公益財団法人東京都保健医療公社 東部地域病院

市中病院

トウブチイキビョウイン

情報更新日:2019/04/16

〒125-8512 東京都葛飾区亀有5-14-1
03-5682-5111 / 03-5682-5132
JR常磐線亀有駅 徒歩3分

公益財団法人東京都保健医療公社 東部地域病院

マッチング専門研修麻酔科

〒125-8512 東京都葛飾区亀有5-14-1

資料請求

東部地域病院

アットホームな環境、自由度の高いプログラム、都立病院・大学病院とコラボした充実の初期研修

生活環境抜群!亀有という賑やかな街の駅から歩いて3分!都心へ出るにも便利!

東部地域病院は亀有駅から歩いてすぐ3分のところにあります。亀有は東京都の東北部に位置しており、北千住駅から常磐線で5分程度の場所です。北千住駅にはたくさんの路線が発着しており、都内の様々な場所に行くことができます。アクセスが良いため電車で通っている研修医が多いです。仕事終わりや休日など、遊びに行ったり飲みに行ったりするのはとても楽しいですね!亀有はまた、下町の雰囲気を色濃く残しており、とても活気のある賑やかな街です。大型ショッピングモールやデパートもあり、駅周辺で大体のものは揃えることができます。都内では家賃等もかなり安い方なので、とても生活しやすい環境だと思います。

東部地域病院

都立墨東病院や順天堂大学病院での専門性を高める研修が可能!

必修である救急医療(ER)、精神科、産婦人科は、連携している都立墨東病院や順天堂大学附属病院で研修を行います。また、2年目にはこの2病院で更に専門性に磨きをかける選択科目が多数用意されています。東部地域病院にはない診療科をこれらの病院で研修できることも魅力のひとつです。また、後期研修にこれらの病院を考えている場合には、実際に希望診療科で研修することにより、後期研修のイメージが湧きやすいと思います。私はもともと内科志望であったため、2年目に血液内科、膠原病内科、糖尿病内分泌内科などを順天堂大学病院で研修しました。いずれも大学病院でしか診られないような症例を診ることができてとても有意義でした。当院は中規模の病院であり、全ての診療科が揃っているわけではありませんが、このような連携病院で研修することができますので、将来の進路を考える上でも有益だと思います。

東部地域病院

全14病院が集結!後期研修は都立・公社の「東京医師アカデミー」がバックアップ!

当院は麻酔科専門研修の基幹型なので麻酔科の後期研修医に加え、内科、外科にも各1人ずつ後期研修医がいますが、すべて「東京医師アカデミー」の研修生です。東京医師アカデミーとは、「総合診療能力を備えた、社会のニーズに応えた質の高い専門医を育成する」というコンセプトのもとで、都立・公社の14病院が参加する専門医養成組織です。自治体である東京都が運営する信頼性の高い仕組みの中で、充実した研修と専門医取得に向けた全面的なバックアップが期待できます。さらにサブスペシャリティレジデントやクリニカルフェローの制度も併設されているので、医師としての将来を考えていく上でとても良い環境が提供されていると思います。

東部地域病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直回数は月4回です。患者数はひと晩で4~5人くらいです。診察の流れは、まず研修医が診察して所見を取り疾患の鑑別をあげます。次に上級医にプレゼンし、検査・治療方針について相談します。画像の読影や治療方針について不安な場合は各科にコンサルト可能です。当直室も個室が与えられ、シャワールームもあります。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

初期研修医はローテート中の診療科の指導医以上の先生と2人で当直します。よく知っている先生につくことができるので非常に安心です。診察中も必ず指導医がついてくださるので、自主的に診察に取り組める一方、困った時はいつでも相談できるフォロー体制が整っています。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

当直明けは、原則として勤務となりますが、半日で帰れることが多いです。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

ローテートしている診療科での振り返りやフィードバックは上級医の先生によりその都度行われます。また、月1回症例検討会が院内で開催されるため、ローテートしない他の診療科の症例も学ぶことができ、機会があれば研修医も発表することがあります。毎年行われる東京医師アカデミーでの発表会もあり、プレゼンテーションの機会が提供されます。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

ローテート中の診療科によって異なります。内科は8時半から18時くらいのことが多く基本的に土日曜は休みですが、循環器内科はICUの患者さんの状態による部分があります。外科や麻酔科はオペ次第のところがありますが、大体18時~19時前後で業務終了となることが多いです。墨東病院でのER研修は8時から18時のシフト制かつ土曜も通常勤務です。順天堂大学病院は第2土曜以外は午前中通常勤務となっています。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩むが医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

内科志望であれば消化器内科、呼吸器内科、循環器内科がオススメです。消化器内科は何曜日でも大丈夫かと思います。呼吸器内科は気管支鏡検査がある月・木が、循環器内科であればカテーテル検査日の火・木がオススメです。外科を見学したいなら、手術日の月・水・金が良いと思います。また、他の科も見てみたい、研修医と話す時間がたくさん欲しい、というような要望があればフレキシブルに対応できるので相談してください。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

研修医は1学年4人と少人数なので、みんなで一致団結して協力しあう雰囲気が自然と出てきます。年齢も幅広く、現役生だけでなく再受験生・浪人生・留年生・国試浪人生・海外大学出身者など様々なバックグラウンドを持った個性的なメンバーが多いのが特徴です。今までの知識や経験を活かし、じっくり研修したい人に向いていると思います。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

面接では一般的な志望理由、性格、部活、趣味などを聞かれ、今までの経験をどう研修に活かせるかなどの具体的なエピソードを含めた話ができるといいと思います。和気あいあいとした雰囲気で進むのでリラックスして臨んでください!筆記試験対策は、医学部受験用の小論文の本を読むといいです。具体的には「なぜ医師を目指したか」といったようなお題です。

「休日のおすすめスポット」「どのように過ごしている先生」が多いのか教えてください。

休日は仕事がなければ完全にフリーなので、家族で出かけたり家事をしたりと自分の時間を楽しんでいます。時間がある時はもちろん勉強もしていますよ。

体調管理をしていく上で重要となる「オススメの食事」「人気の場所」を教えてください。

昼食は基本的に回っている診療科の先生で一緒に食べることが多いです。病院の食堂はボリュームもありとても美味しいです。ご飯の量の調節や小皿の調節は可能です。私は食費節約のためにお弁当を持参しており、電子レンジであたためて食べています。医局にはドリップコーヒーや紅茶・お菓子などが常備され、いつでも飲食可能です。コンビニ自販機もあり、24時間使用可能です。当直の時は出前を取ることもあります。

一言メッセージ
先生だけでなく看護師さんや他のスタッフも含めてアットホームな雰囲気の病院なので、ぜひ気軽に見学に来て下さい!
一言メッセージ

資料請求

公益財団法人東京都保健医療公社 東部地域病院

募集定員
基幹型4名
応募必要書類
1.研修申込書
2.履歴書
3.卒業(見込)証明書
4.成績証明書
選考方法
書類・小論文・面接
想定年収(手当込み)

一年目 4,000,000円/年

二年目 4,000,000円/年

URL
http://www.tobu-hp.or.jp/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
麻酔科
麻酔科
https://recruit.icrip.jp/hospital/2859

お問い合わせ庶務課臨床研修担当 加藤 匡治