2020年版国試攻略講座今年もやります

2020/12/04

お目にかかる機会はほとんど無いと思いますが
MEC FoundのDr渡ブログへの入り口サムネがひっそりと変わっています34F310E2-7373-4030-A58A-99023C92D9AD
※変わっていない方はキャッシュの関係ですのでそのうち変わると思います

↓今まで使っていた画像と比べてみた
hikaku
引っ越してるんですが部屋の雰囲気は全然変わりませんね~。
2013年(ブログ開始は2014年ですが2013年から個別指導とかしてます)の私は
「国試を極める」「医学生を支えることを使命とする」と決めたのですが
そこから現在まで本当に一度たりともその気持ちが揺らいだことはありません。だから私も全然変わってません(笑)
今後ともこんな感じだと思いますので引き続き皆様よろしくお願いします!

ところで、今年はやります(≧▽≦)!国試攻略講座!!
国試攻略講座っていうのは私が2年に1回このブログで来年の国試に役立つ情報を科目ごとに紹介していくっていうものです。
今年はかなり実践的な内容になっており、本来ビデオ講座が1~2本撮れてしまうような内容ですが
MECサポートの一環として今回もブログで無料公開とさせて頂きます(*´∀`*)
詳しい内容は始まってからのお楽しみですが、12月下旬から連日更新となる予定です。
待ちきれないよ!という方は過去の攻略講座のログがありますのでそちらを読みながらお待ち下さいませ。
→過去の国試攻略講座(2年前の記事と4年前の記事になりますが今読んでも大きな変化はないと思います)

今回は告知のみで失礼いたしますm(__)m

コメント

  1. 6M

    黒板の位置をかえただけかと思いましたw
    部屋と同じで先生の学生への変わらない熱い気持ちカッコいいです!!

    2年に1度こんな祭典があったとは知りませんでした、とても楽しみです。

    血液内科大好きなので、血液だけ自大学で取り上げられてたモノを記したいと思います。

    ●治療編
    ・骨髄異形成症候群(MDS)…
    アザシチジン
    ・有症状の慢性リンパ性白血病(CLL)…フルダラビン、ベンダムスチン
    ・真性赤血球増加症(PV)、骨髄線維症(MF)…ルキソリチニブ(JAK2阻害薬)

    ●副作用編
    ・R(リツキシマブ)…IRR
    ・C(シクロフォスファミド)…
    出血性膀胱炎
    ・H(ドキソルビシン=アドリアマイシン)…蓄積性心毒性
    ・O(ビンクリスチン)…末梢神経障害、便秘
    ・P(プレドニゾロン)…お決まりのモノ

    1. Dr.渡

      6Mさん

      コメントありがとうございます!
      引っ越した時も家具とかを買い直していないので本当に雰囲気変わらなかったですね…
      仕事には情熱を持って取り組んでいるつもりなのでそう言って頂けると大変嬉しいです(*´∀`*)
      ありがとうございます。

      おお〜!!貴重な情報ありがとうございます。
      そしてどれも本当に大事な知識&出そうな知識ですね。
      血液は珍しく化学療法のレジメンまで聞いてくる教科なので、まずは薬の名前を覚えたいし、
      あとは副作用の組み合わせを選べとかあるあるですよね。アドリアマイシンの心毒性とかもよく出ますね。
      コメ欄に書いて頂くと他に見てくださっている学生さんの勉強にもなるのでとてもありがたいです。
      こちらもありがとうございました!

