【山口】徳山中央病院 1年目研修医4名の座談会

2018/03/26

ic45-tokuyamachuo-topb

ic45-tokuyamachuo-top

全員救急研修のおかげで、スムーズに当直業務に入れました!

―― 初期研修のスタート時から「全員救急研修」を1カ月間集中的に行うそうですが、内容を教えてください。

藤田医師:救急外来での基本的な考え方や知っておくべき症例について、昼夜で徹底的に教えていただけます。昼間の救急研修では各診療科で講義や実技の実習を受け、17~24時は見習い当直として2年目の先生について当直を実際に体験。それを1カ月間積み重ね、救急の土台を身につけていきます。当院は救急搬送の数も県内一で、1次から3次救急までの多彩な症例の患者さんが来られますから、こうした研修の場を作っていただけるのはとてもありがたいです。

中村克医師:見習い当直では、最初は見学という位置づけから始まり、基本的な問診や診察、オーダーの出し方や、当院での救急外来の流れを疑似的に経験できます。おかげで5月からの本番もあまり緊張することなく、スムーズに当直業務に入ることができました。

―― 本番での当直体制や、指導や振り返りにおける「良さ」はどのような点ですか?

中村紗医師:5月から1年目と2年目の研修医2名が当直に入り、内科・外科各1名の指導医がバックアップしてくださいます。7月までは副直として、2年目の先生が1名、17~20時まで加わって1年目をしっかりとサポートしてくれるので心強いです。

高崎医師:どの先生も優しくて、夜中にコンサルトのために電話をすることにも抵抗がありません(笑)。ファーストタッチは研修医が行いますが、治療方針は上級医の先生と一緒に考え、抗菌薬の選択や検査のオーダー、診断も1人で行うことはありませんから安心です。それに看護師さんも、救急外来のエキスパートがいてとても頼りになるんです。

藤田医師:「振り返り」として大きいのは、当直明けの「朝カンファ」ですね。救急科と総合診療科の先生に、当直時の対応の不足点をご指摘いただくカンファレンスで、1年目の研修医全員を対象に朝8時から約1時間行われます。

高崎医師:そこでは、患者さんの主訴や病歴、身体所見、血液検査やCT、レントゲンの結果など、自分がその日の当直でファーストタッチから診た患者さんについてプレゼンし、先生から「なぜそうしたか」についての質問がどんどん飛んできます。対応に苦慮した症例にも明確な答えをいただけ、自分の所見や診断、治療が合っていたのかを翌朝にきちんと振り返ることができるのは大きいです。

中村克医師:最初はなかなか満足に答えられませんでしたが、その分自分に足りないものを自覚できますから、勉強すべき内容も明確になります。雰囲気は決してピリピリしたものではなく、「分からないことは何でも聞いていい」というフランクな場なので、疑問をすぐに解決できる場としてとても有意義。毎日の振り返りのおかげで、次に同じような症例や場面に出会っても慌てることが少なくなりました。

ic45-tokuyamachuo01