飯塚病院

市中病院

イイヅカビョウイン

〒820-8505 福岡県飯塚市芳雄町3-83
0948-22-3800 / 0948-29-5744
新飯塚駅より徒歩5分

飯塚病院

マッチング専門研修内科総合診療救急科産婦人科外科小児科麻酔科

〒820-8505 福岡県飯塚市芳雄町3番83号

資料請求

飯塚病院

あなたを学びに駆り立てる環境で、医師の土台作りをしませんか?

シェアの精神!「教わって、教える」の文化 ~実りある研修にするカギ~

当院は、臨床研修病院に指定された当初より総合診療方式で研修を行っています。以来、学びあい教えあうシェアの精神の文化が医師としての第一歩を踏み出す先生方の成長を後押しします。
1年次は基本的な考え方や手技を学び、2年次では各自が将来専門に学ぼうとする分野を中心に2~4科を選択することができ、その後の専攻医としての研修と整合性が持てるようにしています。このように当院の研修プログラムは、プライマリ・ケアの研修から始まり、スペシャリティ研修の導入まで切れ目のない研修が可能であり、経験豊富な指導医によるフィードバックと志の高い同期間の切磋琢磨が研修医の学びをより豊なものにします。
診療圏約40万人の医療を担う中核病院の特性が、専門医になるまでのキャリア形成に大きく役立つことは間違いありません。

飯塚病院

全国トップレベルの充実度!手技トレーニング&シミュレーション ~スムーズな研修生活を送れます~

初期研修のスタートでは、診療科にローテーションする前のオリエンテーション期間に、採血や手技の実習など実技を交えた導入講習をしています。シミュレーション後にローテーションするため、研修医からは役に立ったという声が挙がっています。また、当院にはラーニングセンターを設置しており、シミュレーターを用いて24時間いつでも自己学習を行うことが可能です。日勤帯には担当職員が常駐しているため、使用方法を聞くことができます。ローテーション中もシミュレーションの機会が設けられており、上級医の指導のもとさまざまな手技のシミュレーションが可能です。
その他に当院の特徴的な取り組みとして、救急外来での初期診断から初期治療介入まで迅速に対応できるよう『Triage & Action(T&A)コース』を準備しています。上級医や専門医に引き継ぐまでの最初の10分間に行うべきアクションを身につけることを目標とし、例年研修医より好評をいただいております。

飯塚病院

飯塚病院独自のメンタルサポートで充実の研修が実現 ~志を共にする仲間とリフレッシュ~

研修医へのサポート体制として、全国でも珍しいサポートプログラムを設けております。
1年次の7月頃には研修医同士で悩みや志を共有するワールドカフェを実施し、モチベーションアップを図っています。また、1年次、2年次それぞれ院外宿泊研修も行っており、各学年の幹事を中心に研修医みんなで行き先を決め、宿泊手配も全て研修医が行っています。宿泊研修中はオンコールなど病院からの問い合わせもなく、業務から離れた環境で同期との交流を深めています。
その他、年2回の臨床心理士との定期面談を実施し、研修医のメンタルサポートも行っています。

飯塚病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当院の救急walk in外来(院内待機)は、内科・外科・小児科の3つのブースに区切って運営しているところが特徴です。1~3次救急を受入れる地域の中核病院で豊富な症例を経験しながら、しっかり教育を受けることができます。
救急外来での患者対応は1年目では平均月5回、2年目では平均月7回担当します。例えば内科ブースでの院内待機中は1年目は約5件、2年目は約10件の患者を初期研修医が対応します。初期対応から鑑別、検査などを行い、治療方針は上級医と相談しながら決めています。
そのほか救急車当番があり、初期研修医は一晩で2~3件対応しています。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

救急外来では上級医と2人で患者対応する体制となっているので、随時相談や指示を仰ぐことができます。また、院内待機の時間帯には病棟院内待機の各診療科スタッフ医が勤務しているので、いつでもコンサルできる体制が整っています。
各診療科より定期的にコアレクチャー(救急初療で必要な知識の講義)をしていただけるので、現場に即した知識を身につけることができます。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

