名古屋市立大学病院

大学病院

ナゴヤシリツダイガクビョウイン

〒467-8602 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
052-851-5511 / 052-851-4801
地下鉄環状線「桜山駅」より ③番出口からすぐ

救急指定 3次 
病床数 795床
病床数内訳 一般767床  精神28床 
病院URL http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/

病院の特色・コメント

平成16年に17階建ての病棟・中央診療棟が完成、平成19年に外来診療棟が完成しました。今や、名実ともに21世紀の先端医療を担う大学病院としてフル稼働しています。
病棟・中央診療棟では消化器、循環器、呼吸器、神経系、周産期など臓器別、機能別のフロアー構成となっており、内科医と外科医、産科医と小児科医などが共同でチーム医療を実践しています。また機能的にチーム医療を推進するため、全国の大学病院に先駆け平成16年から電子カルテを導入しました。これにより医療の高度化が図られ、また医療安全にも大きく貢献しています。病棟や外来では最良のアメニティを提供することに心がけ、多くの患者さんにご満足いただいています。
ICU(集中治療部)、CCU(急性心臓疾患治療部)、NICU(新生児集中治療室)では、重症患者さんを最新の治療技術で治療するとともに、病気に立ち向かう一員として患者さんやご家族の病気に関する質問に、懇切丁寧に答えています。
救急医療は現在もっとも求められている医療の一つです。新病棟開院以来、救急部を充実し、多くの3次救急搬送を受け入れるとともに、1次~2次救急にも総合内科(コア診療内科)が的確に対応しています。コア診療内科は研修医教育にも効果を発揮し、全国の研修希望医学生から注目されています。
名古屋市立大学病院は患者さんも含めたチーム医療を実践し、医療の発展に貢献しています。

病院データ

診療科目 ・内科 ・心療内科 ・精神科 ・神経科(神経内科)
・小児科 ・外科 ・整形外科 ・形成外科 ・脳神経外科
・心臓血管外科 ・小児外科 ・皮膚科 ・泌尿器科
・産婦人科 ・眼科 ・耳鼻いんこう科 ・リハビリテーション科・放射線科
・消化器内科 ・肝臓内科 ・循環器内科 ・消化器外科
・麻酔科 ・歯科口腔外科 ・病理診断科 ・救急科
医師数(合計) 461名
医師数(常勤) 264名
医師数(非常勤) 197名
救急医療 年間件数 15,528件
うち救急医療 年間件数(時間外) 13,071件
救急車 取扱い件数 6,372件
うち救急車 取扱い件数(時間外) 4,378件
時間外の勤務体制 医師:5名
看護師及び准看護師:8名
救急医療を提供している診療科 その他(全診療科(歯科を除く)
正常分娩件数 269件
異常分娩件数 270件
臨床病理検討会(CPC)の前年度開催回数 4
剖検数 31