トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 中国 > 【岡山】水島協同病院 2年目沼本 諒医師×2年目岡田 貴行医師

2017/11/27

【岡山】水島協同病院 2年目沼本 諒医師×2年目岡田 貴行医師

vol43mizushimashimin-001


「プライマリ・ケア医Plus自分の専門をつくる」をテーマに、各科ローテートと並行して行う研修を多数設けている水島協同病院。初期研修2年目の2名にプログラムの感想をズバリうかがいました。


早期の在宅医療、内科外来研修で
診断能力が格段にアップ

―― 2年目の全員が内科研修から1年目をスタートされていますね。

岡田医師:病院のシステムに慣れて、メディカルスタッフと仲良くなることに重点を置いているのだと思います。

沼本医師:一緒に入職した全員でオリエンテーションをし、各職場へ行って職種体験もしました。ちょっと時間をかけ過ぎという気がしましたが、各部署に顔見知りができたことで、その後の研修がしやすくなりました。

vol43mizushimashimin-002

岡田医師:時間のかけ過ぎは同感です。水島協同病院には意見を言える雰囲気があるので、改善の余地ありと伝えています。その後、内科研修と並行して、6~8月に2週間に1回、午後半日の在宅医療研修が始まりました。

沼本医師:近くの診療所の医師と看護師、研修医で患者さん宅へ行き、最初は見学から、最後は患者さんの許可を得て、上級医は同行せずに、研修医が3~4名の診察を担当しました。毎年夏になると脱水症状で入院される方がおり、私も担当したのですが、その経験もあって往診に行った時に居住環境の悪さに気付き、経済状況も確認しながらエアコンを設置することとなりました。

岡田医師:私は往診で気管カニューレの交換をしたことがありました。結局、その方はご自宅でお亡くなりになられたのですが、往診の大切さを感じつつ、「もっとできることはなかったか?」とも考えさせられました。早期にこうした経験ができたのが良かったです。

沼本医師:確かに。疾患の勉強が面白くなって深く入り込む前に、患者さんの生活環境や背景を見ることで、それを念頭に置いた病棟での対応を考えるようになりました。高齢化が進む中で重要な視点だと感じています。今後、いろいろな場面で、「人を診る」という経験を思い出し、活かせるように思います。

岡田医師:9月からは週1回、9~10時半まで外来の一室で、同じく患者さんに「研修医が診るけれどもいいですか?」という許可を取った上で、内科外来研修が始まりました。外来診察で研修医がメインで対応し、指導医は後ろで見ながら、適宜アドバイスしてくれます。2年目になると、困った場合は別室にいる指導医に電話をかけて相談という段階を踏みます。その場でフィードバックがもらえるので、次回までの課題が明確になります。

沼本医師続けることで問診力がつきますし、救急外来とは違ったマネジメント力が身につきます。ここまでみっちり外来研修をさせるところはあまりないと思いますし、3年目へのアドバンテージができたと思います。

岡田医師:10月からは週1回、9~10時半または、16~17時半の小児科外来研修が始まりました。ブロックで1~2カ月小児科研修をしても、例えばスポットで冬だけ行うと、インフルエンザなどの流行り病しか診られないため、1年間は無理でも9カ月くらい続けるというのが病院の方針のようです。プライマリ・ケア医をつくるというコンセプト通りの研修で、これも他院では聞かないのでうちの優位性かなと思います。

沼本医師:アトピーや喘息の子どもが多く、何年もかけて長く、諦めずに診ることが大切なのだと実感しました。

岡田医師:小児科外来は見学中心で、合間に説明が入るくらいですが、内科外来研修と並行して行うことで、小児科で学んだ上級医の雰囲気や声かけ、所作を内科で実践できます。上級医のようにはうまくできませんが、毎回気づきがあるので、場数を踏んだら自信がつきました。

―― 毎日の業務に変化があってやりがいがあるのではないですか?

沼本医師:技師さんからのエコー研修も週1回でした。前の週にやったことを忘れていたので、こちらは毎日連続で研修ができたらよかったのになぁと思います。

岡田医師:エコーに関しても今、意見として出しています。

公式アカウント

facebook

twitter