アニサキスはなぜ痛いのか

2019/09/27

とりあえずこの問題をご覧ください。

112A-55
35歳の男性。アジ、イカなどの刺身を食べた後に出現した上腹部痛を主訴に来院した。生来健康である。意識は清明。身長170cm、体重66kg。体温36.1℃。脈拍64/分、整。血圧118/78mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、心窩部に圧痛を認めるが、反跳痛と筋性防御とを認めない。便通に異常はない。緊急上部消化管内視鏡像を別に示す。
この疾患について正しいのはどれか。

a 夏季に多い。
b 腸での発症が多い。
c 魚類摂取後24時間以降に発症する。
d プロトンポンプ阻害薬が有効である。
e 病態には即時型アレルギー反応が関与する。

112A-55

正解はeで正答率76%。アニサキスは即時型アレルギーが関与するとのこと。
正直正答率は高いな、という印象です。おそらくサマライズで孝志郎先生が仰っていたからでしょう。

「アニサキスはI型アレルギー」ということをしっかり理解している人は
実際もう少し少ないのではないかと思います。
私も知識として聞いたことはあったのですが自分の中でどうにもしっくり来なかったんですよね〜
なんか学生時代「アニサキスが胃の壁をホジホジするから痛い!」って誰かが言ってた気がするんですけどσ(^_^;)
その方がわかりやすいし、I型アレルギーって痛いっていうより蕁麻疹とかが出るイメージなんですが。

結論を言うと、「アニサキスが胃の壁をかじるから痛い」説は現在否定的となっております。
その理由は
①生検鉗子で胃の壁をかじっても全く痛くないから
②健診で無症状の人に胃カメラをやった際にアニサキスが壁をかじっているのがたまたま発見されることがあるから
です。

そして、アニサキスで激痛を訴える人にステロイドを点滴すると痛みが治まるということが分かったので
「アニサキスが痛いのはアレルギーによるものである」という説が主流になったわけですね。
このアレルギーについては諸説あって、I型アレルギーという説もあれば
寄生虫→好酸球→好酸球性胃腸炎的な機序で起こるのではないか…などまだ厳密に解明されてるわけじゃないんですが
国試がI型アレルギーと言っているのでI型アレルギーと覚えておきましょう(笑)

I型アレルギー=じんましんというイメージは私も強いのですが、
実際アニサキスで蕁麻疹を起こす人はいますし、
あといわゆる食物アレルギーでも腹痛を訴える人は珍しくないです。
腹痛自体I型アレルギーの症状として出現してもおかしくないです、
私は「ヒスタミンの働きで腸管浮腫が起こるから」と習いましたが
ヒスタミンには消化管運動の亢進作用があるのでそのせいと考えてもいいと思います。

なお、治療については皆さんが勉強されている通り「摘出」でいいです。
前述の通りステロイドで症状は治まるので、とりあえずステロイドを使うという施設も
出てきているようですが、そのような場合でも後々やはり内視鏡はするのが一般的です。
アレルギーの基本は抗原からの回避ですし、本当にアニサキスと判断するためにも内視鏡はすべきだと私は思います。
取りましょう。

91B792BB-7AF7-4D09-8F34-1E4D0D8A05FE
アニサキス絶対摘出ウーマン

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>