院内待機は準夜帯(16:30~24:30)、深夜帯(24:30~8:30)の体制になっております。翌日は通常勤務となりますが、準夜帯での勤務後は帰宅しています。深夜帯での院内待機中は仮眠室で休息を取ることもできるので、疲れすぎることはありませんし、また、シャワー室もあるため翌日勤務も特に支障はありません。初期研修医の意見を取り入れながらベストな環境作りが行われており、近年では、内科深夜帯の院内待機の枠が撤廃されました。教育の質を担保しながら経験を積めるよう、適宜見直しが行われています。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

1年目の前半は指導医のマンツーマン指導を受けながら診療に臨むことができるので、1例1例しっかりと指導医からのきめ細やかなアドバイスやフィードバックを受けることができます。日常的にベテラン医師からの指導が受けられることはもちろん、勉強会で2年目が経験された症例をレクチャーしていただけるので、翌年は自分が後輩指導を行う立場としてアウトプットを意識して勉強する姿勢が身につくようになります。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

勤務時間は8:30~17:00ですが、ローテーションする診療科の朝カンファレンスに参加しています。基本的には18~19時頃には業務を終えていますが、初期研修医だけの医局の居心地が良くて、談笑しながら長居してしまいます(笑)
救急車当番や院内待機はシフト制になっています。また、受け持ち患者さんの状況によっては、土日に出勤することもありますが、土日祝日は原則休みとなっています。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

初期研修医がローテートしている診療科(厚労省が定める必須診療科)を見学するのがオススメです。見学時は初期研修医が案内しますので、何でも聞いてください。
また、病院の特徴である「総合診療科」の見学もオススメで、頻度の高い疾患から診断困難な症例まで診ることができますよ!

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

歴代から【やる気・元気・個性】のある研修医が集まることが多く、研修医同士の仲が良いのも特徴です。研修医だけの医局では相談しやすい環境で、互いに刺激を受けながら研修をしています。
上級医や指導医はもちろん職種間の垣根も低く、さまざまなタイプの方を受入れ育てる文化が根付いています。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

採用試験は小論文と面接です。面接では入室すると院長を含む幹部の先生方が8名ほど並んでいるので最初は緊張すると思いますが、和やかな雰囲気で行われるのでリラックスして受けると良いと思います。
人物重視の面接なので、15分の個人面接でどれだけ自分の強みをアピールできるかが鍵だと思います!

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

病院から徒歩10分圏内に住居があります。家賃・光熱費を病院が負担してくれるので、とにかくキレイで快適な部屋です!
近くにはスーパーや駅があり、生活に困ることはありません。JRで博多駅まで約40分、特急バスで福岡市内まで約60分です。週末には博多駅や福岡市内まで遊びに行くこともあります。

研修医の出身大学を教えてください。

研修医の出身大学は、九州各県の大学のほか、全国各地より多くの研修医を受入れています。
現在の研修医でいうと、九州各県以外では慶應義塾大学、名古屋大学、京都府立医科大学…などの出身が在籍しています。

一言メッセージ
教育熱心な指導医や志の高い同期に囲まれて充実した研修生活を送っています。ぜひ一度見学に来て下さい!
一言メッセージ

資料請求

飯塚病院 募集基本情報

募集定員
17名
応募必要書類
1.履歴書
2.小論文
3.卒業見込み証明書
4.CBTの写し
選考方法
1次試験:小論文(800字以内/テーマは事前公表)
2次試験:面接(個人面接/1人15分)
想定年収(手当込み)

一年目 3,280,000円/年
※各種手当を除く

二年目 4,320,000円/年
※各種手当を除く

URL
https://aih-net.com/resident/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
内科、総合診療、救急科、産婦人科、外科、小児科、麻酔科
内科
https://recruit.icrip.jp/hospital/1057
総合診療
https://recruit.icrip.jp/hospital/2579
救急科
https://recruit.icrip.jp/hospital/206
産婦人科
https://recruit.icrip.jp/hospital/456
外科
https://recruit.icrip.jp/hospital/324
小児科
https://recruit.icrip.jp/hospital/3053
麻酔科
https://recruit.icrip.jp/hospital/2768

お問い合わせ教育推進本部 鬼丸 葵衣