どこかに医学部スクールアイドルはいませんか?

2020/11/27

みなさんこんにちは。新人スクールアイドルの佐倉です。
今期はラブライブにはまりすぎてブログ書くの忘れてました。。。
 
うだるような暑さが続いた夏が終わり、季節はすっかり秋(というかもはや冬)
卒業試験シーズンも終わりを迎えたころですが、卒試後はどうしても気が抜けてしまいますよね。
 
勉強にどうしても身が入らない。。。
そんなあなたにオススメなのがラブライブですよっ!ラブライブっ!!
 
 
『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』、だまされたと思って最初の6分見てください!
 
今期のラブライブの良さはあえて説明しません。
うまく言語化できない。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。
 
それに見る方がはやいっ 百聞は一見に如かずです
最初のライブシーン『CHASE!(優木せつ菜)』を見終わるころには、すでにあなたは立派なラブライバー!
 
 
現時点では歩夢ちゃん推しなのですが、かすみんもせつ菜もすばらしい…
他のみんなも出番増えるにつれて、魅力マシマシで、もう決めきれない…
 
ってことで虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会は箱推しです╭( ・ㅂ・)وグッ
というかμ’sもAquorsも含めてラブライブ全推しです╭( ・ㅂ・)وグッ╭( ・ㅂ・)وグッ
 
 
そんなこんなでラブライブの宣伝が終わったので、今回は『虹が咲学園』にちなんで『虹』に関する問題をみていきましょう。
※注 むりやり絡めただけで、実際はほとんど関係ありません。
 

 

そもそも緑内障とはなにか?

ということで唐突に疾患解説へ突入。まずは問題で腕試し。
(※以下Androidとそれ以外(PC・iOS)で少し表示内容が異なります。)

〈103D-16改〉 緑内障の診断に有用なのはどれか。2 つ選べ。
A:眼底検査
B:視野検査
C:眼圧検査
D:調節検査
E:細隙灯顕微鏡
〈答え〉A、B

〈解説〉
「C:眼圧検査」を選んだ人は要注意!緑内障を理解できていない恐れがあります!
緑内障の定義を正しく説明できますでしょうか?

 
 
緑内障は『不可逆性の特徴的な視神経・視野障害』を呈する疾患と定義されます。
 
つまり、そもそも緑内障の定義に眼圧は関与しません。
そのため緑内障の診断に『眼圧測定は必要ない』のです。
(眼圧測定は緑内障のなかでの「病型鑑別診断」が目的)
 
定義を知っていれば、緑内障の診断には
・視神経障害を確認するための「眼底検査」
・視野障害を確認するための「視野検査」
が有用と導けます。
 

〈105A-06改〉 原発開放隅角緑内障で病初期からみられるのはどれか。
A:眼痛
B:視力低下
C:角膜浮腫
D:虹彩萎縮
E:傍中心暗点
〈答え〉E

〈解説〉
緑内障の症状は「視野障害」が定義です。
A、Cは緑内障の症状ではなく、「高眼圧」の症状です。
ちなみに特徴的な視野障害というのは「Mariott盲点の拡大→傍中心暗転→弓状暗転(Bjerm暗転)→鼻側階段→求心性視野狭窄→失明」のこと。

 

緑内障と眼圧の関係

とはいっても、『緑内障といえば眼圧』と捉えている人も多いのではないかと思います。
ではどこから緑内障と眼圧の関係性を導いてくればよいのでしょうか?
 
実は緑内障の定義の後半には眼圧に関する記載が出てきます。
 
『不可逆性の特徴的な視神経・視野障害』があり、かつ『眼圧低下によって進行抑制可能』な疾患というのが緑内障の正しい定義です。
つまり緑内障と眼圧は『診断』の段階ではなく、『治療』の段階で関係が出てくるのです。
 
「緑内障は眼圧が高い!」なんてことは定義には一言も書いてありません。
 が、
「眼圧を下げれば進行抑制できる!」とは書いてあります。
 
これが緑内障と眼圧の正しい関係性。
定義に含まれているから、緑内障の治療は『眼圧を下げること』と言えるのです。

〈国試110D37〉 58 歳の男性。左眼の視野狭窄を主訴に来院した。喘息と閉塞性動脈硬化症に対し内服治療中である。視力は右 0.1 ( 1.2 ×- 3.5 D)、左 0.1 ( 0.9 ×- 4.5 D)。眼圧は右 24 mmHg、左 29 mmHg。角膜は両眼とも清明で平滑である。前房は深く、清明である。両眼の視野検査にて特徴的な視野障害を認める。
 治療として適切な点眼薬はどれか。
A:縮瞳薬
B:抗菌薬
C:β 遮断薬
D:副腎皮質ステロイド
E:プロスタグランディン関連薬
〈答え〉E

