社会医療法人緑泉会 米盛病院

市中病院

シャカイイリョウホウジンリョクセンカイ ヨネモリビョウイン

〒890-0062 鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目7-1
099-230-0100 / 099-230-0101
九州新幹線、鹿児島本線、指宿枕崎線 鹿児島中央駅 東口から車で約10分

社会医療法人緑泉会 米盛病院

マッチング専門研修整形外科救急科

〒890-0062 鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目7-1

資料請求

米盛病院

少人数制だから叶う、ファーストタッチから携わる環境。
トライ&フィードバックによる着実なスキルアップ。

一人ひとりに寄り添う丁寧な指導でカリキュラムを確実にクリア。
プライベートも確保できる充実した2年間。

米盛病院は2022年度から基幹型臨床研修病院として初期研修の受け入れをスタートする、506床の急性期病院です。2014年の新築移転を機に最新鋭のハイブリッドERや民間医療用ヘリを導入しており、身近な症例から多発外傷などの超急性期まで、外科系・内科系を問わず、初期研修のうちに経験すべき症例が多く集まることが特徴の一つです。

私たちは、初期研修で大切なことは、一つひとつのカリキュラムをしっかりクリアすることだと考えています。研修医一人ひとりに考え方や得手不得手があると思いますので、無理のないペースで着実なスキルアップを目指します。また、当院の初期研修募集枠は2名と少人数制なので、一人ひとりの興味や進みたい方向に合わせてフレシキブルに対応できるよう準備しています。

原則、週5日勤務なのでプライベートも確保でき、街でのショッピングはもちろん、山・海・川・温泉・離島と遊びのすべてがそろった鹿児島を十分に楽しむことができます。「プライベートも考慮しながら多くの症例にあたって必要なスキルや考え方を身に付けたい」、「初期研修のカリキュラムをしっかり学びたい」という方は、ぜひ米盛病院をご検討ください(^^)

米盛病院

体系的に学ぶプライマリ・ケア。
『各科専門医との協働』で得られる知識と経験。

当院救急科は独立型で運営しており、救急科において治療の完結を目指しています。初期治療から専門治療、リハビリまで患者様と継続して関われるため、体系的にプライマリ・ケアを学ぶことができます。

救急科には内科系および外科系の専門医が所属していますが、各科(整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、循環器内科など)の専門医と協働する機会も多く、幅広い知識や経験を得ることができます。

また、救急患者受入においては、救急車だけでなく「米盛病院救急相談ダイヤル#7099」(急な体調不良時の電話相談。救急救命士が医師協力のもと電話トリアージを実施しています)経由のウォークイン外来もあるため、軽症・重症、診療科を問わず、多様な症例に携わることができます。
なお、一般内科外来は週5日実施しており、初期研修で経験すべきコモンディジーズを外来から入院まで一通り経験いただけます。

米盛病院

将来像を描ける豊富なロールモデルの存在。
初期研修修了後も継続した専門研修が可能!

米盛病院では専門研修として整形外科プログラム・救急科プログラムがあり、初期研修修了後も継続した研鑽が可能です。現在、ロールモデルとなる先輩(専攻医)も複数名在籍していますので、気軽に相談できる環境があります。

さらに、専門研修修了後も引き続き経験を積むことができます。
・整形外科と救急科のダブルボードを目指したい
・サブスペシャリティ領域である脊椎脊髄外科指導医、外傷専門医のプログラムへ進みたい
・集中治療に進みたい など

現在、整形外科には20名強、救急科には10名強の常勤医が在籍しています。様々な専門や経歴を持っているので、進路相談においても心強い存在です。

米盛病院

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直体制は上級医2~3名プラス研修医となります。上級医に相談や質問ができる環境ですので、ご安心ください。診療科にもよりますが、当直回数は月5回(平日4回+日祝1回)程度です。当直中の救急対応平均件数は、救急車3~5件程度、ウォークイン10~15件程度です。
救急車やウォークインが多く忙しい日もありますが、件数が少ない日などは十分な仮眠をとることが可能です。

「上級医や指導医へ相談できる」環境があるのか具体的に教えてください。

診療には指導医や上級医が一緒にあたりますので相談しやすい環境があります。当院は募集定員2名と少人数制なので、一人ひとりへの手厚いフォローが可能です。
また先輩(専攻医)も在籍しているので、診療に関することはもちろん、オーダーの仕方や指示の仰ぎ方、今後の進路についてなど、日常的なことも気軽に相談できます。
※メンター制度あり

「当直明けの勤務有無」「勤務体制について」具体的に教えてください。

日勤は週5日(8:30~17:30)の勤務です。基本的に当直明けは8:30~12:30まで勤務した後、帰宅可能です。“心身を休めることも仕事のうち”という方針なので、休みは確保できます。

