巨人優勝おめでとうございます!

2020/11/02

kyojin
巨人優勝おめでとうございますw02kira01

毎年野球の記事は必ず書いているんですが
今年は結局一度も現地れなかったのでなかなか書く機会がないうちにシーズンが終わってしまいました(;・∀・)
せっかくの橙魂ユニも着る機会がなく自宅観戦でテレビさんにはお世話になりました。

今シーズンは比較的早い段階で巨人の優勝はほぼ決まっていた気がしますが
ソフトバンクもロッテとゲーム差詰まったな~と思ってたらいつの間にか大差をつけていましたね。
個人的な野球友がロッテファンなのと、澤村投手が巨人クリンナップと対決するところが観たいのとで
ロッテにも頑張ってほしかったのですが…。でも相手がどこであろうと日本一を目指すのみ!!
去年の日本シリーズがトラウマなのでね…本当に頑張ってほしいです。ソフトバンク強すぎるよ~

でも今年はちゃんとシーズンを終えられたのがまずは本当にすごいです…中止になるんじゃないかと思っていました。
環境の違う中で120試合こなしてくれた全球団全選手全関係者様に感謝です。また現地でオレンジのタオルを振り回しながらジャイアンツの歌を歌いたい~♪

というわけで今回は野球肘の問題です。

110I-41
15歳の男子。右肘関節痛を主訴に来院した。8歳から野球のリトルリーグに所属し投球練習を毎日行ってきた。6か月前から投球時に右肘が痛むようになってきた。症状が改善しないため受診した。身長168cm、体重65kg。右肘関節外側に軽度の腫脹と圧痛とを認める。右肘関節の関節可動域は、屈曲110°、伸展-20°である。右肘関節エックス線写真正面像(No.9A)と右肘関節CT(No.9B)とを別に示す。
優先すべき対応はどれか。

a 投球制限
b 可動域訓練
c 抗菌薬投与
d ヒアルロン酸関節内注射
e 副腎皮質ステロイド投与

110I-41A
110I-41B

正式名称は離断性骨軟骨炎で野球以外の競技で起こることもあるのですが
だいたい野球のリトルリーグと来たら投球制限に〇を付けたいですね。aが正解。

コメント

  1. 6M

    そういえば臓器別 and/or CBT対策のときの動画で、蛍光ペンにオレンジ使う理由が「巨人ファンだから」って仰ってた渡先生がいたようなw

    ちなみに僕は阪神ファンです!!
    今年は1試合だけ試合に行きました。負けてしまいました…(涙)

    先日卒試が終え、自己採点だと合格基準を超えており友人と歓喜しました!!
    次はPost-CC-OSCEが備えており、それに合格すると卒業→国試になります。

    まだまだ勉強において気を緩めてはいけないと思っておりますが、渡先生の臓器別を中心にMECのテキストを約5周くらい復習すると、基本的なことはもちろんのこと、目新しい問題に対してもその場で思考する能力が身に付いていると実感できました。卒試でとても助かりました。
    渡先生はじめMECに大変感謝しております。ありがとうございます!!

    1. Dr.渡

      6Mさん

      ありがとうございます!そうなのです~講義でオレンジのマーカーにしているのは巨人ファンだからなのです(笑)
      マーカーの方は特に色分けしていないので各自好きな色で…阪神ファンなら黄色ですかね。
      負けたのは残念ですが今年試合行けたのは素晴らしいですね…座席が絞られていることもあり私はチケットが全然取れませんでした(;´∀`)

      そして卒業試験合格おめでとうございます!
      なんとメックを5周もやって下さったのですね…!
      それは素晴らしい実力が付いているはずです。そこまでやって頂けて私たちとしても大変本望です。
      新しいことを思考するのも基本があってこそなので、やっていただいた勉強は絶対に無駄にならないかと。
      こちらこそ、テキストの活用やブログのコメントなど感謝の気持ちでいっぱいです!
      OSCEや国試に向けてこれからも力を合わせて頑張りましょう♪

  2. 巨人大好き

    まさか渡先生も巨人ファンだったとは…!!
    尻上がりに調子を上げてきたソフトバンクと対照的に最近の巨人は勢い落ちてきていて心配ですよね。
    去年の4タテの悪夢が…笑
    自分も新天地で躍動してる澤村選手との対戦はぜひ見てみたかったですが、残念ですね〜。
    自分は日本シリーズ現地には行けませんが、家でviva giants歌いながら応援します !!!(あと勉強も…)

    1. Dr.渡

      巨人大好きさん

      コメントありがとうございます!Dr渡は圧倒的巨人ファンです。
      優勝間近になって勢いを落としてしまったのは不安ですね…(;´Д`)
      しかしここは原監督の手腕や2000安打達成の大打者坂本勇人に期待したいですね。
      去年も余裕の日本一とは思っていませんでしたがさすがにストレート負けは辛かったです。
      ロッテも一時期3位に落ちましたがまた盛り返したようなのでまだVS澤村投手もワンチャン…

      私も現地はいけません…というかそもそもドームでやらないんですよね。
      一緒にビバジャイアンツしましょう!!そして勉強も共に頑張りましょう!

  3. たうらす

    お久しぶりです。
    野球肘の過去問、懐かしいですね。
    テニス経験者なのですが、テニス肘なども
    あるんでしょうか?笑
    久しぶりにX線での整形疾患見ました。
    正常をよく見ろと研修でも言われてきましたが、なかなか難しいです…、

    長い質問文前回ありがとうございました。
    やっぱり特化したことより様々な疾患や
    対処ができるお医者さんになりたいと改めて
    思いました。

    教えていただいた国家試験の知識はやはり臨床の場で活かされてるのは事実です。
    さらにそこからの勉強もありますが。
    国家試験の知識が抜けてきている自分自身の反省点でもあります。
    渡先生のように総合診療的というか
    様々な何科にとらわれず国家試験を含めて
    幅広く診療科知識を
    持ち続けるにはどうしたらいいでしょうか?
    正直自分は専門より総合のほうが好きです。

    気が進みませんが
    単科にすすんでも他科の知識は
    忘れたくないなと思っています。

    また長くなりました、すいません。

    1. Dr.渡

      たうらすさん

      コメントありがとうございます!
      おっしゃる通り、テニス肘もあります(上腕骨外側上顆炎)。
      でもテニス肘はあんまり国試に出題された記憶はないですね。
      整形は専門的なのでなかなか正常との違いを見つけるのも大変です。

      >様々な何科にとらわれず国家試験を含めて幅広く診療科知識を持ち続けるにはどうしたらいいでしょうか?
      国試が終わると「これ」という教材がないのでなかなか勉強しにくいですよね。
      私は「今日の治療指針」っていう本が好きで毎年買っているのでそれをベースに勉強しています。
      あと加入している医師会から毎月様々なテーマで会報が届くのでそれも読むようにしてます。
      後は医療系のニュース(新薬開発とか保険収載とか)をチェックしたりとか。それでも全然抜け落ちはあります(/ω\)

      自分がどうしたいのか、ますます固まってきておられるように感じます。
      研修医の間はいろんなことが手一杯になりがちなので無理しないでくださいね。
      手前味噌ですが、こうしてブログを読みに来て頂けるだけでも国試の知識を残せたり、
      いろんな診療科の勉強をすることにもつながると思います。ぜひまた遊びにきて下さい♪

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>