キノコ博士にご用心

2019/09/09

長野に旅行に行った時、「タモギダケ」っていうキノコが出てきました。

5DBD8E32-E8C2-412F-9C37-C332EBE13607

なんか黄色いやつです。
CA1F78AA-DD2B-4FFD-A44D-41E55CD72B88

仲居さんがそれはもう食材にお詳しくて。お客さんにしっかり食材の説明が出来るようとても勉強されていて…
タモギダケについてもそれはもう…熱く詳しく説明して下さりました。
浅学のため存じ上げなかったのですがタモギダケというのは有名なのでしょうか。
信州や東北、北海道などで好まれているらしいのですが。
私はキノコ博士ではないのでタモギダケについて全く知りませんでした。とにかく美味しかったです(雑)

そう!私がキノコ博士でないのと同様、ほとんどの医者はキノコ博士ではありません!
しかしこんな患者は来ます!!

106D-28
58歳の女性。嘔吐、腹痛および下痢を主訴に来院した。
今朝、自分で弁当を作って夫とピクニックへ行き、昼食の弁当とともに、
道沿いで採った山菜、キノコ及び釣った魚をキャンプ場で焼いて食べた。
その後、湧き水を沸かしてお茶を飲んだ。約1時間後、目の前が暗くなり、
冷や汗をかいて涙が止まらなくなった。約4時間後から吐き気と腹痛とを自覚するとともに下痢が始まり、
水を飲んでは嘔吐することを繰り返した。7時間後、手掌に軽度のしびれを自覚し、
頭がぼーっとするようになったため受診した。同行した62歳の夫も下痢をしたという。
同じ弁当を昼に勤務先で食べた娘には特に症状がなかった。体温37.2℃。脈拍52/分、整。
血圧114/58mmHg。発汗を認める。瞳孔径は両側2mmである。心音と呼吸音とに異常を認めない。
腹部は平坦、軟で、腹部全体に軽度の圧痛を認める。
肝・脾を触知しない。腸雑音の亢進を認める。便は下痢便で、潜血を認めない。
原因として最も考えられるのはどれか。

a キノコ毒
b 腸炎ビブリオ
c ノロウイルス
d 黄色ブドウ球菌
e カンピロバクター

潜伏期とか症状とか、あとはとりあえず食べたものを全部聞いてどれが原因か推理するさながら探偵のような作業。
答えはa。国試の問題なので他全部除外できるように書いてくれていますが
縮瞳とか発汗とかの神経症状が出ているあたりもキノコっぽい。

ところでこの後どうするかという問題ですが別にキノコ中毒の特効薬とかはないので
対症療法をしたりとか、時間的にもし可能なら胃洗浄とかですかね…。
そしてなによりも大事なのは保健所に届け出るということです。
何というキノコが原因かというのは特定しなくても良いのです。そこはキノコ博士じゃないと厳しいです。
だからこそキノコ博士がいるはずの専門機関、保健所に届け出て色々判断したり教えてもらいましょう。
食品衛生法上は食中毒って疑いでも届け出ていいので。

ちなみに速やかに診断して肝移植なりしないと100%死ぬドクツルタケとかいう怖い子もいるので
キノコの種類がわかるに越したことはありませんが
だいたいみんなわからないので患者さんが撮ったスマホの写真と
図鑑と照らし合わせて調べます、医療現場というよりは植物学者みたい。。

ちなみにアウトドア好きな方に多い自称キノコ博士はこの手の中毒を起こしがちです。
逆にキノコを何も知らない人は「食べてみよう」という発想にならないのでわりと安心。
皆さんも秋の行楽シーズン、ピクニックでキノコを見つけても注意して下さいね(`・∀・´)

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>