トップ > iCrip magazine + > 研修医の声・病院情報 > 東北 > 【宮城】大崎市民病院 1年目 牛奥 麻緒医師

2017/11/27

【宮城】大崎市民病院 1年目 牛奥 麻緒医師

ic43-osakishimin-topb

ic43-osakishimin-top

症例会に合わせて
研修医同士で勉強会
プレゼン力が磨ける好環境

宮城県にある市中の研修病院の中で、研修医の定員数が19名と最も多いのが大崎市民病院です。多くの科はローテートが終わった段階で、研修医が症例発表を行うことになっているのですが、発表の準備を兼ねた勉強会を自分たちで行うなど、研修医が主体となって学べる機会が数多く設けられています。研修医が多いことで、それぞれの視点から捉えた多様な問題提起が得られるのは勉強になりますね。
私が初めて行った症例発表は、神経内科での「ギランバレー症候群の亜型」についてでした。発表時間は5分と短いため、伝わりやすいようにどうまとめるかに最も腐心しました。
短く端的にポイントを押さえなければ、指導医の先生から「長い!」「まどろっこしい!」とダメ出しが入ります。こうした症例発表を重ねることで、聴き手に内容を伝えるための必要な情報を、どうチョイスして構成すべきかが分かり、プレゼン力は間違いなくついていきます。それと、もちろん度胸も(笑)。
今後、内科学会の地方会をはじめ、さらに大きな学会で発表する機会も出てきますから、少しでも発表に慣れておくことは大切です。9月には同期の1人が早くも地方会での症例発表に立ちました。私も負けないよう今から場数を踏んでいきたいと思いますね。

vol43-osakishimin01

救急科病棟の存在が
「鑑別力」を大きく育む

当直研修は1年目の5月からスタート。救急科当直は、2年目2名と1年目2名の研修医4名に、救急科上級医の先生が1名付く体制です。ファーストタッチを研修医が行い、身体診察や必要な検査を経て、上級医の先生と相談しながら、帰宅か入院かを含めて方針を決定していきます。
その中で大崎市民病院の強みとなっているのは、救急科とその専門病棟があることだと思います。
先日救急車で運ばれてきた方は、すでに肌の色が真っ白で、血中ヘモグロビンの値がかなり低く、体内の出血が認められる状態でした。ところが出血の原因を特定できず、どの病棟に入院させるかの判断が難しい状況といえました。
救急科に病棟も備えているため、いったん同科に入院して精密検査をした結果、消化管からの出血ということが分かり、消化器内科に転科してもらうことができました。
このように救急外来の場で鑑別がつかない場合でも、救急科に入院して精査を受けたあと、該当の科に送ることが可能です。研修医にとっても、救急外来で診た患者さんがその後にどうなったのかを院内で追えますから、鑑別の力がとてもつきます。
先日、他の市中病院に行った大学の同期たちと会う機会があったのですが、「私のところは整形外科がないので、交通外傷の患者さんが受け付けられない」「うちは脳外科がないから、脳出血は無理」といった話を聞きました。
大崎市民病院にはあらゆる科がそろっており、同時に3次救急として救急科と病棟も備えていることから、ほぼどんな症例でも受けることができます。それを改めて感じ、「この病院を選んでよかった」という思いを一層強くしましたね。

シンシナティ大学との交流で
得られる貴重な学び

米国のシンシナティ大学医学部との交流があり、2年に1回、同大学から医師と看護師が来日され、英語での医療講義や直接指導を受けることができます。専門用語の使い方や、所見をどのように述べていくのかなど、生の英語による医学の講義を聴く機会はなかなかないのでとても貴重な場だと思います。
私は英語にそれほど自信があるほうではないので、今から英語の論文などをできるだけ読むなどして、必要な事前知識を頭に入れるべく準備を重ねているところです。
加えて今年の5月には、3年目の専攻医の先生2名の他、指導医1名と看護師2名の5名がシンシナティ大学での現地研修に出かけました。

公式アカウント

facebook

twitter