埼玉県済生会 栗橋病院

市中病院

サイタマケンサイセイカイ クリハシビョウイン

情報更新日:2019/09/20

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6
0480-52-3611 / 0480-52-0954
東武日光線 南栗橋駅東口から徒歩5分

埼玉県済生会栗橋病院

マッチング

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

資料請求

済生会栗橋病院

自由度の高い研修なのに「充実の内科研修」や「勉強のサポート体制」で力がつく2年間

「common disease」&「手つかずの希少疾患」両方経験できるのがスゴイ!

当院は、埼玉県の北東部にある病院です。埼玉県は人口当たりの医師数が日本一少なく、その医師数の少ない埼玉県のなかでも、更に少ないのがこの埼玉県北東部です。そのため、プライマリで頻回に遭遇する「common disease」を豊富に経験できるのはもちろんのこと、大都会では経験することが難しい「手つかずの希少な疾患を最初に診断する機会」も得られるなど、幅広い患者の診療経験が可能であり、臨床医のスタートの地として、大変恵まれた環境に位置しています。「教科書でしか見たことのない疾患を、自分で診断した時の興奮」と、「自分で処方した薬や、関わった手術で、患者が見違えるほど元気になって退院する喜び」は、忘れられない経験になります。

済生会栗橋病院写真

「フレキシブルなローテーション」と「症例発表などのサポート体制」

充実した内科研修に加え、選択診療科では各種専門診療科はもちろんのこと、興味があれば在宅診療にも関わることができます。当院にない診療科は、大学病院の各診療科や精神科で名の通った久喜すずのき病院と連携を組んで、充実した研修プログラムとなっています。更に、院外の活動を積極的に行いたい研修医に対しては、研修医自身が行う学会での症例発表や講演活動についても、サポート体制が整っています。一般医師向けの内容から専門領域先端のことまで、当院医師が主催や演者を行う医療講演会が当地域で多数行われ、指導医とともに講演会に参加することで、院内では得られない知識や経験までをも得ることができます。

済生会栗橋病院写真

「非常に進んだタスクシフト」と「自由度の高い研修カリキュラム」で自分らしい研修が実現

採血や静脈確保、書類の下書き、患者家族との面談時間の打ち合わせなど多職種へのタスクシフトが非常に進んでおり、医師の業務に集中しやすい環境にあります。指導医の先生方そしてメディカルスタッフの方々が本当に優しいので、人間関係で悩むことはありません。診療に集中でき、自主的に勉強する時間も十分確保され、医局内や職種間の垣根が低く、些細な相談や質問が気軽に出来る点も魅力です。
研修カリキュラムも自由度が非常に高いため、各自のペースで研修したい方に向いている病院です。○○科を長く回りたい、エコーの特訓をしたい等、様々な希望を反映することが可能で、学会発表や論文投稿にチャレンジしたくなったら、手厚いサポートが待っています。

済生会栗橋病院写真

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

1年目の内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当院は二次救急対応病院です。当直は一か月のうちに最低3回入ればよく、最大で5回まで入れます。当院の当直は上級医の先生との二人体制ですので、マンツーマンで指導してもらえます。また、当直に入る日、つきたい上級医の先生、ウォークインか救急車対応かをすべて自由に決められるので、自分の臨床レベルに合った当直体制を選択できるのが最大の特徴です。

2年目の内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は救急車とウォークインに上級医が1人ずつ割り当てられており、どちらかにつくことになります。月の回数は3~5回と指定されており、月に4回前後入っている人が多いです。1回の当直で平均5-10件程度の対応なので、全く眠れないと言うことは殆どないです。当直明けは基本的に13時までで勤務終了となります。午後手術や検査がある場合等、夕方まで残って勤務することもありますが、研修医が早く帰るように気を遣って下さる先生方が多いです。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

上級医とマンツーマンで当直にあたります。最初のうちは知識が乏しすぎて上級医の先生の言われるとおりにしか動けないと思いますが、徐々に慣れてきたらウォークインのファーストタッチから任されるようになります。いきなり自分一人で対応しなければいけないような不安な状況にはならないので安心してください。自分の臨床レベルに応じて指導してもらえます。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

病院全体で行っている症例検討会やガイドライン学習会に月2回参加しています。各科で独自にフィードバックや症例レポート作成を行っている場合もあります。

「実際の研修中の勤務時間」を具体的に教えてください。

基本の勤務時間は9時~17時30分までですが、朝は8時~8時30分の間に、朝回診の為集合している科が多いです。退勤の時間は科によって様々であり、基本的には17時30分で解散となる科が多いですが、時々検査や緊急手術等の都合で遅くなる事もあります。また、原則土日・祝日は休みです。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

当院は内科系が充実しており、特に消化器内科や循環器科は症例数も多く、見学に来る学生が多いです。また、外科系は各々手術日が決まっているため、事前に確認することをおすすめします。

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

病院の目の前にセブンイレブンがあり、周囲は住宅と田畑が広がっています。最寄りの東武日光線南栗橋駅までは徒歩5分ほどと、とても近いです。また、職員用の無料送迎バスがJR栗橋駅まで朝夕数本ずつですが走っています。隣の東鷲宮駅や栗橋駅に住む人も多く、東京の実家から通う人も過去の研修医にはいました。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

比較的マイペースな人が多いです。研修システムも自由度が非常に高いため、各自のペースで研修したい方に向いている病院だと思います。エコーの特訓をしたい、○○科を長く回りたい等、様々な希望を反映して貰える他、学会発表や論文投稿についても希望すれば手厚くサポートして頂けます。また、都内の大学病院の関連病院であるため、大学での研修や見学も交渉次第で可能です。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

試験は面接のみで、病院長、副院長、臨床研修担当部長等、と行います。面接の内容もごく一般的なものであり、和やかな空気で行われます。何故当院を選んだのか、どんな研修を希望するか、将来の展望など、典型的な質問に対する回答を準備しておくと良いかと思います。和やかな雰囲気の中行われるので、リラックスして受ければ大丈夫です。特に病院長は非常に気さくな先生なので心配いりません。

体調管理をしていく上で重要となる「オススメの食事」「人気の場所」を教えてください。

昼食は職員食堂で食べる人が多いです。食券制で、1回につき250円と非常に安いです。メニューは定食と蕎麦うどんの2種類に分かれています。また、売店のパンも非常に好評で、数量限定ですが牛丼チェーン店のメニューの販売もあります。個人的には入職初日に食べた「チーズ入りはんぺんのから揚げ」が非常に前衛的なメニューで衝撃的だったのでぜひ味わってほしいです。

一言メッセージ
面接は、和やかな雰囲気の中行われるので、リラックスして受ければ大丈夫です。特に病院長は非常に気さくな先生なので心配いりません。
一言メッセージ

資料請求

埼玉県済生会栗橋病院 募集基本情報

募集定員
基幹型4名
応募必要書類
1.履歴書
2.医師免許証(写し)または卒業(見込み)証明書
3.成績証明書
選考方法
面接試験
想定年収(手当込み)

一年目 約5,400,000円/年

二年目 約6,300,000円/年

URL
https://www.saikuri.org/

お問い合わせ臨床研修担当 齋藤 静子