113回国試攻略講座vol.20 公衆衛生編

2018/12/21

~113回国試攻略講座のお約束~
※本年度の国試攻略講座の切り口は
①近年、各診療科で注目を受けていることは何か
②各教科、新しい知識はどれくらい、何年くらいのラグで出題されているのかの2つとなります。
①は「国試の過去問はもう飽きるほど解いて、プラスαで一歩踏み込んだところまで勉強しておきたい」という方向けで、
②は「最低限のことだけで国試を乗り切りたい。新しいことをどこまで勉強すべきなのか分からない」という方向けです。

※各教科の近年の出題傾向や頻出疾患、効率的な勉強の仕方についてはこちらの記事もご参照ください。
→111回国試攻略講座vol.20 公衆衛生編

■ 近年臨床医の間で注目されていること

細かい法改正については毎年何かしらありますので触れだすとキリがありませんが、
臨床現場を揺るがすほどに大きな影響を与えた出来事というのはちょっと思いつきません。

流行疾患としては麻疹の発生や風疹の流行があるものの、
このような感染症の流行はいつの時代にも何かしらありますし、
疾患としても古典的に有名な疾患なのでインパクトは小さいと思います。
梅毒くらいイッキに大流行を起こすと、さすがに臨床医の間で話題になることもありますが
いくら増えたとは言え日常臨床で毎年出会うような疾患ではないです(診療科や地域によります)。

■ 比較的新しい治療や概念に対する実際の出題

むしろ公衆衛生の場合はこちらの方が大事ですね。はっきり傾向があります。

①統計はかなり早く出ます。原則、2~5年前の統計結果が訊かれます。
早ければ2年で出るということです。他の教科がざっくり5年以降で出題と考えれば極端に早いと言えます。
そもそも国試の臨床分野で新しい知識を聞く問題を作りにくい理由は、
新しい治療には賛否両論があったり、変更点が出てきたりして問題を作りにくいからという事情があります。
それに対して統計だけは絶対的に正義です。数字でキッチリ出るわけですから文句の出ようがありません。
出題者としては問題にしやすいのですね。

対策の仕方ですが、CBT時代に覚えたものは、当時からさらに数年前のものだと思います。
そうすると現在からは4~5年くらい前のデータになりやすいので、2年前のものを出されると間に合わない可能性があります。
CBT時代に勉強したものを完璧に覚えている方も少ないと思いますので、統計に関しては今一度見直しておいてもいいと思います。

②健康日本21は早く出ます。
私は毎年どんだけ国試は健康日本21大好きやねん!とツッコみながら解いているわけなのですが(笑)
第二次が2013年からで、110回(2016年)から出題あるので3年遅れ。
第一次が2000年からで、96回(2002年)から出題があるので2年遅れ。
第一次はもういいですが、第二次は今後も出してくる可能性は高いと思っています。

原則、意外と法改正の出題は早くないのです。
・医療観察法施行が2005年→112回(2018年)出題。13年遅れです。
・医療情報ネットは2007年の医療法改正によるもの→110回(2016年)出題。9年遅れです。
うわー、いかに健康日本21が寵愛を受けているかよくわかるねkao20

※高齢者医療確保法が104回(2010年)に出題あり。高齢者医療確保法が話題になったのが2008年ですが
この法律自体は1982年からあり、2008年以前の高齢者医療確保法の知識で解けるため法改正の新問とは扱いません。

そうそう、法改正と言えばほぼ毎年のペースで変わる(増える)定期接種と感染症法届け出疾患。
変わりすぎで受験生を悩ませる分野ですが、ここ4~5年で新しく追加された分に関しては今のところ出題はありません。
むしろ109G-30(直ちに届け出る疾患を選ばせる問題)で麻疹は正解になっていません。
麻疹は2014年に直ちに届け出に法改正決定→2015年5月から直ちに届け出実施スタート。
109回国試当時(2015年2月)ですと法改正は済んでますが実施は始まっていないので正解にならなくて当たり前。
医者になってからは知らないではすまされない知識なので勉強しておくのは大事だと思いますが、
あまり先取りしすぎると逆に混乱するかもしれません。1~2年前の分まで分かっていれば十分と思います。

③その他トレンドも出す気はあります。
・ジクロロメタンが社会問題になったのが2012年→112回(2018年)出題あり。6年遅れ。
・SFTSが初めて見つかったのが2011年→109回(2016年)出題あり。5年遅れ。
・エボラ出血熱の流行が2014年→110回(2017年)で出題あり。3年遅れ。ただし知らなくても解ける。

などと、そこそこ話題になったものは一応出してきているので、
他の教科に比べればそれなりにトレンドを意識しているものと思います。
まあ、だいたい5年遅れというあたりは他の教科と大差ないかもしれませんが。。

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>