【Story 06】人生に替え玉はない

2019/12/24

後期研修3年目(旧制度) I医師
#循環器内科 #地元に戻る #現在地から遠い

博多の市中病院での後期研修生活も3年目。大学からだから、福岡での生活は11年目に入った。出身地の愛知県とは全く違う街と人の雰囲気に、最初はとまどったこともあったが、いつの間にかふとした拍子に福岡の方言が出るほどになった。食べ物も酒も美味いし、今ではこちらにいる友人のほうが多くなった。学生時代からの彼女もいる。生まれも育ちも博多で、気が強いからたまにものすごい喧嘩もするけど、明るくてしっかりしいて、そして驚くほど酒に強い、すごく気の合う彼女だ。
だけど、後期研修が終わったら地元に戻る。九州を去ってうまいとんこつラーメンが食べられなくなるのは非常に残念ではあるが、もともと地元での勤務を希望していたので、ちょうど潮時だろう。

とんこつインスタ

自分は名古屋から通える、CVの件数が多い循環器内科を希望している。だけど、地元とはいえ今いる九州からは遠く離れた地。11年もあれば自分の知っている病院事情ともそれなりに変わっているだろう。さて、どうやって病院を探すか。開業医の父親のツテもあるが、情報は多いほうがいいし、そうなると自分の力だけで調べるのは現実的でない。
そんなときに、大学の同期から連絡あり。話の流れで病院探しについてふと漏らしたら、なんでも、彼はメックに相談したらしい。「なかなか感じのいいエージェントで、色々相談にのってくれた」そうだ。そうなんだ。メックなら学生の頃から知ってるし、自分も相談してみようか。
https://www.icrip.jp/mdc_ishi15/

相談フォームを送ったら、東海担当のエージェントから連絡あり。友人の担当エージェントとは違うかもしれないが、聞いていた通りなかなか好印象。じっくり話を聞いてくれた。
https://www.icrip.jp/mdc_agent02/

―――
メックには名古屋市内の総合病院と、実家から車で20分程の循環器専門の病院を紹介してもらった。ともに見学に行って、名古屋市内の総合病院に決めた。さすが東海地方の病院、給料も一気にアップした。給料は特にこだわってはいなかったのだが、正直かなりテンションが上がった。これで落ち着いて、心置きなく残りの研修に向かうことができる。一安心。気に入っている店のラーメンを食べつくして九州を去らねば。
それから、近日中に指輪を買いに行くこと。
……それにしても、今年の博多のクリスマスイルミネーションはいつもよりだいぶキラキラしてるよな。令和元年だから特別なのだろうか。

 

プロポーズ

 

次回更新は2020年1月7日(火)10時です。
メリークリスマス!そして皆さま、良いお年をお迎えください。

 

ストーリーはすべて、過去17年間で実際にいただいた相談をもとに創作したフィクションです。
キャリアアップのご相談はぜひMDCまで。実績豊富なメックエージェントがお待ちしております。

 

パワレス入り口ボタン

 メリクリ