2020年ありがとうございました

2020/12/28

渡です。

2020年最後の更新となりましたkao06
国試攻略講座の他、今年もブログを読んで下さった全ての方に感謝致します。

今年の国試攻略講座のテーマは「国試あるある」でしたが、これをやろうと思ったきっかけはB’zのライブです(笑)
11月の私は毎週末B’zの配信ライブを観ていたのですが、一緒に観ていたB’zマニアの友人が
次はどの曲をやるとか最後はこの曲になるとか全部予測してくるのが見事に当たりまして…
やっぱり好きでずっと追っかけていると「流れ」「いつものパターン」みたいなものが見えてくるんだなと。
プロレス好きな人とプロレス行くと先の展開を全部予想されてネタバレされるのと同じですね。
私も国試の問題を本当に長く多く解いてきましたから、そういうパターンみたいなものを皆に紹介出来たらなと思って作りましたkao05

よく「問題演習はもう覚えちゃってるだけだからそんな勉強に意味はないと思う」というご相談を頂くのですが
臓器別講座でしっかり解剖・病態などの基礎が理解できている上であれば問題については覚えちゃってもいいと思ってます。
この辺の詳しい話はこちらでしているので未読の方は是非お読みください→「知ってる」は「強い」

直前期になってきたので、「あの時もっと勉強していれば」「ちょっと遊びすぎた」などと後悔されている方もいるかもしれませんが、
全く後悔する必要はないと思います。勉強なんて今からすればいいじゃないですか。
私自身どうも気が乗らずに勉強出来ない…という日はあります。でもそういう時に遊んだことから
今回のように仕事のアイディアをもらったり、ブログのネタに出来たりするものです。遊んだことだって大事な財産だと思います。

今年は特にコロナもあって、帰省が出来ない、皆と遊びにも飲み会にも行けないという方も多いかと思いますが、
外で出歩いて遊ぶことだけが幸せではないと思います。夢中になって勉強した年末年始、カッコイイじゃない!
Dr渡も年末年始はずっと勉強するつもりです(ちと外来行くかも)。お互い頑張りましょう!また来年!

aisa

コメント

  1. たうらす

    今年お疲れ様でした。
    そして本当に丁寧に返信ありがとうございます。
    早いもので研修1年目も終わろうとしています。
    国家試験どころか無事卒業できてる自分に改めて驚いています。

    B’zは『イチブトゼンブ』が好きですね、ドラマ主題歌になりましたが。
    あとは『いつかのメリークリスマス』です。
    特定の歌手を追うタイプではないですが、心に伝わります。
    有名な歌手の方が行うライブやコンサートという場所は大学の学園祭で友達と見に行ったレベルですが、なんども訪れるうちに極めたらこの曲の次はこの曲となるかもですね。

    今年最後の質問ですが、いつも助けていただいてすいません。
    今思うと研修初めからコロナの影響でオリエンテーションがなく、初日から業務でした。
    書類や連絡対応に追われ、バタンキューと疲れて倒れる日々があり、慣れだした頃には次の科へなんてことも繰り返されますね。

    話変わりますが、
    マッチングなどでも言われていますが、総合診療や初期救急の大切さが最近感じるようになりました。
    つい最近まで将来の不安や余裕のなさから無気力になっていましたがジェネラルに見れる総合診療医師に再度憧れを抱くようになりました。
    もう一度基本からやり直したほうがいいかなと思うようになりました。

    大学時代のお話をしますと
    CBTは1〜4年までの範囲が出題されてましたが、基礎医学が大の苦手でした。
    極端に基礎医学の分野だけ低かったです。(生化学は特に定期試験も低かったですね。)
    解糖系、クエン酸回路とかも、臓器別講座や病態生理講座を聞くまで『あ、こういうとこで使うんだ』
    的な感じでした。いや、今かよって話ですが。
    大学によっては基礎と臨床の統合など有機的に結び付けているとこがありますね。まだ少ないですが。自大学では臨床と基礎は分けられていたので、『これ、何に使うの?』って感じでした。

    話脱線しましたが、
    臨床の勉強はまたもちろん復習はしますが、基礎医学はどこまで戻ればいいでしょうか?

    マニアックなとこまではさすがにですが、臨床に即した分野にそりたいですね
    個人的には解剖生理は絶対で、あとは薬理かなと思います。
    最近になってもう一度ちゃんと勉強したいなと思うようになりました。
    もしよければアドバイスいただけると嬉しいです。

    今年は本当に
    ありがとうございました。
    渡先生含め国家試験受験生皆様、スタッフの皆様
    お体に気をつけてご自愛いただくほか、医師国家試験を無事に受けれるように切に願います。

    1. Dr.渡

      たうらすさん

      お疲れ様でした!こちらこそいつもコメントありがとうございます。
      イチブは近年のB’zの定番ソングですが今回のライブでも当然のようにやりました(笑)歌詞がグッと来ますよね。
      いつメリもいいですね~古い曲なのですが私もいまだにクリスマスと言えばいつメリです。
      B’zに限らずやはりライブの演出ってある程度決まっているので、
      曲の順番とか、あと曲内でのパフォーマンスとかもガチな人は全部予測できるみたいです。

      >慣れだした頃には次の科へなんてことも繰り返されますね。
      研修医あるあるですね。私も本当にそうでした。

      さて、ご質問の件ですが、基礎医学は医者になると大事さが改めて分かる分野でもありますね。
      国試にはあんまり出ないので5~6年生に勉強してねとは言わないのですが、
      近年の分子標的薬や免疫療法の趨勢を見ていると基礎医学が分からないと医師としてはなかなか厳しい気さえしています。
      とはいえ研修医の時期は臨床に慣れることを最優先すればいいと思いますので、あわただしい中で無理にやる必要もないと思いますよ。
      臨床も専門を決めて数年~十数年すると一通りのことが出来るようになるので、
      そうなってきた頃に疫学研究や基礎研究に興味が湧いてくることが多いようです。そこで改めて勉強していくのもいいですね。
      医師人生長いのでゆっくりやるのも悪くない気がします。

      とはいえ、今からいろんなことを少しずつ勉強していきたいというご意向でしたら
      おっしゃる通り薬理、分子細胞生物学、生化学あたりになるのかなあと思います。
      診療科にもよりますので一概には言えませんが、公衆衛生的な疫学や統計は何科でも不可欠になると思います。

      いつも勉強熱心なたうらすさんのことを心から尊敬しております。
      私も負けないように頑張りますね(*’▽’)お心遣いありがとうございます!よいお年を!

コメント入力

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>