【京都】京都民医連中央病院 1~2年目研修医4名の座談会

2018/04/13

ic45-kyotominiren-chuo-topb

ic45-kyotominiren-chuo-top

研修医のやりたいことを優先してもらえる自由なスタイル

―― 自由なプログラム選択が可能な「オーダーメイド研修」が特徴的ですが、どのような点にメリットがありますか?

松田医師:2年目の自由選択期間において、自分が望むようにプログラムが組める点のほかに、ふだんから臨機応変に科をまたいで学べる点がメリットです。科ごとの垣根の低さを活かして、たとえば選択期間の総合内科でも希望すれば心カテの検査に入れるなど、自分が深めたい分野に関わり続けることができます。
私は腎臓内科をめざしているので、循環器内科をローテートしている時に、腎生検があれば見に行かせていただくこともありました。業務に支障がなければ、研修医のやりたいことを優先して調整していただけるのでありがたいです。

松野医師:ローテートの順番を自分なりに変えられるのも大きいでしょう。たとえば先に、救急科である程度現場経験を積み、麻酔科で挿管やルートの自信を付けて外科をまわるなど、順序を自分で変えられます。また2年目には、先に他の科を一通り終わらせておいて、最後に自分で深めたい科をじっくり選択するなどのアレンジができます。
ローテートの順番が病院本位で決まり、専門性の高い科を先に取ってしまうと、「この時期に、まだこんなことしかできないの?」ということにもなりかねません。2年間の研修をトータルでとらえ、順序立てて土台を築いていけるプログラムだと思います。

「自分でやるしかない」と自然と思えるようになる

―― 先生方はどのような点を重視して選択をアレンジしたのですか?

松野医師:私は最後の6カ月の自由選択はほとんどHCUにあてました。麻酔科をめざす上で薬や呼吸器の扱いについて勉強を深めなければならないのですが、1カ月だけでは身に付けるのは難しい内容なので。

西川医師:私の場合は6カ月のうち、4カ月は内科を選び、残りの2カ月で検査科と麻酔科という選び方をしました。循環器内科を志望しているので、心臓のエコーが3年目から必要で、通常のプログラムでは難しいため検査科でエコーを重点的に学ぶことにしたんです。

小林医師:私は1年目ですが、精神科志望と進路は明確で、すでに精神科を2カ月半と長めに取っています。また神経系全般に興味があり、月1回、京都民医連関連の神経グループが行う第二中央病院でのカンファに参加するなど、病院の垣根を超えた勉強の機会をいただいています。

―― 研修医の意識の面でも違ってくるのではないですか。

西川医師:自由にやらせていただけることで、研修医が自分で考え、自分で実行するという主体性が身に付く点は大きいですね。最初は受け身でも、「自分でやりなさい」という必要性に迫られるので、「自分でやるしかない」と自然と思えるようになる(笑)。

松野医師:救急でも病棟でも、「まずやらせる」という風土があるから。京都民医連中央病院では先生方が、研修医を「やらないの?主治医でしょ?」と促すんですよ。そして患者さんを任され、研修医が方針を立てて、投薬の管理から検査のオーダーまでを自分で行っていくんです。最初は、「え!? こんなの研修医がやっていいの?」と慌てるんですが、次第に根性がつくというか(笑)。もちろん方向性が間違っていればちゃんと指摘してくださいますし、自由さに加えて、良い意味での「監視がついている」というイメージですから安心して取り組むことができます。

ic45-kyotominiren-chuo03