初期研修病院サーチ

-全1,026病院のマッチング情報検索サイト-

ピックアップ研修病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

愛知県

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院
稲沢厚生病院は、戦後の混乱の中、昭和20年11月に愛知県農業会尾西診療所として開設されました。その後、昭和23年8月に愛知県厚生農業協同組合連合会の発足に伴って同会に移管され、今日に至っています。昭和40年に現在地に移転した後は、めざましい医療の進歩と地域ニーズに対応するため、昭和49年、平成元年と増改築を行ってきました。 平成14年4月には、地域の要望と地元行政を始めとした多方面からの多大なご支援を頂き、新病院が完成しました。新病院では最新の医療機器やオーダリングシステムなどの新しいシステムを導入して医療機能の充実を図るとともに、アクセスしやすい病院づくりや療養環境の改善に力点をおきました。また、平成19年には医療の質や安全性の向上を目指して病院機能評価の認定資格を取得しました。さらに、平成21年には医療の質の向上や合理化・効率化を目的として電子カルテシステムを導入しました。平成23年12月には病床整備を行って一般病床を増床し、急性期医療機能の充実を図りました。 そして、平成24年度から着手した南館新築および北館改修工事では、災害拠点病院として十分な耐震性と設備を備えること、救急外来の機能を充実させること、外来診療機能を充実させること、在宅医療や介護部門との連携を強化すること等々を目的としています。 平成26年11月に尾西病院から稲沢厚生病院に名称変更となりました。
医療法人川崎病院

兵庫県

医療法人川崎病院
川崎病院は昭和11年、現在の川崎重工業株式会社の前身の「川崎造船所」により開設された、神戸では老舗の総合病院として広く市民の皆様に親しまれています。平成10年に南館の新築と本館、西館の大改修がなされ、現在の姿になりました。
医療機器も常に最新鋭の機器を導入し、地域の方々から信頼を得るように努力してまいりました。現在では全病院を「一般病床」と届出し、重症の患者さんに積極的に治療できる病院として機能しています。そして、それに対応できるように高度な看護体制(患/看比、1.4:1)も整えています。
ここ数年、医療は大きな転換期にあります。数年前から医療は医師が主人公で患者さんは治療を施される対象物でしかないのではないかという患者さんの側からの痛烈な問いかけがありました。医師主導の医療の中では医療過誤さえも不可避なものとして、責任がうやむやにされているとの厳しい批判もありました。このような情勢の下に医療界も大きな反省がなされ、今の医療現場は「医療の安全」と「患者さんの権利の尊重」の二つが重要なキーワードとなっています。
川崎病院では「医療理念」と「患者様の権利」を制定・明示し、患者さんに安全で満足のいく医療を提供しようと職員一同研鑚に励んでいます。地域の開業医の先生方ともよく連携し、協力し合って、患者さんの意見を聞きながら、患者さんに満足していただける医療を提供しようというのが、当院の医療理念であります。
新しい特殊な高度な医療を目指すことは重要であり、それを軽視するものではありませんが、先ずはよく見かける病気(消化器や呼吸器、血液の悪性腫瘍、狭心症や心筋梗塞、腎不全、糖尿病やその合併症など)を、安全に、満足していただけるように治療することが地域に根ざした病院としては最も大切なことと考えています。このような考えの上に立って川崎病院はこれからも地域の人々から信頼される病院でありつづけたいと思っています。
稲沢市民病院

愛知県

稲沢市民病院
稲沢市民病院は、2014年11月から、市民の皆様と私たち職員待望の新病院での診療を開始しました。 白く新しい建物、プライバシーに配慮した明るく広い病室など、これまでとは格段の療養環境を提供することができ、患者様には安心して治療に専念していただけます。また、新しく導入された最新の医療機器を得て、さらに質の高い医療が可能になりました。 市民病院の使命は、住民が急病や事故のときに安心してかかれる救急医療、病院でこそできる入院医療、そして手術や高度な検査・治療を行うことにあります。 救急医療では「断らない救急」を目指して取り組んでいます。救急車からの受け入れ要請は、通常時間帯はそのほとんどを受け入れています。専門性や夜間対応などから当院で対応不能と思われるものについては、まずは当院で初期治療を行い、他院へ転送します。病状が落ち着いた後は再び当院にて回復まで療養いただく体制を取っています。 もちろん、当院だけで地域の医療をすべてまかなうことはできません。地域の医師会との緊密な連携のもと、急性期医療を中心とした入院医療を重点的に行うことにより、地域医療を担っていきます。 新しい医療機器もいくつか導入されました。今回の整備に当たっては、患者様に負担の少ないこと、また地域にとって必要なものを、と言う観点から選定を行いました。放射線検査では、少ない放射線被爆、短時間での検査が可能になり、患者様に優しく、より正確な診断・治療が可能になっています。 また、これまではできなかった治療も行うことができるようになりました。医師確保に努めた結果、これまでご不便をおかけした脳神経外科、整形外科の診療体制も整いました。特に脳神経外科は、脊髄・脊髄疾患・抹消神経疾患の専門家を招くことができました。平成27年4月から脊髄抹消神経センターを立ち上げており、この地区の中心的な教育施設として活躍が期待されます。
倉敷成人病センター

