引越しのすゝめ

2018/10/12

1年くらい前に引っ越したのですが、引越してみて本当にいいことしかない件について。

まず、立地については前の家のすぐ向かいに引っ越したので周辺環境は全く変わっておりません。
しかし引っ越してみてとてもよかったことが沢山ありました!
引越しは色々と面倒くさいものですが、去年引越しておいて本当に良かったと感じ入る1年でした。

良かったことその1:黒板がおっきくなった
前の家にもあったんですがね、黒板。
使ってて、どうしても小ささが目立ったので、実用的なサイズのものに作り替えました。
無題
あれ、写真だとサイズ感が伝わりにくい…、しかし大きさ自体はかなり大きくなりました!
これくらいの大きさがあると一つの項目の板書が全部入る感じなのでかなり本格的に練習ができます。
(画面はたまたま滅多にやらない4年向け生講義の内容で入り切ってませんが、6年向けの普通の医学なら全部入ります…)
引っ越す前は、スタッフにお願いして東京校のスタジオや小教室を借りたりしていたのですが、
それもご迷惑ですし移動の時間も勿体無いので、今は全部自宅で出来るようになっています。

良かったことその2:BSが入らない
前の家は建物ごとBSに加入されていたのか、アンテナだけつなげばBSが受信出来ました。
今の家は築年数が古く、建物ごと契約?しているわけではないようで、
見たければ自分で契約してBS用のアンテナなどを設置しなければならないんだそうで…。
そうとは知らず引っ越してしまい、「これじゃあ野球が観れない!契約しなきゃ!」と思ったまま1年が過ぎました(笑)
もちろん野球は観たいんですけど、やっぱりテレビつけちゃうとついダラダラしちゃうので、
観れないなら観れないでまあいいのかな…という気持ちになってきて、もう契約はしないと思います。
日本シリーズとかは地上波でやるので観てますよ!問題は巨人が日本シリーズに出てくれないことですが

良かったことその3:仕事部屋とそれ以外を分けることが出来た
家族と生活をしていた頃は、自分の部屋は当然一つなので、勉強も遊びも寝るのも全て同じ部屋でした。
一人暮らしをしてからも、ほぼワンルームだったので同様。
今は「黒板・本棚やデスクのある仕事部屋」「遊びやご飯食べるのに使う部屋」「寝たり身支度する部屋」など部屋を分けています。
これが思っていた以上に効果的でして、本当に頭を切り替えることができて素晴らしいなと思っています。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - –

概して思い知ったことは「環境の大事さ」です。
勉強や仕事に集中できるかどうかは、意思の強さや、やるべきことを楽しいと思っているかどうかも
無いとは言いませんが、結局は「やるべきことをやれる環境になっているか」というのがとても大事な気がします。

例えば私は前の家までは結構ものを散らかす方だったのですが、
今の家に引っ越してからは一度も散らかしたことがありません。
それは「物の置き場所」を作るようにしたからです。かばんや上着を掛ける場所、充分に収納できる箪笥や本棚。
そういうのがあればちゃんと片付けられる。家が狭かったら収納できる場所がない
→仕方がないから床に置くとなるのでどうしても散らかってしまうというだけです。

仕事や勉強も全く同じで、ベッドが目に入れば寝ちゃうし、
テレビが目に入れば観ちゃうし、スマホが目に入れば触ってしまいます。
勉強に集中できないのであればやはりまずは環境をきちんと整える。作業環境管理というやつですね!

この間産業医先の会社の取締役さんが、社員さんに
「綺麗な場所じゃなきゃいい仕事はできない」と言っていたのがすごく印象的で。全くその通り。
例えば、「何か調べものをしたい」と思った時に、「あの参考書どこ行ったっけ?」→「ぐちゃっとした本棚を見る」
→「若干うんざりしながらどこだっけと探す」→「それだけで余計に疲れる」or「面倒くさくなって調べなくなる」
となったらすごく勿体無いなあと思います。

カフェや図書館、勉強部屋で勉強されている方も多いかと思いますが、
どこでやるにしても、参考書やノートなどはちゃんと整理したり片付けたりするだけでもとても勉強しやすくなりますよ!
家で勉強する派の方は、集中できる環境作り(余計なものが目に入らないようにするなど)にも工夫してみてくださいkira01

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>