大同病院

市中病院

ダイドウビョウイン

〒457-8511 愛知県名古屋市南区白水町9番地
052-611-6261 / 052-614-1036
名鉄電車「柴田駅」より 徒歩5分

救急指定 2次 
病床数 404床
病床数内訳 一般394床  結核10床 
病院URL http://www.daidohp.or.jp

病院の特色・コメント

大同病院の基本方針は、地域社会の人々に質の高い安全な医療を提供し、患者さまの信頼や満足が得られるように努力することは言うまでもありませんが、病院全体の職員の信頼や満足をも達成することだと考えております。
当院の変遷を顧みますと、医師不足・勤務医師の疲弊や病院の経営難等の、最近の厳しい医療環境の中で幾多の努力をし、大きく発展し生き抜いてまいりました。2003年には新病棟が完成し、患者さまおよび職員のアメニティーの確保が達成されました。また翌年からの新臨床研修制度の発足により研修医の安定した獲得が達成され、救急医療を中心としたマンパワーの供給が進み病院発展の原動力の一つになりました。
さらに病院機能評価を受審し、全職員の協力で病院内の各機能を客観的に評価し改善することが出来ました。電子カルテの導入・画像の電子化等により全ての職員の院内での情報の共有が可能となり、チーム医療に大きく貢献していると考えます。
相変わらず医療界は混沌としておりますが、今後当院が更に発展するためには、医療の質の向上・安全な医療の提供を確保しつつ、地域の医療機関とのより強固な機能連携を進め、救急・急性期病院として更に充実させることが不可欠と考えます。病院の発展は、地域社会への貢献に繋がるものと考えます。
当院の診療機能の中で最も重要課題と考えている部門は救急医療であります。救急診療は医療の原点であり、地域住民が困っているときにいつでも救える医療を目指し、「救急センター」は、24時間・365日断らない診療をモットーに診療しております。小児救急に対しては、可能な限り小児科医当直を配置し、十分な小児診療が出来るよう配慮しております。当院は二次救急医療機関ですが、さらに高度な救急医療を目指し、名古屋市南部がいつでも質の高い救急医療が安心して受けられる地域となるよう役割を果たしていきたいと考えております。それを達成するためには、言うまでもなく医師・看護師等の人材の確保が最も重要であり、そのためには職員の働きやすい環境・体制を整備することが必要と考えております。その中で、女性(医師のみでなく看護師等も)が安心して働ける環境を確保していきたいと考えております。

病院データ

診療科目 ・内科 ・精神科 ・神経科(神経内科) ・呼吸器科
・消化器科(胃腸科) ・循環器科 ・リウマチ科 ・小児科
・外科 ・整形外科 ・脳神経外科 ・呼吸器外科
・心臓血管外科 ・皮膚科 ・泌尿器科 ・産婦人科
・眼科 ・耳鼻いんこう科 ・リハビリテーション科 ・放射線科
・糖尿病・内分泌内科 ・血液・化学療法内科 ・腫瘍内科 ・腎臓内科
・内視鏡内科 ・小児アレルギー科 ・麻酔科 ・救急科
・病理診断科 ・臨床検査科、など
医師数(合計) 121名
医師数(常勤) 115名
医師数(非常勤) 6名
救急医療 年間件数 30,591件
うち救急医療 年間件数(時間外) 24,411件
救急車 取扱い件数 4,817件
うち救急車 取扱い件数(時間外) 3,029件
時間外の勤務体制 医師:6名
看護師及び准看護師:3名
救急医療を提供している診療科 内科系 / 外科系 / 小児科
正常分娩件数 364件
異常分娩件数 207件
臨床病理検討会(CPC)の前年度開催回数 10
剖検数 12