国試に役立つ「アンサング・シンデレラ」

2020/04/08

渡です。

新ドラマ「アンサング・シンデレラ」は明日放送開始予定でしたが延期になってしまいましたね( ;∀;)
主演は石原さとみさん。石原さとみさんのドラマはどれも面白いですkao06

「アンサング・シンデレラ」は薬剤師を主人公にした漫画が原作ですが、
この原作漫画、国試お役立ち度★★★★★です!今までもブログで沢山国試に役立つ漫画の話を
してきましたが、なにぶんこの漫画、○○も◯◯も◯◯も◯◯も(ネタバレ防止のため伏せ字)
国試に出てくる知識が満載なのです…一話ずつ注釈つけてこのブログで扱いたいくらいです。
難点は国試の勉強になりすぎて全然漫画読んで遊んでいる気がしないことでしょうか(笑)

今回はそのうちの1つだけピックアップしてご紹介します。
ストーリーの核心に迫るようなことではないですが、一応漫画の内容に触れるので
ネタバレ避けたい方はご注意下さい
。OKの方はレッツスクロール⭐︎

.
.
.
.
.
.
.
.
.

患者さんは友人と一緒にハチに刺されてアナフィラキシーショックになったという設定です。
アドレナリン0.3mg筋注(これまた国試ワード)をするもなかなか回復しない。
そこで薬剤師さんが内服歴を友人に確認します。

IMG_0336

そしたら血圧の薬を飲んでいたことが判明し、グルカゴンをオーダーしています。

IMG_0337

…おわかり頂けただろうか。
βブロッカーを飲んでいるとアドレナリンが効きにくくなるという有名な知識があります。

IMG_0338

©荒井ママレ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』第1巻 P.112~114/徳間書店

有名といっても国試にはまだ出ていないのでご存知ない方も多いと思いますが
救急的には比較的有名かと…過去3年のメック模試で2回出てますね。ぼちぼち国試にも出るのではとkao20

まずβブロッカーは交感神経の遮断薬ですから、
交感神経刺激薬のアドレナリンが効きにくくなるというのはなんとなくわかります。
じゃなんでその場合代わりにグルカゴンを使うかというとグルカゴンも強心作用を持っているから。
A927CE53-1F8D-4667-94CC-A3BE5C68CC88

この時グルカゴンはβ刺激を介さずに直接強心作用を発揮しますのでβブロッカー内服中に使っても大丈夫です。
私はグルカゴンの作用については血糖上昇作用しか講義では教えていませんが、
他にも消化管運動抑制作用(胃カメラ前に使うことがある)、強心作用があります。
α受容体、β受容体を介して働くわけではないのでカテコラミンとは呼べませんが、
全般的にカテコラミンと似たような働きを持っていると考えると覚えやすいと思います。

(´-`).。oO(ちなみにグルカゴンは慌てて注射すると吐くのでゆっくりいきましょう。それか側臥位にしとくか)

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>