  2. T.I.

    渡 先生 はじめまして。
    医師国家試験一浪中のT.I.と申します。
    CBT時代からmecのテキストで大変お世話になっております。
    記事の内容とあまり関係なくて恐縮でございますが、勉強法の事で相談致しい事がございます。

    私は現在、過去問集を解きながら、解けなかったところだけmecのレジュメを振り返るという勉強をしております。

    今年の春から先月にかけて複数回の模試で、全国偏差値、学内偏差値ともに49~52程度で推移しており、
    そんなに好成績とは言えないまでも、本番でもこれくらいの偏差値とれればなんとかなるか…と考えておりました。

    そんな中、今月に入って113回の試験を解き、自己採してみたところ、一般65%、必修72% という悲惨な成績となり、愕然としました。
    今はコロナの影響もあり自分の部屋で一年間こもって勉強していたため、周りの勉強の様子もわからず、先輩に相談したところ、
    「それはまずい…勉強法変えた方がよい…」と言われ、今更直前期に勉強法変える事もできず、途方にくれております。

    模試の方は、「難易度が高い」と巷で噂のある他社の物でも概ね偏差値50程度であったので、少し過剰に安心しすぎておりました。

    直前期に直近の過去問でこのような点数であると、やはりかなり危険水域なのでしょうか。

    計画では 過去三年分を解きながら、一年間解いてきた問題集で間違えたところと、自分で書いたメモ、mecのレジュメを復習する、と計画しておりました。
    mecの方は、メジャーと呼ばれる渡先生の担当分はすべて5年生の夏までに視聴し終えていたのですが、メジャーの復習に時間をかけすぎたのか、臓器別、マイナー、小児産婦、公衆 といった、診療科別になっている物 以外は視聴できず、それらの本のみ
    と他社の問題集で行っております。

    直前期にこのような勉強法だけではやはり不十分なのでしょうか。

    少々心理的に焦り、読みづらい文章になり大変申し訳ありませんが、もしお時間ございましたら、返信いただけると幸いでございます。

    追伸、5年生の5月ごろ、109D-10のバルーンカテーテルの件で一度だけ先生に質問したことがあり、非常に丁寧な解説をいただきました。
    本当にありがとうございました。

    1. Dr.渡

      T.I.さん

      初めまして(^^)コメントありがとうございます。
      CBT時代からメックをご活用頂いていること、またご質問を下さったことがあるとのご報告もありがとうございます!
      お役に立てたのなら大変嬉しく思います。また何かございましたらお気軽にご質問&ご相談下さいませ。

      コロナの影響もあり、みんなの進め方も確認しづらい中で、
      先輩からそのように言われてしまったのはすごくショックですよね。
      私から見るとちゃんと模試で結果が出せているわけで、
      おっしゃる通り
      >本番でもこれくらいの偏差値とれればなんとかなるか…
      というレベルだと思いましたし、勉強法の
      >過去問集を解きながら、解けなかったところだけmecのレジュメを振り返る
      というのも全く問題のない、ごくスタンダードなものだと感じました。勉強法変えた方がいいとも思わなかったです。

      >直前期に直近の過去問でこのような点数であると、やはりかなり危険水域なのでしょうか。
      過去数年分の過去問は多くの人がほぼ完全に覚えていることが多いので
      確かにT.I.さんの得点より多く取れる人がおそらく多いと思います。
      問題を覚えきれていないのであれば、きっちり覚えておいた方が本番では有利になるので
      過去3年分の覚え方に甘い部分があるならそれは覚えた方が良いと思います。

      結局模試は「ニセモノ」でしかない。本番は模試以上に過去問と全く同じ問題や同じような問題が出るので、
      (模試は国試と全く同じ問題は出せないのでちょっと雰囲気が変わってしまうのです)
      過去問を覚えきれていない人は模試以上に本番だと不利になります。
      ただそれについても
      >過去三年分を解きながら、一年間解いてきた問題集で間違えたところと、自分で書いたメモ、mecのレジュメを復習する、
      これからやると自分でちゃんと計画もできているように感じました。スピード早めでいいので覚えるまで何周も解くのがオススメですよ♪

      「模試でこの成績なら大丈夫だろう」というのは確かに事実ですが、
      かといってあまり慢心してしまうのもいいことではないので、
      今このタイミングで、焦れた、不安になれたというのは全く悪いことじゃないです。
      なんだかんだで大丈夫と思っている時よりヤバいと思っている時の方が勉強に身が入りますから(笑)
      基礎力も応用力もしっかりついていると思うので、まだ国試まで時間もありますし必ず間に合うはずですよ!
      辛い気持ち、焦る気持ちをプラスに変えて頑張ってくださいね٩( ‘ω’ )و

      1. T.I.

        渡先生、お忙しい中、非常に温かく丁寧な御返信、本当にありがとうございます。不安でくじけそうになっていた所
        先生のお言葉で、もう一度立ち直る事ができました。不安はもちろんありますが、あと少しの間、先生のテキストと、自分がやってきた事を信じて
        がんばっていこうと思います! 

