医療生協健文会 宇部協立病院

市中病院

ウベキョウリツビョウイン

〒755-0005 山口県宇部市五十目山町16-23
0836-33-6111 / 0836-39-6920
JR宇部岬駅徒歩10分

医療生活協同組合健文会 宇部協立病院

マッチング

〒755-0005 山口県宇部市五十目山町16-23

資料請求

宇部協立病院

埋まった杭は出る杭に、出る杭は柱になれる
~研修医の希望に寄り添う自由度の高い研修で、充実した2年間を~

中小病院だからこそ身につく医師としての総合的な能力!

中小規模の病院であるため、rareな症例はそれほど多くありませんが、逆に初期研修医が診るべきcommonな症例は非常に豊富です。そういった症例を指導医に見守られながらも「主治医」として自分で治療方針を立てて、説明を行うため、緊張感はありますが、成長を日々実感することができます。初期研修で学ぶべき症例や手技は優先的に研修医に回ってくる仕組みがあり、また研修医の定員が1学年2名と少ないので、数をたくさんこなすことができ、2年間で一通りのことができるようになるのが当院の良いところです。

宇部協立病院

研修医が自らデザインする研修プログラム!

研修医ひとりひとりへのサポート体制が充実しているので、自分がやりたいと思ったことを何でも叶えてくれるのが特徴です。また、研修プログラムの自由度が高く、研修する診療科や期間、研修場所を自由に選択することができます。例えば、研修医が「県庁や保健所等での行政研修をやってみたい!」という希望があった場合も、病院が調整して実現しています。つまり、やる気があってバリバリやりたい人も、自分のペースでゆっくり研修をしたい人も、どんな人でも自分に合った研修を一緒に作り上げてくれる病院だと思います。

宇部協立病院

「159床の本当にアットホームな雰囲気」と「充実した研修環境」!

病院が小さいので、医師をはじめとした病院職員がみんな顔見知りで、アットホームな雰囲気があります。なので診療科をローテートする際にありがちな人間関係のリセットがなく、研修に集中することができます。医局のデスクとは別に、息抜きのための研修医室があり、電子カルテ、wi-fiが整備されていて、on環境もoff環境も充実しています。指導医はベテランの医師が多いですが、とてもやさしく研修医の疑問に対して答えてくれますし、診療科や職員同士の垣根が低く、相談しやすい環境で、臨床で必要な多職種とのコミュニケーションスキルも身につきます。

宇部協立病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直の回数は要望に合わせて調整してもらえます。多くても月4回くらいです。平均で5件~10件の対応を、指導医1名と初期研修医1名(または2名)で対応します。最初は見学から入りますが、適宜評価を行いながら、ステップアップし、最終的には指導医の監督下でファーストタッチを行うレベルまで到達します。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

救急の場面では2年間を通して常に指導医とマンツーマンの体制を取ってもらえるので、安心して相談することができます。

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

当直明けの日は午後からの休みが保障されています。患者対応等で取れないことも稀にありますが、基本的にお休みをもらえます。当直明けは、ゆっくり自由な時間を過ごせます。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

週1回、指導医との振り返りの時間が確保されており、その場でフィードバックを受けることができます。また毎週木曜日の午後に研修医カンファレンスを実施しており、その場で経験症例を研修医間で共有するとともに、指導医、上級医に助言をもらうことができます。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

朝の8時から夕方の18時くらいまでが実質的な勤務時間になります。イレギュラーなことが起こった際や、院内で学習をしたいときにはもう少し遅くまで残ることもありますが、20時には帰っていることがほとんどです。土曜日は月1回お昼までの勤務がありますが、定められたdutyは基本的にありません。日曜・祝日はお休みなので、よほど気になる患者さんがいない限りは出勤しません。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

病院の特徴として総合診療科や在宅医療に力を入れているので、興味があれば月・水・金あたりがいいと思います。その他には特別この日がいいということはありませんが、研修医同行をメインで考えた方が研修の雰囲気がきちんと掴めていいと思います。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください。

病院自体がアットホームな雰囲気で研修医を温かくサポートしくれるので、控えめの人でも積極的な人でも、どんな人でも研修に向いていると思います。埋まった杭は出る杭に、出る杭は柱になれる病院です。

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

採用試験は面接だけです。面接といっても雑談もありつつの、終始和やかな雰囲気なので、心配はいりませんよ。

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

病院の周りにコンビニやスーパー、飲食店、複合商業施設があります。歩いてでも行けますが、自転車や車があった方が便利です。空港が徒歩圏内にあり、飛行機の出発時刻の30分前に病院を出れば間に合うほどなので、東京がとても近く感じます。

体調管理をしていく上で重要となる「オススメの食事」「人気の場所」を教えてください。

病院での昼食はお弁当がメインですが、意外とおすすめなのが「病院食」です。独自のシステムで自分の食事をオーダーできるようになっていて、その日の体調に合わせて食事を選べます。研修医の間はとにかく栄養が偏りがちになりますが、栄養士さんが考えてくれた美味しい食事を3食きちんと取ることができます。

一言メッセージ
研修医に対するフォローが病院全体で厚くなっています。リラックスでき、のびのびと研修できる環境です。
一言メッセージ

資料請求

医療生活協同組合健文会 宇部協立病院 募集基本情報

募集定員
基幹型2名
応募必要書類
1.履歴書
2.卒業見込証明書
3.成績証明書
選考方法
個人面接
想定年収(手当込み)

一年目 6,000,000円/年

二年目 7,000,000円/年

URL
https://mcoop-kenbun.jp/

お問い合わせ医局秘書課 吉田 和広