独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター

市中病院

オオサカミナミイリョウセンター

〒586-8521 大阪府河内長野市木戸東町2-1
0721-53-5761 / 0721-53-8904
南海高野線「千代田駅」より徒歩10分、近鉄南大阪線「汐ノ宮駅」より徒歩15分

(1)内科フルコース、(2)志望科コースの2つのコースからなる。内科フルコースは、将来、どの診療科に進んでも役立つように全分野において幅広く研修できるように配慮している。一方、志望科コースでは、将来、特定の診療科への進路を考えている研修医が効率良く後期研修へ移行できるように配慮している。ただし、プログラムは内科フルコースと同様にできるだけ多くの分野において幅広く研修できるように配慮しており、将来、どの志望科へ進んでも研修医にとって有用なプログラムでもある。両コースとも研修期問は2年間で、一年目に必修科目である「内科」、「救急」での研修を行う。内科フルコースでは「内科」については、1)循環器科(心臓)、2)脳循環内科、3)消化器科、4)呼吸器科、5)内分泌・糖代謝内科、6)腎臓内科、7)免疫内科(アレルギー科/リウマチ科)、8)血液内科を3つのグループ(A,B,C)に分け、3か月毎に各グループをローテーションし、9か月間ですべての内科系診療科で幅広い内科研修を行う。志望科コースでは、「志望科」(すべての診療科可能)での3か月の研修に加え、上記の内科系グループのうち2グループを選択し、各々3か月間研修し、計6か月間の内科研修を行う。「救急」については、両コースとも、主に総合診療部で3か月の研修を行う。総合診療部では1)総合内科外来、2)救急外来で紹介状のない初診患者および緊急受診患者を指導医とともに診療、初期対応する。また、各科での緊急受診患者の対応にも積極的に関与し研修を行う。さらに、2年間を通じて、研修当直を分担し、時間外の緊急受診患者の診療にも参加し「救急」の実戦的研修を行う。尚、より高度な救急医療の研修を希望する者については、二年目に「自由選択」として、大阪府立急性期総合医療センター救急部での3次救急の研修も可能である。
二年目は、両コースとも必修科目である「地域医療」(近隣の診療所での研修)を1か月、「選択必修科目」の「外科」、「精神科」、「小児科」、「産婦人科」、「麻酔」の5科目のうち2科目以上をそれぞれ1単位(1か月)以上最大3単位まで選択し、研修する。残りの期間は、「自由選択」となり、研修医の希望に応じてプログラムを設定する(すべての診療科での研修可能)。また、この「自由選択」期間にオプションとして、大阪府立急性期総合医療センター救急部での「3次救急」、国立病院機構近畿中央胸部疾患センターの呼吸器内科での「高度な呼吸器領域の研修」、国立病院南和歌山医療センター救命救急科での「過疎地域での地域救急医療」および富田林保健所などでの「地域保健・医療行政」の研修を選択することができる。

情報

募集定員 7名
応募必要書類 履歴書 /卒業(見込み)証明書 /成績証明書 /健康診断書
選考方法 面接
選考方法 筆記試験
給与 一年次
基本手当: 385140円/月
賞与:
※税込
二年次
基本手当: 385140円/月
賞与: 385140円/年
※税込
時間外手当て 有
休日手当て 有
勤務時間 8:30 ~16:30
休憩時間:60分
時間外勤務の有無:有
休暇 有給休暇(1年次):20日
有給休暇(2年次):20日
夏期休暇:有
年末年始:有
当直回数 月3~4回
研修医のための宿舎 寮:有
家賃補助:無
寮:院内宿舎
研修医のための個室 1室

お問い合わせ・お申し込み

求人担当者 役職: 管理課庶務係
氏名: 菅沼 清祐
Tel / Fax 0721-53-5761 / 0721-53-8904
E-mail suganuma.seisuke.mc@mail.hosp.go.jp
URL http://www.hosp.go.jp/~ommedc/