岡山県

倉敷成人病センター
生活習慣病などの一般的な慢性疾患から、消化器、泌尿生殖系、乳腺に至る全身の悪性腫瘍の外科的治療に至るまで幅広い診察を行なっているほか、リウマチ膠原病、不妊治療、ED治療など特殊専門領域についても力を入れている。
産婦人科は腹腔鏡手術、出産、不妊治療を三本柱とする。腹腔鏡手術の技術を世界的に高く評価された医師のもとに全国から若い医師が集まっている。出産は年間1600件を超える。
前立腺疾患や結石の治療、がん診断・治療などに力をいれている泌尿器科。
網膜・硝子体疾患、黄斑疾患に対して専門性を持って治療にあたる眼科。
整形外科は人工関節手術、手の外科、脊椎外科の専門性を発揮している。
H21年に日本リウマチ友の会賞を受賞し、指導医資格を持つ4名が診療にあたるリウマチ科。
ラジオ波焼灼療法、インターフェロン治療等専門医が揃っている肝臓病治療センター。
小児科は小児神経外来では地域で拠点的な役割を担っている。毎日多くの新生児をケアしている。
放射線科は一般的な画像の読影のほか、各種血管造影やIVRを行なっている。他の診療科もそれぞれの特色を生かして地域医療に貢献している。
内視鏡手術センターでは、婦人科をはじめ、消化器外科、呼吸器外科、泌尿器科、整形外科の熟達した医師が揃っている。

こだわりで探す

病院お知らせ掲示板

一覧を見る

2019.02.22静岡県

伊東市民病院

3/16(土)伊東市民病院 エクスターンシップ

伊東市民病院では、医学生対象の参加型・体験型病院見学イベント「春休みエクスターンシップ」を開催いたします。 看護学生と一緒にチーム医療を学ぶ多職種合同体験型学習を中心に、IPE(多職種間連携教育)を意識した、見学にとどまらない「参加できる」「体験できる」プログラムを予定しています。 また、医学生向けプログラムは研修医による診断推論カンファレンスや地域研修報告など、実際の初期臨床研修をより理解していただけるような内容となっています。 参加者には当院既定の往復交通費を支給します。また、遠方の方はイベント終了後に職員宿舎への宿泊も可能です。(無料) ぜひご参加ください!ご応募をお待ちしています!! ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◆日時  :2019年3月16日(土)10:00~17:00 ◆対象  :医学生 新5年生・新6年生・既卒生 ◆参加費 :1,000円(昼食代込み) ◆定員  :10名(お申し込み順) ◆申込方法:詳細URLからPDFファイル「エクスターンシップ参加申込みについて」を       ご確認のうえ、文書内のリンクから医学生専用申込フォームにアクセスしてください。 ◆申込締切:2019年3月4日(月)13時       ※ 応募者数により募集を延長または短縮する場合があります。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2018.11.05秋田県

秋田厚生医療センター

11/24(土)秋田厚生医療センター 第6回在宅フォーラム

医療福祉生協連家庭医療学開発センターの藤沼康樹先生が、秋田にいらっしゃいます! GPセミナーとして自治医大三瀬先生や秋田市内で在宅診療を行っている市原先生、 長崎県対馬市のいづはら診療所の桑原先生もいらして在宅のフォーラムを開催いたします。 ぜひ医療にかかわる皆様、学生のみなさんのご参加をお待ちしております。 開催日:11月24日(土) 時間:16:00~18:00 場所:秋田厚生医療センター 2階大会議室 参加費:無料

2018.11.02岡山県

倉敷成人病センター

11/23(金・祝)倉敷成人病センター 内視鏡手術体験セミナー

先着10名・参加費無料! <宿泊費と交通費は当院の規定に従い、全額もしくは一部を補助します> 医学生応援プロジェクトとして内視鏡手術体験セミナーを開催いたします! 低侵襲手術を体験したい医学生さん!内視鏡手術の極意を学びたい! 医学生の皆様、奮ってご参加ください!セミナー後に懇親会も予定しております。 ◆日時:11月23日(金・祝)13:30~(受付開始13:00) ◆場所:倉敷成人病センター9階 多目的ホール

2018.10.30千葉県

国保旭中央病院

11/23(金) 国保旭中央病院 無料セミナー(北米型ERケースファイル)

北米型ERで出会った症例をみなさんと一緒に検討する症例検討会形式です。 6つのセッションからなるややハードスケジュールですが、 休日の午後のひと時を楽しく勉強しましょう! みなさんにご参加いただき、明日から役立つ クリニカルパールを持ち帰っていただきたいと考えております。 開催日 :平成30年11月23日(金曜日) 時間  :12時00分から 対象  :医学生、研修医 参加費 :無料 場所  :AP東京八重洲通り 参加費無料、どなたでもご参加下さい!

2018.10.10千葉県

国保旭中央病院

10/20(土) 国保旭中央病院 無料セミナー(鑑別診断塾&ER道場)

2つの構成から成る頭と体の両方を使う参加型勉強会です。 「鑑別診断塾」では、グループにわかれて、ファシリテーターのアドバイスのもと、 参加者で議論しながら鑑別診断の進め方を学びます。 「ER道場」では、鑑別診断のプロセスを考えながら、 実際の救急外来を想定したシミュレーション形式で、体を動かしながら学びます。 皆さんのお申込みをお待ちしています! 開催日時 :平成30年10月20日(土曜日) 時   間:13時00分から 対   象:医学生、研修医 参 加 費:無料 場   所:AP東京丸の内 (JR東京駅から徒歩4分)