        1. Dr.渡

          T.I.さん

          いえいえ!こちらこそコメントありがとうございました。
          お役に立てたなら本当に嬉しいです(*^▽^*)
          あと少し、一緒に頑張りましょう。

  3. ひーちゃん

    渡先生こんにちは。
    いつも楽しくブログを拝見させていただいております。
    個人的なことなのですが最近、病院見学のことで非常に悩んでおります。
    僕は現在北海道の5年生でつい先日冬休みに入ったところです。4年生の春休みや5年生の夏休みは外出自粛でまともに病院見学に行くことができなかったので、この冬休みこそは…!と思っていたのですが先日申し込んでいた北海道内の病院にも見学を断られてしまいました。この冬休みも病院見学ゼロで終わってしまいそうです。本州に見学へ行っている人はちらほらいて、自分は全く病院見学に進展がなくて正直少し焦っています。
    先生は学生時代病院見学はどのくらい行って、どんな感じで研修先を決めていましたか?お聞かせいただけると嬉しいです。

    1. Dr.渡

      ひーちゃんさん

      こんにちは!ブログの閲覧&コメントありがとうございます。
      本当コロナのせいで病院見学とかもしづらい空気になってしまって( ;∀;)嫌な時代になったものですね…

      私自身は病院見学は1〜2回各1日で行ったような気がしますがほとんど行きませんでした。
      研修先はどこでもいいと思っていて、確実に拾ってもらえるであろう自大学にしました。
      当時の気持ちを率直に言えば、「病院見学は居所がなくて辛いのでやりたくない」
      「研修はどこでやっても本人の気持ち次第で同じ」と思ってました。

      決して病院見学に行くのが悪いこととは思いませんし、研修先を熱心に考えることも全く否定しません。
      それができる人、やっておきたい人はやった方がいいと思いますが、
      やらないことが将来を左右することはあまりない気がしています。
      当時の考えを今後悔しているとか、間違っていたという感覚はないですね。
      この辺の話は以前動画でもお話ししたことがあるので、もしご興味があればそちらもご覧になってみて下さいませ!
      有名病院は何が良いのか

  4. のん

    渡先生
    こんばんは。いつも更新を楽しみに拝見しております。私は地方大学の6年生で、CBTのときから先生の講座にお世話になっています。問題を解く時もよく先生の声を頭の中で再生して解いているので、勝手にものすごく身近で味方の先生な気がしていて、大ファンです。

    先生はたくさんの国試受験生を指導されてきたと思うのですが、みなさんどのようにメンタルを保っていらっしゃいましたか?私は今、なにをやっていても焦ってしまい、上手く知識を頭に入れられている気がしません。直近の過去問はなんとなくで正答が選べるようになってしまい、模試や卒試で新問に出会ったときに、全く太刀打ちできませんでした。そのときの気持ちが蘇ってしまい、勉強している最中にあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、もう少し深掘りしなきゃ…とパニックになってしまって涙が出てきて、無駄な時間を過ごしている気がします。メックのテキストを頭から復習してみても、目が滑ってしまうし、次の科目にうつったあとにはもう忘れている気がして…。周りの同級生も同じ試験を控えているので寄りかかることもできず、つい先生に伺ってみたくなりました。もしお聞かせいただければ、とても嬉しいです。
    いつもありがとうございます。

    1. Dr.渡

      のんさん

      こんばんは!ブログの閲覧&コメントありがとうございます。
      ビデオ講義も以前からご覧頂いているとのご報告も大変嬉しく思います。
      おっしゃる通り身近で味方の先生で間違い無いのでこれからもよろしくお願いしますね(´∀`*)

