社会医療法人厚生会 木沢記念病院

市中病院

キザワキネンビョウイン

情報更新日:2019/09/27

〒505-8503 岐阜県美濃加茂市古井町下古井590番地
0574-25-2181 / 0574-26-2181
JR高山本線「美濃太田駅」より徒歩 8分、または東濃鉄道バス「木沢記念病院前」下車。

社会医療法人厚生会 木沢記念病院

マッチング専門研修内科皮膚科

〒505-8503 岐阜県美濃加茂市古井町下古井590番地

資料請求

木沢記念病院

医師としての第一歩を木沢記念病院で始めませんか?病院全体が一丸となって研修医をサポートします!

気軽に相談できて頼りになる後期研修医の存在

内科・皮膚科などの基幹型病院で多くの医師が後期研修医として残っています。基本的にはベテランの先生に相談しやすい環境ではあるのですが、後期研修医の先生は昨年度にローテートや当直を一緒にしたり、また私生活では飲み会に行ったりと数多くの交流をしているので、より気軽に相談することができます。病棟管理や救急対応などで困っている姿をみると、「何かわからないことある?」と積極的に声をかけて親身になって接してくださります。今後の進路に関しても実体験をもとに話してくださり、また、カッコよく働かれる姿でも見せてくださり、自分の目指すべき後期研修を具体的に想像しながら日々研修をすることができます。

木沢記念病院

皮膚科界の一流の先生方から学べる実践的な皮膚科研修が可能

木沢記念病院では、皮膚疾患の専門知識や治療技術を一流の先生方から学べます。さらに若手の先輩医師も所属していることから、困った時に相談し切磋琢磨できる環境です。後期研修1年目から週3回の外来と月4件の手術室での局所麻酔手術の執刀医を経験でき、Common diseaseだけでなく指定難病等の希少疾患まで診療できます。皮疹の成り立ち(皮膚疾患の診断)を皮膚の構造や機能を分子レベルで理解した上で論理的に説明できることを目標に、北島康雄名誉病院長からのレクチャーや病理医との合同カンファレンス(研修医も参加可)を通して日々勉強しています。また、木沢記念病院は皮膚がんセンターとして皮膚腫瘍の専門医療を提供しており、神谷秀喜皮膚科部長より手術手技や抗がん剤治療を学んでいます。さらに最近はがんゲノムセンターが設立され、悪性皮膚腫瘍の患者さんのがん遺伝子を網羅的に解析できるため、今後はより先進的な医療を経験できると思います。

木沢記念病院

新病院において高度医療機器により最先端医療の環境で研修できます

2021年度に木沢記念病院は新病院に生まれ変わります!新しい病院での研修生活を想像するとワクワクしませんか? プログラムの特徴として、総合診療能力を高めるために、地域医療に密着した医療現場で小児から高齢者に至る様々な年齢層の日常的診療から、高度医療機器を利用した最新の医学診断に至る幅広い分野の研修を行います。
1.地域医療の第一線で、一般的な症例を経験することにより疾患の典型例から、診断や治療に苦渋するような重症例の初期対応まで幅広く学ぶことができます。
2.da Vinci、320列CT、トモセラピー(放射線治療器)、PET-CT、エルマンモなど高度医療機器が充実しています。
3.診療科の枠を越えた連携が盛んです。治療が困難な疾患など、診療科同士が速やかに連携し、話し合う体制ができています。

木沢記念病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は基本的に平均4回/月で、walk inと救急搬送を診ます。日によっても差はありますが大体15件ほどの患者を初期研修医がfirst touchで対応します。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

当院の当直体制は内科・外科に分かれ、それぞれ研修医1名と上級医1名がセットになって行っており、研修医1人で患者さんを帰宅させることはめったにありません。連絡体制が整っており、随時相談や指示を仰ぐことができます。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

当直明けは午後休みとなります。勤務体制として、基本的には土日休みですが、土曜日も診療を行っているため、診療科によっては、土曜日勤務の代わりに平日休みの体制をとっているケースもあります。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

1ヶ月に2回、診療研修会という勉強会を行っています。各科の先生方が救急で役立つ講義等をしていただけます。他にもK’sカンファレンスといって、感染症分野で有名な岡秀昭先生などを招聘して講義をしていただく機会があります。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

平日は18時ごろ帰宅している研修医が多いです。緊急カテーテル治療や緊急手術がある場合は帰宅時間が遅くなることもあります。基本的に土・日曜日は休みですが、診療科によっては土曜日勤務の代わりに平日休みの体制をとっているケースもあります。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

病院見学を日・祝日と年末年始以外は随時受け付けております。宿舎も完備しており、当直帯の見学も可能であります。当院では後期研修の基幹プログラムとして内科、救急科、皮膚科、総合診療科を選択することが可能であり、また、連携プログラムとして各科の専攻医を受け入れているため、専攻医・指導医が多く在籍しており、かつ、教育体制が整っています。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

研修医同士はとても仲が良く、飲み会や休日に遊びに出かけたりもします。やる気があれば様々な手技を経験できるので、積極的な人が向いていると思います。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

面接はとてもフランクで気負いする必要はないかと思います。自分の将来の展望や、やる気をアピールしてください。

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

病院周辺は田舎ですが、スーパーやホームセンター等があり、生活するには丁度良い環境です。病院から最寄り駅まで徒歩10分と交通の便も良く、名古屋まで50分程度でアクセスできるため、休日は遊びに出かけることも多いです。

「休日のおすすめスポット」「どのように過ごしている先生」が多いのか教えてください。

バーベキュー場が近くにあり、よく利用しています。ゴルフ場も多く、ゴルフをする同期も多くいます。空港までのアクセスも2時間圏内と割と良好で、長期休暇は海外旅行に行くのが鉄板です。

一言メッセージ
前線病院でありながら、アットホームな雰囲気の中で伸び伸びと地域医療に打ち込む事が出来ます!
一言メッセージ

資料請求

社会医療法人厚生会 木沢記念病院 募集基本情報

募集定員
基幹型11名
応募必要書類
1.履歴書(写真貼付)
2.採用選考願書(当院指定様式)
3.卒業見込証明書
4.成績証明書
選考方法
書類審査、筆記試験、面接試験
想定年収(手当込み)

一年目 7,000,000円/年

二年目 8,500,000円/年

URL
http://kizawa-memorial-hospital.jp/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
内科、皮膚科、総合診療科、救急科
内科
https://recruit.icrip.jp/hospital/1227
皮膚科
https://recruit.icrip.jp/hospital/1405
総合診療科
https://recruit.icrip.jp/hospital/2479
救急科
https://recruit.icrip.jp/hospital/153

お問い合わせ経営支援部 小川雅朝