トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 関東 > 【東京】江東病院 1年目研修医インサイドトーク

2017/11/27

【東京】江東病院 1年目研修医インサイドトーク

ic43-koto-topb

ic43-koto-top

研修医自ら診療を計画できる良さと
後期研修の流れを作れる
プログラムが魅力!!

森口医師:まず、江東病院を見学したときの率直な感想から教えてください。

曽医師:ほかの病院と比べてとても雰囲気が良くて、温かい感じがしたね。

添田医師:最初は気軽な気持ちで来たんですけど、病院を見て、研修医の先生の話を聞いたあと、「たぶん私、この病院で働く気がする」と思ったのを覚えてる。それくらい親近感が湧いた(笑)。

林医師:「見学で、きっとビビッとくる病院があるよ」って大学の先輩からも言われていたんですね。いくつか見学に行って、私もこの病院にそれを感じた。やっぱり雰囲気が最高だったんですよね。見学のときも話しやすくて、何でも親身に答えてくれて。それがこの病院の一番の特徴だって思います。

森口医師:なるほど。では、今の1年目6人の仲間についてはどうですか?

林医師:みんなでごはんに行ったり、飲みに行ったりしてて仲いいよね。キャラがそれぞれ違うから(笑)、全体のバランスがいいと思う。誰かが忙しくても、他の誰かがフォローしてくれて、助け合える良い関係性ですね。6人という人数は、少な過ぎず、多過ぎずでちょうどいい。

鈴木医師:6人全員でもかなり仲いいんだけど、それぞれ趣味が合うなかで仲良くなってる感じかな。全体で行動しないといけないときはみんなで協力できるし、それぞれ仲いい子ともうまくやれるし、みんなコミュニケーションをとるのがうまいよね。

教え好きな先生が多い!
だからこそ、自分にとってプラスになる!!

森口医師:では研修内容について聞きましょう。江東病院のプログラムや指導医のいいところについてですが、まず僕から言わせてもらうと、2年目の自由度が高いところじゃないかと思う。あと内科がけっこう充実しているので、内科を目指している人は満足な研修ができるんじゃないかと思います。プログラム変更が可能で柔軟なのもいい。

三治医師:しょっぱなから正論言われたら、なんも言えなくなる(笑)。でもまあ、学生で5年、6年とポリクリしてきて、大学の先生は人数が多いのもあるけど、正直いやな先生も多かったよね。でもここは、まだ3カ月しか働いてなくて、回った科も3つだけど、いやな先生がいない! だから何でも聞きやすいし、当直に入っても優しい先生が多くて、「今日は当たり!」と思うことが多いよね。

林医師:ただ3、4年目の先生が少ないのはちょっと寂しいかな。いま順天堂大学病院から内科ローテの後期研修の先生が来てて、当直での失敗談とか、「しくじり先生」の話としていろいろ教えてくれるんです。それが10年目くらいの先生になるとさすがにそれほど失敗はないだろうから、もう少しキャリアの近い先生にもっと話を聞いてみたいなというのはあるかな。

曽医師:ただ半面、教え好きな人が多いという印象はすごくあるね。キャリアのある先生に身近でしっかりと教えてもらえるのはすごくありがたいと感じる。

三治医師:それに基本的に1つの科に研修医が1人だから、手厚く教えてもらえるのがいいと思う。研修医一人ひとりが確実に顔を覚えてもらえるのもいい。あ、それは良い面と悪い面があるか(笑)。

林医師:確かに、先生全員が自分に教えてくれるという濃密さがあるよね。良い症例があったらすぐに呼んでいただけるし、手技や症例の取り合いにもならない。率先してやれば何でもやらせてもらえる。

添田医師:私も、回ってる科じゃない先生が気にかけてくれたり、自分の科のことだけじゃなく、何でも気付いたことをアドバイスしてくれたりするときに、「この病院すごい!」って思う。

林医師:分からないこと聞いて怒るような先生がいないから何でも聞ける。聞いたら親身になって教えてくれて、科の垣根が低くてどの先生にもコンサルトしやすいよね。

vol43-koto01

公式アカウント

facebook

twitter