メンズ美容外科!(^^)!

2022/06/01

image3

仕事の話ではない(キッパリ)。自分がクライアントとして訪れてみたのだ。
mongonそう思われるかもしれないが聴いてもらいたい。新型コロナパンデミックにより人類がマスクをかけ始めたのが数年前。もちろん私もその一人なのだが思いついちゃったんですよ。「mongon_4」と。今なら誰にも気づかれずに。そして速やかに。おヒゲを取ることができるのでは!そう。mongon_5(ここで脳内にマイケルジャクソンのBGM♪)

実は自分のヒゲは濃いだけでなく硬かったため、朝の貴重な10分を髭剃りに費やしていました。「朝の10分×30日=300分!」つまり髭剃りだけで月に5時間も費やす計算に。これが12カ月だと「5時間×12カ月=60時間!」。んでもってあと50年生きるとすると(この時点で人生まだ半分終わってない計算になる。かなり強気の姿勢)、「60時間×50年=エエエエ(*´Д`)」という事実に気づいてしまったのである。
そんなの時間の浪費じゃね?さむわんへるぷみー、ということでメンズ美容外科の門を叩いたのである。自分も医者なのでレーザー当てればおヒゲって簡単に取れるっしょ♪というのは知っていたのでわりとルンルン気分で予約を取ることができました。

「まずは先生の診察とカウンセリングからでーす♪」とナースさんから説明があったので「は~い♪」と素直にお返事して待合室で15分ほど待機。「ではこちらの診察室にお入りくださ~い」と言われたので椅子に座って待っていると、ちょっとイケメンの若手ドクターが登場!颯爽と椅子に座って「初めまして。医師の○▽×です。よろし…」
医師と医師。二人の目線が交錯したその瞬間。運命の輪は回り始めた(Vシネマ調)

mongon_2」(; ・`д・´)
mongon_3」(*´Д`)

そう。数年前、某大学の国試対策委員にしてサマライザー、ラストメッセージ生講義バージョンの時代に東京会場にも来てくれて、一緒に写真を撮った記憶もある若手ドクターだったのです!でも確か小児科の後期研修医になったんじゃなかったっけ?

「いや~♪それが小児科の後期研修医修了が近いんですけど美容外科にも興味がありまして。月2回アルバイトで美容外科に出入りしてるんです~。ホラ。バイト代も高めだし?看護師さん達も綺麗な女性が多いし。あっ。大丈夫です!脱毛のレーザーは経験のあるナースさんがやりますから!僕は指示だけ出して見てるだけっスから!ネッ♪」( *´艸`)

おのれこの俗物め (;´・ω・)
参考文献)機動戦士ガンダムZZ ハマーンカーン様

だがもちろん医師のアルバイトは自由だ。ぶっちゃけ私も若いころはかなりやった。小児科の経験を積みながら多領域の勉強をするというのはおススメだし、何しろ仕事なのでバイト代も入る。「Z世代の良いところは人生のコスパを追求することに余念がないところだ」と確かマックのJKが言っていた(ホントか!?)。そしてガンダムZZの「Z」はZ世代の到来を予測していたのだとしたらもう本当に神としか言いようがない。てか、「小児科+美容外科」なんていう夢のブレンドが実現可能になってしまう医師免許の強さみたいなものも垣間見た。

「あっ。ところでKSR先生。どの領域のおヒゲを取られますか?場所によってお値段が違うんですけど~」
「え?は?全部とってくれるんじゃないの?おヒゲに場所とか値段とかあるの!?」
ちょっとここは意外だったのでお値段表とにらめっこしながらお話を聞くことにー
(続く)