【神奈川】大船中央病院 1年目研修医4名の座談会

2018/03/01

ic45-ofunachuo-topb

ic45-ofunachuo-top

救急外来で症例を10回診るのと
同じくらいの効果をもつ
「モーニングレポート」

―― 貴院での初期研修の特徴である「モーニングレポート」について教えてください。

麻生医師:研修管理委員長の須藤博医師が研修医向けに直接指導を行う症例検討のレクチャーで、週3回臨床研修医と後期研修医、指導医数名が参加して行われます。
朝8時から約1時間、須藤医師の司会進行のもと、研修医が救急外来で診た症例を発表し、他の研修医がアプローチや鑑別についての考えを述べていきます。
自分の症例について「振り返り」ができ、他の症例も知識として得られるため、現場に応用できる学びがあります。

安江医師:入職したての頃は、救急外来に来た患者さんを相手に、何を鑑別に挙げるべきかわからなかったのが、モーニングレポートの蓄積で体系的に判断できるようになりました。限られた時間の中で重篤度や緊急性を見抜く力や、瞬時の判断力、プレゼン力が養われ、現場であまり動じなくなったように思います。
研修医は月に一度発表していくペースですが、症例を見つけて準備する過程はけっこう大変です。でも症例を掘り下げ、須藤医師からの指摘を減らせるよう詳細を詰めていくプロセスが「考える力」を養うことにつながります。他の研修医の発表を聞く時にも、須藤医師の質問に的確に答えられるように、鑑別の力を上げる必要があります。
ある上級医から「モーニングレポートを1回経験するのは、救急外来で症例を10回診るのと同じくらいの効果があるよ」と言われました。自分の頭で考える習慣と力が備わっていくと感じます。

ic45-ofunachuo01

小田医師:私は患者さんの言葉から、想起できる鑑別がどんどん増えていく印象があります。例えば、頭痛が主訴の際に、“突然”痛くなったのか、それとも“徐々に”痛くなったのか。何をしていた時に起きた頭痛なのか具体的に聞くことで鑑別の方向性も変わります。
想起する鑑別が1つ増えるごとに、見える景色がどんどん変わっていく。自分が実際に患者さんを診ていなくても、モーニングレポートでのレクチャーで診療を疑似体験できますから、自然と経験値が上がっていく感覚です。
モーニングレポートを通じて教わった聴診や打診の方法、病歴の聞き方など、すぐに真似できることが多いので実践しやすいです。

増田医師:モーニングレポートの意義の一つに、フィードバックがあると思います。発表時の指摘によって、現場で聞きもらしていたことや、実施できていなかったことが明確になり、それを踏まえて次回に臨むことができます。

麻生医師:臨床で患者さんを目の前にした時に必要な、情報を収集する力が身につきます。問診では自分から患者さんに能動的に聞いていかなければ、患者さんも答えてはくれません。問題点はどこにあるのか、それを自分で考えながら切り口を見つけ、アプローチの幅が広がっていく実感があります。研修医のうちにそうしたスキルを身につけていくことは、医師としての土台づくりを考える上でも大きな意味があると感じます。

ic45-ofunachuo02