3月に行われた1泊2日の合宿から交流が始まりました。

松山医師:私たちも4月から研修が始まる同期が3月に集まり、自己紹介や呑み会、呑み会2(笑)の合宿がありました。4月は入職式や先生方との懇親会、5月にはアメリカ在住の日本人医師の講演会があり、7月には医師フォーラムで研修2年目の先輩の症例発表を聞きました。9月には先生方と研修1年目全員、研修2年目は希望者が参加するバーベキューがありました。

藤尾医師:来年2月のIMS学会では私たち研修医1年目が症例発表をするので、7月の医師フォーラムはとても参考になりました。

堀江医師:フォーラムではスライドのつくり方や発表の仕方も学べました。早くから症例発表をする機会があるのは、とても良いことだと思います。

安田医師:後期研修医になってから内科学会で発表する機会がありましたが、IMSのフォーラムを経験していたことで、全く緊張しませんでした。

藤尾医師:研修やフォーラムに参加すると医師仲間がたくさんできますし、ほかの病院の情報を聞くと意識もより高まります。同期は私たち3人だけでなく、グループ全体の32人という感覚です。

3週間のオリエンテーションで
メディカルスタッフとの人間関係を
築き相談がスムーズに

―― 院内でも入職当初に様々な科をまわるオリエンテーションがあるそうですね。

安田医師:はい。私が後期研修も春日部中央総合病院に残った理由のひとつが、スタッフがみんな優しく、働きやすいことでしたが、それはそのオリエンテーションでできた人間関係も影響していたと思います。5年前は、看護部、薬剤部、検査科、放射線科を1週間ずつまわりました。以降、研修医の希望を聞いてリハビリ科が加わるなど、フレキシブルに変化しています。

藤尾医師:今年は我々3人で期間を短くして欲しいという希望を伝え、薬剤部、検査科、放射線科、リハビリ科をまわり、プラスMEさんによる透析とペースメーカーのレクチャー、以上を3週間でやっていただきました。

安田医師:通常MEさんとは、担当患者さんが人工呼吸器に入っているときくらいしか話す機会がありません。皆のように1年目の4月から顔見知りだったらもっと仕事がやりやすかったと思うので、うらやましいです。

―― オリエンテーションは、実際の病棟業務でどのように役立ちましたか?

藤尾医師:薬剤部の方に薬の相談がしやすくなりました。

松山医師:薬剤部まで藤尾先生と「誤嚥性肺炎の患者さんに、咳を抑える薬を使っても良いですか?」と聞きに行ったことがあります。

藤尾医師:春日部中央総合病院では採血は研修医の仕事ではありませんが、覚えるために検査技師さんが病棟で早朝採血をする日に同行させてもらい、採血の練習をさせていただきました。自分が2回やって失敗したら検査技師さんに代わっていただく、というやり方でした。

堀江医師:私が少量しか血液が採れず検査科の方に代わっていただいたときも、快く受けていただけました。

上級医による医師としての心得伝達、
手技のマンツーマン指導

―― 院内外ともに、早い時期から良い人間関係が築けるようですね。上級医からの印象的な指導はありますか?

堀江医師:安田先生と整形外科でプログラム責任者の片山先生に「血液検査や画像診断で異常があった場合、それをただカルテに記入するだけでなく、必ず患者さんのもとへ行って問診をし、身体所見を取ること」と教わりました。

安田医師:採血結果や画像である程度病名の予想はつきますが、それらの結果だけではわからない、痛みなどの本人の訴えや身体所見も鑑別の大きなヒントになるのでそのように伝えました。

堀江医師:問診はしていましたが、触って患者さんが痛がったら……と気が引けていました。指導を機に身体所見を取りはじめました。

藤尾医師:手技もたくさんやっています。オリエン直後に内科で最初にCVをしたときは、安田先生が後ろについていてくださったので、緊張はしましたが不安はありませんでした。救急では胸腔穿刺や髄液検査、外科ではCVや腹腔鏡手術の助手、上部内視鏡検査、胃ろう造設に加えて、胃カメラは抜くだけでなく、挿入して動かすことも経験しました。

堀江医師:同じく安田先生のもとで、早い時期にCVを経験しました。

安田医師:私自身が初期研修の2年間でほとんどの手技を経験しました。以降、手技に関して困ることがないので、研修医にもどんどん経験を積んでもらっています。

 

ic43kasukabe002

公式アカウント

facebook

twitter