埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

市中病院

ハニュウソウゴウビョウイン

〒348-8505 埼玉県羽生市下岩瀬446番地
048-562-3000 / 048-563-2170
東武伊勢崎線 羽生駅バスにて5分

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

マッチング専門研修総合診療

〒348-8505 埼玉県羽生市下岩瀬446番地

資料請求

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

少人数でお互いに自己研鑽し合える環境、地域に頼られる存在になれる2年間の研修

プライマリケアの確立を!

当院は埼玉県北部にある311床の病院です。県内のみならず、隣接する群馬・栃木からも患者の受け入れも行っており日々豊富な症例を経験することができます。院長が研修理念に掲げている『基盤となるプライマリケアの確立』を目的として当院の特徴でもある麻酔科を3ヶ月ローテートすることで全身管理を学び、高い専門性だけではなく広く総合的な診療と育成を目標に取り組んでいます。研修医も小人数制を取り入れており、互いに自身に足りないものを補い合いながら充実した日々を送れます。将来、専門へ進む前に各科のローテートで学べる初期の2年間は貴重なので、総合診療力を養う当院での研修はかけがえのないものになると思います。

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

診療科の垣根を超えて全身管理を学べる病院

当院は病床数311床に対し、研修医が1年目4名 2年目4名と少人数です。
そのため、必ず上級医がついた状態で丁寧な指導を受けることができます。
救急対応の際も症例を取り合うことなく、検査のオーダーから鑑別、治療まで自分で考えることが可能です。
また、積極的に研修したい場合は自分の研修科以外でも手技がある時は声をかけてくれます。CV挿入や胸腔穿刺など様々な手技の獲得に繋がります。
初期研修で救急対応を学びたい方、積極的に手技を身につけたい方はぜひ一緒に働けると嬉しいです!

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

自主性のある方はぜひ当院へ

私が4月から働き始めて感じた事は自主性のある方が当院には向いていると思います。学べる手技はたくさんあり、指導医の先生方は質問や相談に熱心に応じてくれます。研修医が少人数の為、1人1人にきめ細かい指導があります。当直は月に4〜5回あり、ファーストタッチや検査オーダーを1年目から行わせていただけます。指導医の先生にはいつでも相談できるため、判断等についても研修医1人でする事なく上級医・指導医の下、実施致します。徳洲会は断らない救急を掲げていることもあり、大変多くの症例を経験することが可能です。皆さんも当院で一緒に働きませんか。

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

藤井先生:基本的に週に1回です。平均で5〜10台の救急車と数名のウォークインを診ます。私は主に問診、身体診察、検査のオーダーをした後、上級医に疾患の鑑別と治療について相談し、方針を決めています。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

玉田先生:研修医を一人にしない体制となっていて指導医の先生も適時対応してくれるので安心して自身のペースで勉強できています。
藤井先生:例えば救急対応時、分からないことがあればすぐに上級医に相談することができます。また、ICをする際や複雑な手技をする時は上級医がついているため安心して臨むことができます。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

藤井先生:当直は9:00までの勤務なので帰宅することが可能です。診療科によっては担当患者がいる場合があるので、診察やカルテ記載などが求められますが、午前中には必ず帰るようされており、ほとんどの多くの研修医が9:00〜12:00に帰宅している印象があります。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

藤井先生:私が外科を回った際には、毎朝カンファレンスがあり入院患者の状態を共有していました。
玉田先生:総合診療科(内科)では毎朝もしくは夕方に指導医と共に回診を行います。毎週水曜日に他職種の医療スタッフと合同カンファを行いますのでフィードバック体制は整ってます。他科の研修は先に回った研修医と情報を共有することで対応されています。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

玉田先生:どんなに遅くても18時には研修医の多くが帰宅しています。外科の研修は手術の関係でまれに夜間まで残る事がありますが、手術以外は定時に上がれる為、メリハリはきちんとしています。
藤井先生:土日祝がお休みで平日の勤務時間は原則8:30〜17:00ですが7:30〜8:00から始まる診療科もあります。その時はきちんと時間外を申請する事ができます。帰りは18:00前後に帰っている印象があります。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

藤井先生:当院では当直の見学も受け入れている為、救急対応を見てもらうのがお勧めです。私が当直見学した際は、研修医の話を聞けるのはもちろん、コメディカルとの雰囲気を知る事ができたのが大きかったです。
玉田先生:総合診療科・救急科は基本的に研修医が回っているのでお勧めします。また当院の特徴である麻酔科3ヶ月研修も雰囲気を知るということで余裕があれば回っておくことをお勧めします。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

藤井先生:当院では現在コロナ禍の影響で講習会やセミナーがあまりないため、積極的に学ぶ姿勢を持っている人にお勧めします。また分からない事を分からないと言って助けを求められる事が大事だと思います。
玉田先生:1・2年次共に研修医が4人と少ないですが、その分皆積極的で仲良く研修に取り組んでます。定期的に研修医同士で食事に行っているので雰囲気は良いです。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

玉田先生:試験は院長との面接のみで履歴書の内容に沿って20〜30分程度面接を行います。笑い混じりに行われるので緊張せず普段通りで受ければ大丈夫です。
藤井先生:試験は面接だけなので、面接の内容が気になると思いますが、院長先生との面接は雑談を交えた和やかな面接なので不安になる必要はありません!志望理由や医師を目指した理由、学生時代に力を入れた事など、一般的な事を答えられるようにしておけば大丈夫です。

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

藤井先生:病院から徒歩圏内にスーパーやドラッグストア、ホームセンターがあります。飲食店もいくつか並んでいます。研修医は徒歩圏内に住んでいる人が多く、車がなくても生活には困りません。病院からの最寄り駅は徒歩20分で都内には1時間半で行く事ができます。
玉田先生:スーパーや飲食店が近所にある為、生活に困りません。電車でも40分程度で大宮駅へ出られるので医学書の購入もそこでできます。

体調管理をしていく上で重要となる「オススメの食事」「人気の場所」を教えてください。

藤井先生:社員食堂はなんと300円で食べる事ができます。栄養バランスも考えられている為、食堂で食べる職員が多いです。院内のコンビニやお弁当を持参して食べる事もあります。
玉田先生:職員専用の食堂には日替わりの他にカレーやラーメン、そばもありワンコイン以下で食べる事もでき味も美味しいです。

一言メッセージ
藤井先生:当院を少しでも考えてくれている学生さん、一緒に働ける日を楽しみにしております。
一言メッセージ

資料請求

埼玉医療生活協同組合 羽生総合病院 募集基本情報

募集定員
4名
応募必要書類
1.履歴書(顔写真添付)
2.成績証明書
3.卒業見込み証明書
4.健康診断書(コピー可・無くてもOK!)
選考方法
面接(人柄重視)
想定年収(手当込み)

一年目 4,520,000円

二年目 5,320,000円

URL
http://www.fureaihosp.or.jp/hanyuhp/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
総合診療
総合診療
https://recruit.icrip.jp/hospital/3176

お問い合わせ臨床研修担当