医療法人徳洲会 大隅鹿屋病院

市中病院

オオスミカノヤビョウイン

〒893-0015 鹿児島県鹿屋市新川町6081-1
電話番号を表示する 0994-40-1111
①鹿児島空港よりリムジンバス105分 鹿屋バスセンターから大隅鹿屋病院まではタクシー5分 ②鹿児島中央駅からの鹿屋バスセンターまで直行バス鹿屋バス120分 鹿屋バスセンターから大隅鹿屋病院まではタクシー5分

大隅鹿屋病院

マッチング専門研修内科外科総合診療

〒893-0015 鹿児島県鹿屋市新川町6081-1

資料請求

大隅鹿屋病院

“大隅半島の最後の砦”という意識が病院全体に共有されており、非常に“熱い”病院です!

雰囲気がとても良く、プライベートも大切にできる環境

雰囲気の良さは、大隅鹿屋病院の最大の特徴と言っても良いかもしれません。実際に見学に来る学生さんからも、「本当に雰囲気が良いですね」という感想を必ずもらいますし、初期研修医は全員、そのような印象を持っています。
各科の垣根もなく、外科のことが気になったら外科の先生に、内科のことが気になったら内科の先生に、すぐ質問できる雰囲気があります。またコメディカルの方々も非常に優しく、廊下ですれ違えば必ず挨拶をしてくれます。
この雰囲気の良さを作り出しているのが、なんといっても中山院長先生の存在です。こんなにみんなに愛されている院長先生は他にないかもしれません。当院は徳洲会系列病院ですが、徳洲会特有の「夜も眠れぬ忙しさ」はないように感じます。もちろん当直で忙しい日もありますが、on と offをくっきり分けて、仕事外の生活も大切にしています。

大隅鹿屋病院

型にはまらないフレキシブルな研修

この病院では、研修医の希望に合わせて柔軟な対応をして頂けます。例えば、内科研修中であっても、自分の患者さんが緊急手術になった場合、研修医の意思を尊重して手術に入ることができ、その後の経過も指導医と一緒に診ることも可能です。また外科研修中であっても、内科で珍しい症例があれば内科の先生方が声をかけてくれて指導してくれます。先生方がよく言われるのが、「全ての人に同じ指導をしていてもダメ。どんな研修医であっても1人前になれるように1人1人研修を変えることが必要」です。研修医の力量や症例数、手技数、不満などに応じて研修をより良くしてもらえます。私たちが希望した勉強会などは既に実行に移されています。大隅鹿屋病院の研修の特徴は、与えられて行う研修ではなく、自分たちが作っていく研修です。最低限の「型」はありますが、それ以上は自分たちで無限大にも広げられる研修システムです。

大隅鹿屋病院

一人の患者を最初から最後まで診ることができる、最後の砦

大隅鹿屋病院は大隅半島最大の病院で、いわゆる僻地であるため、医療施設にあまり恵まれていません。私たちが断ったら患者さんの行き場がなくなる!私たちが最後の砦だ!という思いで、患者さんに対応しています。このため当院には救急疾患はもちろん、めずらしい症例も含め多くの疾患が集まります。都会では医療施設が多くあることもあり、このような幅広い症例は経験できません。もちろん都会のように嵐のごとく救急車が来ることもありませんが、中身でいったら濃い症例を経験できると思います。
また、当院の位置する大隅地区も慢性的な医師不足に悩まされており、専門科だけの診療では破綻してしまいます。そのため医師ひとりひとりの守備範囲が広く、「田舎の病院でここまでやっているのか」と驚かれることもあります。General mindを持った上級医や指導医から直接指導を受けられるため、Hospitalist、Generalistを目指す医師にはうってつけの環境です。

大隅鹿屋病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直の回数は4回~5回程度(休日含)、当直中の救急対応は23時までの勤務で平均2台から5台程度。ウォークインが平均5名~10名程度で日に偏りはあります。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

マンツーマン指導となるため、必ず指導医もしくは上級医がいるので、わからないことはすぐに相談出来る体制を取っています。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

平日は23時までの準夜勤務で、準夜勤務翌日は9時出勤です。金曜日・土曜日は翌日が休日となる場合、19時から翌日9時までの当直勤務、明けは9時で帰宅となります。
土・日・祝日の日勤は、9時から19時まで勤務です。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

毎朝、前日の救急症例を指導医・上級医と共に振り返りを行います。同様に、20分間のERカンファレンスを月~金まで全科医局医師と行います。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

平日は、準夜勤務のない研修医は17時から18時頃には帰宅できます。土曜日・日曜日・祝日は日直・当直がない場合は基本的に休みとなり、病棟処置や救急対応で17時が過ぎる場合は、残業手当が支給されます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

内科、循環器内科がお勧めです。月曜日~木曜日に来てもらえると、検査や手技、外来が経験出来ます。外科も鹿児島県で専門研修基幹型病院は大学と当院だけなので、手術などの見学も可能です。もちろん、救急の見学中心で、土曜日・日曜日の見学も受け入れます。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

幅広い症例が経験したい!多くの手技を経験したい!やるだけでなくきちんとフィードバックを受けたい!フレキシブルにやりたい!という人には、とてもやりがいがある病院だと思います。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

面接と小論文がありますが、小論文はテーマを事前に教えてもらえるので、考えて準備することができます。面接は、院長、プログラム責任者、事務長、看護部長と行いますが、アットホームな感じなので、安心して受けて大丈夫です。

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

病院近くには、スーパー、ドラックストア、コンビニはあるので、生活には困りません。また居酒屋なども近隣にはあるので、立ち寄って食べて帰ることもあります。

体調管理をしていく上で重要となる「オススメの食事」「人気の場所」を教えてください。

医局、研修医室共に、カップラーメンなど非常用食は常時準備されています。特に研修医室は、スープやレンジで温められるごはんやおかずなどもあり、忙しい時にコンビニに買い物に行かなくても良いです!

一言メッセージ
小論文は、試験申し込み時に教えてくれて、事前に考えられるため、安心して試験に挑めます!
一言メッセージ

資料請求

大隅鹿屋病院 募集基本情報

募集定員
基幹型5名
応募必要書類
1.履歴書
2.成績証明書
選考方法
面接、小論文
想定年収(手当込み)

一年目 5,000,000円/年

二年目 6,000,000円/年

URL
http://www.oosumikanoya.com/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
内科、外科、総合診療
内科
https://recruit.icrip.jp/hospital/1290
外科
https://recruit.icrip.jp/hospital/331
総合診療
https://recruit.icrip.jp/hospital/2604

お問い合わせ臨床研修センター