      >みなさんどのようにメンタルを保っていらっしゃいましたか?
      国家試験という大舞台を前にして、不安にならない人や自信満々な人はむしろほとんどいないですね。
      予備校の場合はメンタルとは関係なく、毎日のスケジュールを決めさせて頂いているのでそれを粛々とこなして頂いています。
      >直近の過去問はなんとなくで正答が選べるようになってしまい、
      >模試や卒試で新問に出会ったときに、全く太刀打ちできませんでした。
      >そのときの気持ちが蘇ってしまい、勉強している最中にあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、もう少し深掘りしなきゃ…
      模試や卒試より本番の方が過去問に近い感じで出るので
      新問に立ち打ち出来なかったことは本番では模試や卒試程大きな障害にはならないです。
      のんさんの勉強の進み具合にもよるのですが、無限にある新しい知識に立ち向かうよりは
      ちゃんとレジュメを見直し、既存の過去問を解けるようにすることが大事だと思います。
      過去問をなんとなくで正解が選べるというのは覚えているということ、それだけ練習を積んでくれたからではないかと思うので
      悪く捉える必要もないのではないかと思います。

      パニックになって涙が出てきてしまうレベルでストレスがあるのは辛いですね。
      でも一番悪いのは勉強をやらないことであり、効率が下がっていていもただ勉強をするだけで意味はあります。
      ただ、せっかく私を信じて今までメックをやってきて下さったのなら、
      私のレジュメは「過不足なく」を強く意識しているので、それだけきっちりやってくれれば
      深堀りする必要も不足することもないことはプロとして保証します。私のレジュメを使ってくれさえすれば
      あれもやらなきゃ…となる必要は全くなくなるので、もしよければ最後まで活用してみて下さいね。
      こちらこそ頼りにして下さってとても光栄ですよ!ありがとうございました。

  5. ぽよぽよ

    こんにちはこんばんは渡先生。臓器別、マイナーの映像授業でお世話になっています。非常にわかりやすい授業で、何回も繰り返し見ることで悪くても全国30%以内はとれるよになりました!本当に先生には感謝しかないです。
    今回コメントさせていただいたのは、サマライズ授業もいま見ているとこなのですが、量が多すぎて視聴と復習が間に合う気がしません。。ということを相談したくて。。マイナーや必修対策もしたいと考えているので、、
    しかし、臓器別授業はおそらく113回版?なので、それ以降の内容を補うにはサマライズを聞いた方がいいのかなあとも思うので悩みどころです。
    当たり前ですが、基本的なところは臓器別とサマライズでもかぶると思うので、それならここの国試対策を見れば良いのでは…と思いまして。。
    先生の意見を聞きたいです。よろしくお願いします。

    1. Dr.渡

      ぽよぽよさん

      こんにちはこんばんは(*・ω・)ノブログにコメントありがとうございます。
      また、ビデオ講座の方も繰り返し観て下さっているとのこと、とても嬉しいです!
      素晴らしい成績もビデオ講座をしっかり自分のものにして下さっているからですね。

      基本的には私の臓器別講座やマイナー講座はそれだけで過不足なく国試を
      カバー出来るように作られているものなのでそれだけでも全く問題ないですよ!
      サマライズを観る理由としては
      ・孝志郎先生の講座が単純にとても面白いから
      ・みんなやっているので自分もやっておかないと不安だから
      ・新問や最近の知識、過去の知識でも見落としがちなところなどの的中を狙えるから
      といったあたりだと思います。どちらかというと既存の勉強がしっかり完了している人向けで
      勉強が進んでいない方や、最低限の知識でという場合は臓器別のみで差し支えはありません。

      ぽよぽよさんの場合は成績上位者ということなので視聴をオススメできる対象ではありますが、
      しっかり基礎の復習をしたいという方針であれば臓器別のみで良いと思います。
      サマライズを観ることを重視しすぎて基本が疎かになるパターンを防げるので良策でもあります。

      >臓器別授業はおそらく113回版?なので、それ以降の内容を補うにはサマライズを聞いた方がいいのかな
      114回はそんなに新しい疾患も出ていませんでしたし最新版でも内容は大きく変わりません。
      気になるのであれば114回の問題で過去と毛色が違うものだけ別個勉強してみても良いかもしれません。
      あとはおっしゃる通りブログでも国試攻略講座や、一般記事でも新疾患にも触れたりしてるのでご活用下さいませ!

