Dr.孝志郎「緊急時往診」ご報告

2020/04/25

久しぶりの「Dr.孝志郎チャンネル」の更新となりました。
今回はDr.孝志郎ご本人より、開始を決意された「緊急時往診」のご報告となります。

Dr.孝志郎です。
先日、Twitterでもご報告しましたが、私のクリニック近隣の中核病院で大規模な院内感染が発生しました。これにより地域一体の医療機関が大幅な戦力ダウンとなり、この現実を医師として重く受け止め、緊急時往診を開始することを決意致しました。

4月某日、「Dr.孝志郎クリニック」に心不全増悪の方より緊急要請有り。
二度と袖を通すことはないだろうと思っていた、ERの白衣を取り出しました。往診は救急の現場なので、今回はこれを着て向かうことに。

-1 

患者さんのバイタルサインと呼吸困難がおさまりました。
心臓外科をやっていた頃、心不全の患者さんは大勢診てきましたから、経験は宝です。
症状のおさまった患者さんとご家族が、安心されて笑顔になられたことが、なによりも嬉しいです。

-2

これからも、地域の医療を支えるべく、尽力していきます。

皆さんもいつまで続くのかわからないこの状況で、不安が大きくなっていることでしょう。
今はオンラインで勉強会などもできると聞いています。
長きにわたる自宅学習で息が詰まるようなときは、こういった文明の利器を利用して、息抜きもしながら「今やるべきこと」をやりましょう。ここを乗り越えた皆さんは、来年医師としての第一歩を力強く踏み出せるに違いありません。

私も自分の「今やるべきこと」をやって、一緒にがんばります。