113回国試お疲れさまでした!&114回に向けて

2019/02/11

渡ですkao06

113回国試お疲れさまでした!

今年の国試も、様々な難易度の問題が出題されました。
感じ方は人それぞれだと思いますが、受験された皆様、今はとにかくゆっくりお休み下さい。

何よりも、113回を受験された皆様にお伝えしたいのは…
今まで、MECや私の講座を受講してくれたり、ブログを読んでくれたりして
本当にありがとうございました。
皆さんに教えてもらったことや学んだこと、沢山あります。本当に感謝の気持ちしかありません。
私の講座やブログの内容が、少しでも皆さんへの恩返しになったのであれば、これほど嬉しいことはありません。

さて、113回を受験されていない新4〜6年生の皆様。
今回の国試の詳しい感想や分析は近日公表の総評で触れますが、
今年は結構新しい疾患や知識を問う問題も目立ちました。
そして、このブログでまさに直前期(12月〜1月)に扱った内容が113回でも多く出題されました。
(フレイル、皮質基底核変性症などはそのまま、直前攻略講座の感染症なども)

私はこのブログを「自分の日常を綴る→からの国試ネタにつなげる」
「堅苦しくはしたくないけど、読めばちゃんと国試に役立つブログ」というコンセプトで5年続けてきましたが、
今や本ブログは「国試に役立つブログ」から「国試に出るブログ」に進化しつつあるのではないかと感じていますkao07

私の担当講座であるMEC臓器別は、国試に必要なミニマムエッセンスにこだわっていますが、
ブログではそういう決まりはないのです!国試に狙われそうなところ。臨床現場で話題のこと。
学生さんにとって面白そうなことをどんどん発信していきます。

さあ、114回以降の国試に向けての準備はOK?
私は立ち止まらずに、このまま来年度からのより良い講義につなげる作業に入ります。
これからも、Dr.渡とMECを信じて、ついて来てください!!

9B5406CB-FC3B-4057-9F95-DB2278E16AE8
「いくぜ!♪( ´▽`)」

コメント

  1. ろし

    最後のブロックの問題を解いている時、渡先生、孝志郎先生、高橋先生のお顔が浮かんできて、感謝の気持ちでいっぱいになりました!
    先生方のおかげで必修95%、一般臨床で90%正解することができ、本当にうれしかったです。
    渡先生は教え方が分かりやすいだけでなく、字がきれいで、声もきれいで聴き取りやすくてすばらしかったです。
    そして、孝志郎先生は話が面白く、とても記憶に残りやすかったです。教えてくださった考え方を本番でたくさん活かすことが出来たと思います!
    模試もとても良かったです。
    これからも教えてくださったことを活かして頑張っていきます。
    メックの先生方、社員の皆様、本当にありがとうございました。

  2. さかもと

    113回受験生です。
    渡先生、本当にお世話になりました。
    試験中は渡先生から習った知識のひとつひとつが走馬灯のように蘇りました。
    臓器別の授業内容もさることながら、渡先生が講義中に見せる素敵な笑顔に心癒されながらメックを信じて突き進むことができました。
    自己採点では、そこまで不安がる必要のない点数を取ることができ、安心して春休みを過ごせそうです!
    (僕が勝手に)渡先生と二人三脚で過ごした(と思い込んでいる)国試勉強の日々は、人生において確実にナンバーワンの努力でした。生涯忘れることはできないです。苦しくも楽しい日々でした。
    本当にありがとうございました。

  3. Y

    渡先生をはじめとするMECの関係者の方々のおかげで無事医師として働けそうです。

    MECには四年からお世話になっておりました。

    6年の卒業試験や国家試験の勉強をしている際に、他社を受講してる友人と話すと、スタンダードかつ大切で、検査や病態をしっかり説明してくれるMECで本当に良かったと心から思いました。

    自大学は卒業試験が難しいと言われてましたが、やはり臓器別でやったことや、よく見たらちゃんとテキストに書いてあることなど、勉強すればするほどテキストや講義のクオリティの高さに感銘を受けておりました。

