島根県立中央病院

市中病院

シマネケンリツチュウオウビョウイン

〒693-8555 島根県出雲市姫原 4-1-1
電話番号を表示する 0853-22-5111
出雲市駅より北へ約2km 徒歩・・約25分 車・・・約5分 JR出雲市駅より一畑バス日御碕線・大社線①・大社線③、スサノオ観光バス大寺線で「中央病院」下車

島根県立中央病院

マッチング専門研修内科外科救命救急科 総合診療精神科小児科産婦人科麻酔科整形外科

〒693-8555 島根県出雲市姫原四丁目1-1

資料請求

島根県立中央病院

毎日大きく成長できる!大切に厳しく育てる総合的、専門的医療実践の基盤を築く

「病院全体で研修医を育てていくという考えが根付いています!」

島根県立中央病院では、以前から自治医大卒業生の研修病院として若い医師を受け入れてきた背景があるため、病院全体で研修医を育てていくという考えが根付いています。組織的に研修医を受入れ、多くのコ・メディカルも積極的に協力し、指導する体制を構築しています。離島やへき地を多く抱える島根県唯一の県立総合病院として、ドクターヘリ搬送、ドクターカーが運用されている救命救急医療の現場において、適切な指導医と各診療科待機によるバックアップ体制の下、ウォークインから3次救急まで、断らない救命救急センターを体験できます。各診療科のローテーションの間も、定期的に救命救急センター時間外勤務を行い、自分のスキルアップを実感できます。臨床研修棟では、臨床経験7年未満の医師が科の垣根なく過ごす医局に個人用の机、書棚を並べ、日々切磋琢磨しています。良い研修カリキュラムとの自信を持っています。

島根県立中央病院

「島根県立中央病院では様々な指導体制で学べる臨床研修プログラムがあります」

指導医講習会を修了した100名を超える指導医が在籍しており、多職種による指導体制があり、当院の研修医は以下のことができるようになります。
1.すべての診療科で、豊富な偏りのない症例が経験できる
2.総合診療科を必修科とし、症候から自ら臨床推論する習慣を外来入院診療を通してを身につけることができる
3.救急専門医が多数在籍し、1次から3次救急まで受け入れる高度救命救急センターを整備しており、時間外でもきめ細かい指導がなされ、スタンダードな救急医療を修得することができる
4.地域医療プログラムには離島における診療も含まれ、医療資源が少ない環境での診療能力を身につけることができる
5.横断的な研修として院内感染防止などのチームの一員として活動できる
6.臨床研究の基礎的な事項を学ぶことができる

島根県立中央病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

時間外勤務は月4回です。上級医含めて3人~4人でERを担当します。日によりますが、5~10人程度の対応をします。研修医は救急車のファーストタッチやウォークイン患者さんの診察、アセスメントをして上級医に相談し、方針を決めます。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

研修医が病歴聴取後、診察を行い上級医(3~7年目)、指導医(8年目以上)がアセスメントします。最終的な判断は指導医が行いますので、患者さんを研修医の責任だけで帰宅させることは絶対にありません。自分の判断に自信が無く、指導医に確認をしにくい場合は、まず、上級医に相談をしてからということもしばしばあります。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

時間外勤務は、準夜勤務17時15分~翌2時、深夜勤務1時~8時30分に分かれています。次の日は必ず代休として休めます。無理のない勤務体制となっているので、身体をいたわりながら仕事をすることができます。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

2か月の救急のローテート中は毎週、火曜日と金曜日に朝カンファレンスがあり、救急外来でつまずいたり疑問に思った症例について発表し、それに対して上級医にコメントをもらいます。研修全体での振り返りとしては毎週木曜の行事として、研修医がつまずいた症例や反省した症例を発表し、研修医全体で共有する場があります。その時も上級医よりコメントをもらいます。このように振り返りの機会は整っています。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

ローテーション科での研修は、平日8時30分から17時15分です。土日祝日は休みです。勤務時間外にカンファレンス等ある診療科もありますが、基本的には定時に帰る事ができます。また、手術等で定時に退勤する事が難しい場合は、勤務時間外手当等対応があります。

一言メッセージ
気軽に相談に乗って下さる上級医の先生方が多く、安心して研修できます。そして研修支援センターのスタッフが優しくサポートをしてくれます!
一言メッセージ

資料請求

島根県立中央病院 募集基本情報

募集定員
12名
応募必要書類
1.島根県立中央病院(臨床研修医)採用選考試験申込書
2.履歴書
3.自己紹介書
4.卒業見込み証明書、もしくは卒業証明書
5.医師免許証の写し(免許を有している者)
6.返信用封筒
選考方法
作文試験、面接試験(新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点からやむを得ず会場にお越しいただけない場合には、Webでの試験を実施しますのでご相談下さい。)
想定年収(手当込み)

一年目 約4,930,000円/年

二年目 約5,790,000円/年

URL
https://www.spch.izumo.shimane.jp/resident/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
内科、外科、救命救急科、総合診療、精神科、小児科、産婦人科、麻酔科、整形外科
内科
https://recruit.icrip.jp/hospital/1026
外科
https://recruit.icrip.jp/hospital/3101
救命救急科
https://recruit.icrip.jp/hospital/188
総合診療
https://recruit.icrip.jp/hospital/2545
精神科
https://recruit.icrip.jp/hospital/733
小児科
https://recruit.icrip.jp/hospital/3050
産婦人科
https://recruit.icrip.jp/hospital/438
麻酔科
https://recruit.icrip.jp/hospital/3151
整形外科
https://recruit.icrip.jp/hospital/2303

お問い合わせ臨床教育・研修支援センター 医師研修支援員 原 友紀