新潟勤労者医療協会 下越病院

市中病院

カエツビョウイン

〒956-0814 新潟県新潟市秋葉区東金沢1459番地1
0250-22-4711 / 0250-24-4740
JR「新津駅」より バス10分

新潟勤労者医療協会 下越病院

マッチング専門研修総合診療科

〒956-0814 新潟県新潟市秋葉区東金沢1459-1

資料請求

新潟勤労者医療協会 下越病院

県内随一の小規模研修病院だからこそできる!本物のプライマリケア体験と一人ひとりに合わせた臨床研修

総合診療科を中心とした内科研修で幅広い診療能力を身に付けられる!

2018年より総合診療科を内科研修の軸に据えており、研修開始時にローテートすることで基本的な能力を身につけられるように考えられています。診療科が少ない分、1つの科で多彩な疾患を見ることができ、診断や幅広い視野を重視した技術を体得できます。医局がひとつで診療科間の垣根も低く、気軽に相談ができ、複数の診療科での連携を経験する機会が多いことも総合力を身につけることにつながります。
総合診療科の後には当院の強みである循環器と消化器を回り、もう一度総合診療科の研修を行います。2年目の選択期間で再度ローテートすることも可能ですし、他に興味のある分野を重点的に経験することもできます。さらに新潟大学医歯学総合病院と連携しており、全ての診療科において大学での研修を追加することも可能となっています。

新潟勤労者医療協会 下越病院

消化管内視鏡と心カテの経験数はトップクラス!さらに意向に合わせた微調整も可能

当院では緊急対応も含め、積極的に消化管内視鏡や心臓カテーテルを行っています。医師1人あたりの施行回数は県内でもトップクラスであり、当院の風土と相まって研修医が経験できる回数も豊富です。特に興味のある場合には、他科を回っている時期にも定期的に手技の時間を設けることも可能です。その他の手技についても、院内で発生したらローテート中の診療科に関係なく呼んでもらうなどの体制をとることもでき、研修医のうちから技術を身につけたいと考える方には最適の環境です。他にも救急や診療所はもちろん、外来研修、エコー研修、グラム染色など、希望に合わせていつでも追加・延長の相談に乗っており、各人に合わせた小規模ならではの細かな調整を行っております。

新潟勤労者医療協会 下越病院

プライマリケアを中心とした総合的な能力を身につけるには最適!

飛行機や電車で医者が呼ばれたときに名乗り出ることができる、友人や親戚からの健康相談に対して適切な助言ができる、入院中に発症した別疾患にも対応できる、こういったことのためには、疫学やcommon disease をしっかり理解する必要があります。これは紹介患者の多い大病院ではなかなか経験できないことです。
当院では地域の2次医療を担っていますが、一般外来や救急のwalk in症例も多く、1次医療的な側面もあります。そのためどんな症状ならどんな疾患が多いのか、健康増進のためにどうしたら良いのかを肌で感じ取ることができます。2年目には入院患者の実質的な主治医として動いてもらいます。2年間を通して週2回ずつ救急研修に入りますので、2年目にはほぼひとりで救急対応もできるようになります。自身の成長を感じることができ、非常にやりがいがあると思います。(もちろん何かあればすぐに相談できる体制です)

新潟勤労者医療協会 下越病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

基本的に1か月に当直2回、半直(17:00~22:00救急外来)2回です。回数の増減も応相談です。全科当直ですが上級医1名が必ず一緒に当直に入り、常にすぐに相談できる状況です。救急、病棟併せて平均で5~6件程度です。研修医は上級医と相談しながら一連の診察や処置を行います。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

救急外来研修、当直研修では、各研修医の状況に応じて大体1年次の12月頃より独り立ちとなりますが、その都度指導責任者が決まっており、2年間を通じて常に上級医に相談できる体制となっています。
ローテート中の科についてもカンファレンスや医局等で共有、相談のしやすい環境です。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

基本的に当直明けは午後の勤務が免除されます。希望があれば午後も働いても良いですが、残っていると指導医や事務から帰ることを勧められます。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

内科系の基本を身に付ける総合診療科では、毎朝指導医、上級医と振り返りを行っています。他には以下の時間を設けています。
毎週水曜日:研修医持ち回り勉強会(経験症例の共有など含む)
毎週木曜日:救急外来研修の症例振り返り

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

基本的には平日8:30~17:15の勤務です。時間外は症例検討会や研修評価に関する会議など月に2回程あります。普段は定時~18時台に帰宅する研修医がほとんどです。ただし循環器内科については緊急カテを行っていることから、遅くなることもあります。どの診療科をローテしている時でも、負担に感じることがあれば受け持ち患者数や研修内容を調整できますので気兼ねなく相談してください。
朝は研修医向けの勉強会を週3回程8:00~行っていますが参加は任意です。
土日は休みですが年に数回、病院の企画や研修が入ることもあります。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

研修の軸となっている「総合診療科」です。月曜日は一般内科外来・緩和ケアチームの回診、火曜日は研修医の外来研修・総診医師カンファがあり、当院の総合診療科と初期研修の雰囲気を感じていただけます。他に「消化器内科」と「循環器内科」も多くの症例を診ていますのでご興味のある方はおすすめします。お気軽にお問い合わせください。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

どちらかというとユルい方かもしれませんが、懐の深い病院ですので、様々な研修医がいます。とにかく研修に打ち込みたい人、趣味や自分の時間もバランス良く取りたい人、どちらもOKです。
初期研修医は1学年2~3名(定員6名)ですがアットホームな雰囲気で、年齢の近い専攻医からも仲間のようにフォローをしてもらいながら研修ができ、初期研修を不安に感じている方も安心できる環境だと思います。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

試験は一回以上の実習(見学)参加と面接のみです。事前に履歴書を提出してください。面接官は4名で、非常にリラックスした雰囲気ですので緊張する必要はありません。志望動機など一般的な内容が主体ですので安心して受験してください。お待ちしています。(実習については新型コロナ感染拡大のため都度検討しています)

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

病院のある新潟市秋葉区は田園や里山に囲まれた自然環境豊かな所です。新潟市中心部へは車で30分、最寄り駅から新潟駅までは電車で20分と都市部からも通勤圏内です。区内は買い物や飲食店にも不便なく、家賃も比較的安く大変住みやすいです。
新潟には大雪の印象があるかもしれませんが、例年市内の積雪はそれ程でもありません。車の運転は気を付けなければいけませんが、公道は除雪されますのであまり心配いりません。

上記の他にアピールできるところを教えてください!

若手医師の雰囲気が良いこと、ボーナスが出ること、時間外手当がつくこと、研修担当事務が医局内にいること、半当直や当直日はある程度自分の希望を出すことができること、共済組合の給付・助成が充実していること、事業所内保育園(新潟市地域型保育事業)・病児保育室を併設していて子育てしながら働きやすいことなど、書ききれない程あります!

一言メッセージ
研修医が少人数なのでひとりひとりを気にかけてもらえることも魅力です。ぜひ一度見学におこしください!
一言メッセージ

資料請求

新潟勤労者医療協会 下越病院 募集基本情報

募集定員
6名
応募必要書類
1.履歴書(書式指定なし)
選考方法
面接前又は当日の実習・見学(状況に応じて)、面接
想定年収(手当込み)

一年目 6,500,000円/年

二年目 7,300,000円/年

URL
http://niigata-min.or.jp/kaetsu/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
総合診療科
総合診療科
https://recruit.icrip.jp/hospital/2445

お問い合わせ事務長室・渡辺大樹