関西電力病院

市中病院

カンサイデンリョクビョウイン

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島2-1-7
06-6458-5821 / 06-6458-6994
阪神電鉄「福島駅」下車 2番出口を出てなにわ筋を南へ徒歩約5分

救急指定 2次 
病床数 400床
病床数内訳 一般400床 
病院URL http://kanden-hsp.jp/

病院の特色・コメント

関西電力病院は、昭和28年、大阪市北区に創設されました。そもそもの目的は「関西電力社員の福利厚生」でしたが、昭和42年にここ福島の地に移転してからは、「地域医療への貢献」を目標に掲げ、地域に開かれた病院として、急性期医療を中心とした診療活動を実践。現在も、地域の皆さま方からご支援を賜りながら、「トップレベルの医療水準」「地域への医療貢献」「患者さま満足度No.1」とのコンセプトのもと、医療の提供を通じた地域貢献に努めています。同時に、地域医療機関との密なる連携をモットーとして、かかりつけ医の皆さま方との役割分担にも地道に取り組んでまいりました。
そんな当病院では、近年、時代とともに変遷する疾病構成に向けた対応に力を注いでいます。なかでも重点課題と捉えているのが、「糖尿病を中心とする生活習慣病」「脳卒中」「心臓病」「がん」「機能再生医療」です。「生活習慣病」については、疾病の治療や合併症の発症、特に血管障害の進展抑制の為の治療だけでなく、予防にも取り組んでいます。こうしたなか当院は国際糖尿病連合西太平洋地区から「フットケアセンター」の認定を受け、重症の足病変(壊疽、血行障害など)のケアにも力を注いでいます。日本人の死因ワースト1となって久しい「がん」は、高齢化とともに罹患率がさらに高まっており、より高度で集学的な治療が求められています。さらに腫瘍内科、とくに外来化学療法や終末期医療に対する緩和科の設置を行って対応しています。「機能再生医療」は、患者さまのQOL(生活の質)向上という側面からますます重要度を増す領域です。そして、これらの取り組みに欠かせないのが「救急集中治療」です。
当病院では、こうした医療ニーズの高まりを受けとめ、新病院を開院するに至りました。新病院では、急性期医療の高度化および専門化を強化すべく、回復期リハビリテーション病棟の開設、手術室・救急初療室の高機能化、最新鋭医療機器の導入を実施。さらには、診療スペースの拡大や患者さまの療養環境整備など、ホスピタリティにも配慮いたしました。こうして医療環境が整ったこととは、チーム医療のレベルアップにつながり、患者さまにとってこれまで以上に満足度の高い医療の提供が可能になったと確信しております。

病院データ

診療科目 ・内科 ・心療内科 ・精神科 ・神経科(神経内科)
・呼吸器科 ・外科 ・整形外科 ・形成外科
・脳神経外科 ・呼吸器外科 ・心臓血管外科 ・皮膚科
・泌尿器科 ・婦人科 ・眼科 ・耳鼻いんこう科
・リハビリテーション科 ・放射線科 ・循環器内科 ・糖尿病内科
・緩和ケア内科 ・救急科 ・血液内科 ・腎臓内科
・腫瘍内科 ・乳腺外科 ・病理診断科 ・麻酔科
医師数(合計) 157名
医師数(常勤) 150名
医師数(非常勤) 7名
救急医療 年間件数 6,188件
うち救急医療 年間件数(時間外) 4,681件
救急車 取扱い件数 2,622件
うち救急車 取扱い件数(時間外) 1,701件
時間外の勤務体制 医師:7名
看護師及び准看護師:2名
救急医療を提供している診療科 内科系 / 外科系 / その他(脳卒中 /循環器 / ICU )
臨床病理検討会(CPC)の前年度開催回数 8
剖検数 12