      1. ぽよぽよ

        ご返信ありがとうございます!とりあえず今はサマライズもやることにしました!ありがとうございます!
        あと、ここで恐縮ですが、講義での質問があって、、公衆衛生+での異状死体の届出についてなのですが、昔からこんがらがるところで、、

        自分なりで考えたのは、
        人の死→診療中の内因死→死亡診断書
           →診療中以外の内因死→死体検案書
           →異状死(外因死+原因不明の死)→届ける  (合ってるかな?)
        で、届けた後なのですが、死亡診断書か検案書かは診療中かどうかで決まる、という事は
        犯罪が関与しても診療経過があれば死亡診断書を書くという事でしょうか?

        ここで質問して大丈夫なのかわかりませんが、もしよければ回答お願いします。

        1. Dr.渡

          ぽよぽよさん

          こちらこそありがとうございました!サマライズ頑張ってください(*’▽’)

          >人の死→診療中の内因死→死亡診断書
          >   →診療中以外の内因死→死体検案書
          >   →異状死(外因死+原因不明の死)→届ける  (合ってるかな?)
          あってると思います。

          >届けた後なのですが、死亡診断書か検案書かは診療中かどうかで決まる、という事は
          >犯罪が関与しても診療経過があれば死亡診断書を書くという事でしょうか?
          理論上(試験の問題上)はそうです。厚労省も
          >捜査機関による検視等の結果も踏まえた上で、死亡診断書もしくは死体検案書を交付してください。
          と言っている通りです。

          …混乱するので上記で済ませてもよいのですが…

          実際のところは私を含め通常の臨床医は死体検案書をほぼ書きません。
          なんだかんだで届け出るとあとは警察医や監察医にお任せになりますし、
          そうしたら後はそれらの医師が検案書を書けば終わるので
          こちらに戻されて診療した医師の方で書類作って下さいっていうのはまずないと思います。

          1. ぽよぽよ

            返信ありがとうございます!不安なところが取り除けました。異状死で通報して警察に持っていかれてるのに臨床医が死体検案書書くことがあるのかなあとも思っていたのでそこの実情も知れてよかったです!
            先生の国試対策、楽しみに待っています^ – ^

          2. Dr.渡

            ぽよぽよさん

            試験問題と実情とで乖離のあるところなので分かりにくいのですが、
            お役に立てたのであれば良かったです(*’▽’)
            国試攻略講座もお楽しみに!コメントありがとうございました。

  6. T.I.

    渡先生

    上のコメントで、12月6日に相談致しました、T.I.でございます。
    本日、合格を確認致しました。
    あのときは本当に不安のどん底にあって、先生以外には誰も相談できる方もいない状態でございました。

    不安と孤独と戦いながらも、先生の言葉を最後まで信じて、ひたすら過去問とmecのテキストのレジュメの復習を徹底的にやりこみ、
    合格することができました。
    本当に暖かく丁寧なアドバイスを頂き、心から感謝申し上げます。
    4月から、研修医として、より一層励んで行きたいと思います。

    1. Dr.渡

      T.I.さん

      嬉しいご報告誠にありがとうございます!!
      そして合格心よりおめでとうございます。
      直前期の不安、辛さなど痛いほどよくわかります。
      そんな中きっちり勉強を進められたこと本当に素晴らしいと思います。お疲れ様でした。

      臨床はまた国試の勉強とは違った苦労もあれば、楽しさがあると思います。
      今後もずっと応援しております。頑張ってください(*´∀`*)

Comments are closed.