岐阜県厚生農業協同組合連合会 飛騨医療センター 久美愛厚生病院

市中病院

クミアイコウセイビョウイン

〒506-8502 岐阜県高山市中切町1-1
0577-32-1115 / 0577-34-7115
JR「高山駅」より タクシーで約15分、または、のらマイカー・濃飛バスで「久美愛厚生病院」下車。

岐阜県厚生農業協同組合連合会 飛騨医療センター 久美愛厚生病院

マッチング

〒506-8502 岐阜県高山市中切町1-1

資料請求

久美愛厚生病院

患者の生涯と地域の健康を任せられる医師を目指して

地域医療を実践できる幅広い知識と手技を備えた医師を目指す

当院は岐阜県高山市に位置する総合病院です。当地域は他医療圏までの距離が遠く、地域内での医療の完結が求められ、幅広い知識と技術を備えた医師が必要とされます。当院ではそういった地域医療を実践できる医師を目指して研修していただきます。中規模の病院のため、各科医師やコメディカルとの垣根も低く、なんでも気軽に相談できますし、科をまたいだ機動的な研修も可能です。また、患者や地域住民からの信頼も厚いため、良好な人間関係を保ちながらの研修ができます。研修医定員は2名と少人数ですので、症例や手技をどんどん経験していただきます。

久美愛厚生病院

患者の生涯に関わる医療の実践が可能

地域では、急性期から慢性期、在宅療養まで一貫した医療が求められます。研修医の先生にも初診から入院治療、退院後の生活を見越した退院調整、外来診療、訪問看護等を利用した在宅療養まで一人一人の患者の全身状態、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療の実践を目指していただきます。また、緩和ケアセンターも併設しており、他職種や家族と手を取り合って患者に寄り添った終末期医療にも携わります。 地域における健康管理も当院の使命ととらえており、巡回健診や保健指導を積極的に行っています。病気にならない、あるいはなっても早期に診断して最善の治療が受けられる地域をめざした活動にも参加していただきます。

久美愛厚生病院

将来の医師像を見据えた自由度のある研修プログラム

各診療科では、指導医との相談で外来・入院の比率や手術、検査等の手技の実施について自由度を持って内容を調整できますので、自分が伸ばしたい分野等に重点を置いた研修が可能です。当直は原則月4回ですので、時間外は比較的自由に使うことができます。
2年次には診療科の選択可能期間が7カ月間あります。当院に無い科についても連携施設での研修が可能ですので、将来を見据えた選択ができます。
2年次に海外の大学病院での2週間の病院実習が選択できます。また、職種間の仲もよく、職員旅行や病院の行事を通じて良好な人間関係を築き社会人学習にもつながります。

久美愛厚生病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は月に2回で、日直(土日祝日中の救急外来)も2回行い、1ヶ月に計4回救急外来を対応します。当直中は平均5~10件、日直は平均15~30件の患者さんを対応します。当直では日付が変わるまでは割と患者さんが来ますが、それ以降はあまり来ないので寝られないことはあまりないです。日直では時間帯によって患者さんが一気に受診することもあるので、感覚としては日直の方が忙しいです。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

研修医は主にウォークインの患者さんを診察し、その結果を指導医に報告し、どのような検査,治療が必要か考えていきます。その際、採血や点滴確保などの処置が必要な場合は指導医の先生や看護師さんの指導の下、手技も学んでいきます。重症患者さんや救急車の対応では指導医の先生と共に対応し、緊急性が高い場合は各専門科の先生にコンサルトします。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

当直明けは研修科の各先生と話し合い、半日から1日休暇となります。自身の体調に合わせて休みは確保できる環境なので、そこは安心してください。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

救急外来受診から入院に至った患者さんで、研修に重要な症例の場合は各科の先生が研修医の担当患者として振り分けてもらえます。その際になぜ入院になったのか指導医の先生と考えながら診察していくので、患者さんの現病歴についてフィードバックすると共に、これからに必要な検査や処置についても学ぶことが出来ます。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

水曜日は19時より消化器内科,外科の合同カンファレンス、木曜日は18時過ぎより内科合同カンファレンスがあります。また、外科研修中では手術によって帰りが遅い日もありますが、基本的には19時過ぎには帰宅します。日直,当直のない場合は基本的に土日祝は休みです。外科研修中は休みの日も全体回診がありますが、それが終われば研修医は休みです。外科の先生も交代で回診しているので、予定がある場合は問題なく休めます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

循環器内科の心臓カテーテル検査の見学は火,木がおススメです。また、外科の先生方は消化器外科を専門とし、胆嚢摘出術から膵頭十二指腸切除術まで幅広い分野に対応しています。手術自体はほぼ毎日あるので、見学の曜日はいつでも良いと思います。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

研修医の定員は2名と少人数なので、内科外科問わず様々な先生がマンツーマン体制でしっかり指導して頂けます。1つ1つの症例や手技についてじっくり考えながら進めていきたい方は合っていると思います。また、同じ市内にある高山赤十字病院や県内の厚生連病院が研修を行う上での関連施設になっているので、他病院の研修医とも交流できます。様々な病院で研修して多くの経験を積みたい方にもおススメです。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

当院は面接のみの試験です。院長先生と2~3名の副院長先生で面接を行いますが、面接自体の雰囲気はとても穏やかに進んでいきます。まだ進路がはっきりしていない方、どのような医師を目指したいかまだ分からない方も全く問題ありません。自然が好きで、急性期から地域医療まで幅広く研修したいという思いがあれば大丈夫です。

体調管理をしていく上で重要となる「オススメの食事」「人気の場所」を教えてください。

高山の食事は飛騨牛が全国的に有名ですが、北陸が近いエリアでもあるため海産物も新鮮で美味しいものが多いです。また温泉旅館や銭湯の施設も多く、足を思いきり伸ばして入るお風呂は最高です。病院近くにも露天風呂付きの銭湯があり、僕もたまに通います。マッサージ施設もあるので、勤務後の疲れを癒すのには最適です。

「休日のおすすめスポット」「どのように過ごしている先生」が多いのか教えてください。

世界的に有名な観光地でもある飛騨高山ということで、高山駅周辺には国内外から沢山の観光客がいます。高山駅から電車で15分ほどの場所にある飛騨古川駅は、映画「君の名は。」の舞台にもなっており、劇中に出てきた組み紐の手作り体験が出来ます。また、冬になると飛騨エリアのスキー場が解禁となるので、ウィンタースポーツをしたい方、興味があるという方にはとてもおススメです。

一言メッセージ
当院に来るのに必要な交通費や宿泊費は全て負担します。面接後には歓迎会も行いますので、楽しんでください!
一言メッセージ

資料請求

岐阜県厚生農業協同組合連合会 飛騨医療センター 久美愛厚生病院 募集基本情報

募集定員
2名
応募必要書類
1.履歴書
2.卒業見込証明書
選考方法
面接試験
想定年収(手当込み)

一年目 6,500,000円/年

二年目 7,000,000円/年

URL
http://www.kumiai.gfkosei.or.jp/rinsyo.html

お問い合わせ企画総務課 事務次長 山越(やまごえ) 雅仁