    MECでは載ってるけど、他社のには省かれていたり、MECではココが大切!といったことがやはり問題のコアになっていたりなど枚挙にいとまがありません。

    心より感謝しております。
    本当にありがとうございました。

  4. リーファ

    9月にはコメントにご返信いただきありがとうございました。113回医師国家試験を受けて来ました。2日間、全然眠れなかった上に、食事が喉を通らなくて2日間何も食べれず低血糖防止のためにコーラを飲んだだけとかで、国試のつらさを思い知らされました。
    Dブロック32番の大脳皮質基底核変性症の問題、最初問題文を読んだ時は「なんやこの問題?こんなん分かるわけないやろ。」と思い適当にマークしようと思ったのですが、問題文の「右手が勝手に動き、自分の意志では制御できなくなった」とゆう文面から「中二病っぽいセリフやなあ」と感じ、その瞬間に渡先生のブログの冒頭の邪王心眼のコピペを思い出して「あっ!あれや!!!」となって、正解に至ることが出来ました。Fブロック27番のフレイルの問題も、サルコペニアとフレイルのブログをプリントアウトして勉強していたおかげで、瞬殺出来ました。出題はされませんでしたが、ドパミントランスポーターのブログもプリントアウトして勉強していました。
    個人的には特に必修なども合わせると、超難問の目白押しで歴代最高難易度だと感じたのですが、現実は厳しくどうやらそうじゃないらしい上に、Eブロック48番で禁忌のペニシリンを選んでしまったため、合格出来るかは不安なのですが、もし奇跡的に合格出来てたら先生のおかげです。ありがとうございました。

    1. Dr.渡

      リーファさん

      こちらこそその節はありがとうございました!
      国試、過酷だったようですね。400問になってから1日が長いので本当に疲れると思います。
      私も受験当時全然眠れなかったのを思い出します。休み時間も周りで答え合わせしてる声が聴こえて休めなかったり。
      大変でしたよね。本当にお疲れ様でした。

      リーファさんは以前の書き込みでも、ブログをしっかり読んで活かして下さっていると仰っていましたね。
      プリントアウトして勉強して下さっていたとは!記事にした甲斐がありました(^_^)
      皮質基底核変性症、邪気眼が覚えやすいかなと思って記事にしたのですが、お役に立てて本当に良かったです。

      難易度については感じ方はそれぞれだと思います。
      講師の間でも「難しい」「簡単」で意見が割れるくらいなので学力とそこまで相関はないと思っています。性格ですね。
      あと簡単だと思ってたけど不合格だったとか、難しいと思ってたけど合格したとか、そんな話もとてもよくあることです。
      禁忌もどこまで禁忌か現状なんとも言えませんが、今の時期、どうしても不安にはなってしまいますよね…。
      採点サービスなどもご活用頂くと参考になるかもしれません。

      過酷な国試を戦い抜いたこと、ひとまず自分を褒めてあげてください。
      ブログをご活用頂き、またいつも嬉しい励ましのお言葉を下さり、本当にありがとうございました!

  5. いけね

    本番、渡先生と孝志郎先生に書いてもらったサインのTシャツを着て行ったら、後ろから渡先生と孝志郎先生が付いているような気がして1人で解いてるような気がしなく冷静になれたと思います。1年間本当にありがとうございました、!!

    1. Dr.渡

      いけねさん

      コメントありがとうございます。覚えております!!(笑)
      しかもDr.孝志郎チャンネルにもシャツをお持ちでお写真が(´∀`)

      効果あったなら良かったです。
      今後Tシャツにサインというスタイルも広めていきたいと思います(笑)
      こちらこそ、本当にありがとうございました。&お疲れ様でしたー!

  6. ほりほり

    渡先生、お疲れ様でした!
    5年生の時に渡先生の臓器別講座を視聴し、それを軸に国家試験に臨みました!
    自己採点の結果、合格できたと思います。
    国試の勉強で辛い時、渡先生のブログを読むことが良い気晴らしとなりました。
    今までありがとうございました!社会貢献できるよう、4月から頑張ってまいります。
    渡先生もお体にお気をつけ、来年以降も多くの受験生を支えてあげてください!

    1. Dr.渡

      ほりほりさん

      コメントありがとうございます!
      臓器別講座のご受講、またブログもご覧下さっていたとのこと、
      誠にありがとうございます。
      そして合格心からおめでとうございます。お疲れ様でした。

      ブログが気晴らしになったとは、嬉しいです(*´꒳`*)
      国試に役に立つ、出る内容をお届けしたいのですが、
      堅苦しくなり過ぎるのも嫌で、
      出来るだけ楽しく読んで頂けたらなと思っているので。
      今後も楽しく読めて国試に役立つ記事を書いていきたいと思います。

      はい!今後も努めてまいります。
      ほりほりさんも4月からお医者さんですね。
      臨床現場で出会ったら、よろしくご指導お願いします♪

  7. ところん

    113回受かりました。本当にありがとうございました!
    前期臓器別の板書ページを裁断して一冊のファイルにまとめたものを受験会場まで持って行きました。
    最後まで心の拠り所でした!

    1. Dr.渡

      ところんさん

      合格おめでとうございます!
      臓器別講座は皆さんが主役の講座です。
      そのノートは、ところんさんご自身の努力の結晶であるからこそ、
      心の拠り所となったのだと思います。本当にお疲れ様でした。
      そして、私の講座がその手助けになったとのこと、本当に嬉しいです。
      ご報告誠にありがとうございました。春からも素晴らしい日々になりますように!

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>