「振り返りフィードバック」「他の研修医が経験した症例を学べる勉強会」などの具体的な内容を教えてください。

毎朝カンファレンスへの参加はもちろん、プレホス出動後のフィードバックなど各種振り返りに参加できます。また、振り返りについてはカリキュラムを基に一人ひとりの習熟度にあわせたフィードバックを行っていきます。指導医は参考書を一緒に確認するところから寄り添いますので、どうぞご安心ください。

「実際の研修中の勤務時間」「土曜日の勤務体制」「勤務の場合は何時から何時くらいまで勤務」しているのかを具体的に教えてください。

勤務時間(8:30~17:30)以外の固定業務は想定していません。土・日・祝の勤務および日当直は、シフトに基づきます。基本、週5日勤務なので休みが取れないとうことはありません。オンオフの切り替えができる環境です。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

独立型として運営している救急科では、初期治療からリハビリまで救急医が担当します。内科系・外科系に関わらず様々な専門医が在籍しているので、幅広いお話ができると思います。もちろん、整形外科などご興味のある科があれば、ぜひリクエストしてください。見学は基本的に平日のみ(土日祝は一般外来・手術がお休みのため、平日の方が病院の雰囲気を感じられると思います)ですが、都合がつかない場合はお気軽にご相談ください。

「研修医の雰囲気」「どんな人が病院に向いているのか」教えてください

当院としては、どんな方が米盛病院に合っている・・・というのは、ないと考えています。いろんなタイプの研修医がいて良いと思いますし、どんな方にも来て欲しいと思っています(^^)
2022年度の初期研修医の方々が第一期生になるので、指導医も一緒に良い雰囲気をつくっていきたいと考えています!

面接や試験内容に不安を抱く医学生に対して、アドバイスやリラックスできるコメントをください。

採用面接のみになります。形式張った面接というよりも当院理事長(院長)と語り合っていただくというイメージが近いかもしれません。将来の目標や医療への思いなどをご自身のことばでお話いただければ大丈夫です!どうぞ普段通りのご自身の姿で臨まれてくださいね。

「病院の周辺環境をイメージできる内容」を教えてください。

鹿児島市は人口約60万人の地方都市です。当院は市の中心部にあり、九州新幹線が停車する「鹿児島中央駅」まで車で約10分とアクセスも良好です(博多まで片道約80分)。
また、病院の近隣には商業施設があり、大型スーパー、ホームセンター、映画館、カフェ、飲食店、専門店が揃っているので、日常の買い物には困りません。
休日はショッピング、外食はもちろん、山・海・川・温泉・離島などのレジャーも気軽に楽んでいただけます。

体調管理をしていく上で重要となる「オススメの食事」「人気の場所」を教えてください。

職員食堂では、ボリューム満点の日替わりランチ2種類、麺(中華麺、うどん、そば)、カレーを300円~500円の低価格で提供しています。院内にはカフェ(シアトルズベストコーヒー)とコンビニ(ファミリーマート)があり、カフェのランチセットは職員割(500円)で食べられます。コンビニは朝7時から夜9時まで営業しているので、飲食やちょっとした買い物に困ることはありません。ATMもあるので便利です。

一言メッセージ
医師としてスタートをきる大切な2年間です。カリキュラムを一つひとつ一緒にクリアして、自信をつけていきましょう!(初期研修担当医 救急科 梅澤耕学)
一言メッセージ

資料請求

社会医療法人緑泉会 米盛病院 募集基本情報

募集定員
基幹型2名
応募必要書類
1.履歴書
2.成績証明書
3.卒業(見込み)証明書
選考方法
面接
想定年収(手当込み)

一年目 7,110,000円/年

二年目 7,370,000円/年

※月5回×12カ月当直に入った場合の想定年収です。
※月5回×12カ月の当直は必須ではありません。

URL
https://www.yonemorihp.jp/recruitsite/
Web病院説明会
当院では初期研修・専門研修に関する病院見学を随時受け付けておりますが、様々なご事情から見学にお越しいただくことが難しい場合もあるかと存じます。
そこで、Zoom等によるオンライン個別説明会・医師懇談会を企画いたしました。 ぜひ、お気軽にご参加ください。
▼詳細はこちら▼
https://www.yonemorihp.jp/recruitsite/resident/online-guidance/
《専門研修基幹型情報》
基幹型
整形外科、救急科
整形外科
https://recruit.icrip.jp/hospital/660
救急科
https://recruit.icrip.jp/hospital/215

お問い合わせ医師採用事務課 畠中、白石