〈解説〉
眼圧降下作用が強い薬は「C:β遮断薬」「E:プロスタグランディン関連薬」で、かつ効果は「C:β遮断薬」の方が強いとされています。
しかし「C:β遮断薬」は投与できない患者が一定数いることなどを総合的に考慮して、「E:プロスタグランディン関連薬」が緑内障治療の第一選択薬となっています。
今回はまさに「喘息だからβ遮断薬は投与できないので、プロスタグランディン関連薬を用いる」という典型的な理論構成となっている問題です。

 

治療の選択

緑内障の治療は眼圧を下げるというのが定義から導ける(というかそのまま書いてある)ことがわかったところで、最後の混乱ポイントを整理。
 
それは『いつ』『どうやって』眼圧を下げればよいかの使い分けです。
ちょうどよい問題があるので解いてみましょう。

〈国試113F55改〉 68 歳の女性。 5 か月前からしばしば眼痛、虹視および軽度の頭痛を自覚しており、精査を希望して来院した。視力は右 0.3 ( 1.0 ×+ 2.5 D)、左 0.2 ( 1.0 ×+ 3.0 D)。眼圧は右 19 mmHg、左 24 mmHg。左眼の細隙灯顕微鏡では狭隅角を認める。
 適切な対応はどれか。
A:アトロピン点眼
B:副腎皮質ステロイド点眼
C:高浸透圧利尿薬点滴
D:レーザー虹彩切開術
E:硝子体手術
〈答え〉D

 
なぜ選択肢Cではだめなのか、説明できますか?
「高浸透圧利尿薬は眼圧上昇の程度が高度のときに使う」と説明してくれる学生によく出会いますが、それは論理的に適切ではありません。
 
選択肢Cは体液を尿として排泄する治療です。
なので水を飲めばもとに戻ってしまう、一時的な効果しかない。

一時的な効果しか認めない治療は『発作(有症状時)』に対して適応になります。
 
この患者さんは眼痛・虹視・頭痛がみられているので発作はしばしばきたしています。
しかし今は発作はありません(主訴に書いてないですね)。
 
つまり『現時点では発作を来していないから、発作に対して適応となる選択肢Cは✕』というのが簡潔な理論構成となります。

 

ちなみに。。。

先ほどの問題(113F55)は、さらっと緑内障として出題しちゃいましたが、視野障害を証明していないので緑内障とは言い切れません。
問題テーマを正しくつけるとしたら、
『高眼圧発作(眼圧上昇発作)を繰り返す狭隅角患者におこなう適切な治療』
ですかね。
 
緑内障の症状は『視野障害』であり、『眼痛』ではない。眼痛は『高眼圧』の症状。
なので僕個人としては、閉塞隅角緑内障患者が訴える急激な眼痛・頭痛を『緑内障発作』と呼ぶのは好きではありません。
理論的に正しくつけるなら『(隅角閉塞による)高眼圧発作』がよいんじゃないかなぁと思ってたり。。。

 

コメント

  1. 田村ゆかりさんじゅうななさい

    虹ヶ咲いいですねー
    見たいですが、μ’sとAqoursにドハマりしていたため、見るとえらいことになりそうなので国試後にしておきます。
    個人的に好きなのは(声優陣)久保田未夢さん(プリパラ全部見ました)と楠木ともりさんなのですが、鬼頭明里さんがナントカの刃で大ブレイクしてしまったのでイベントの日程とか合わせるの大丈夫なんかなと勝手に心配しています。
    話は変わりますが、今回の問題は最初の問題以外は合っていました(最初は見事に引っかかりました笑)
    冬MEC頑張ります。

    1. Dr.佐倉

      コメントありがとうございます!
      ラブライブは他のにもハマっているのであれば、今作もきっとどハマりします!笑
      国試後の楽しみとしてぜひともストックしておきましょう(*・∀・)

      わかります!みゆたんもともりるもいいですよね〜
      僕はワグナーなのですが、iRisは触れてきていなかったので、今回をきっかけにiRisにもハマっていきたいなと思ってます
      コロナで社会情勢もいろいろとありますが、虹ヶ咲含めて、いろいろとライブが開催できるようになってほしいところです。
      (ちなみに僕は虹ヶ咲声優ではめっちゃ僅差でみんな大好きですが、なっちゃん・ちぇみー推しです)

      最初の問題はだいたい引っかかるのではないかと思います!
      正しく理論展開していくと実は学生が全く勘違いしているという内容は、国試範囲でもたくさんあるのですっ
      今後もそんな内容を取り扱っていきたいなと思ってますので、ひっかからないように気をつけてみてください笑
      冬メックファイトです(。ゝ∀・)b

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>