Dr.榎本Dr.榎本

 

profile
2013年よりメック講師となる。MEC産婦人科講座担当。現役産婦人科医として、メック講師として、2児の母として、三足の草鞋を履きこなしエネルギッシュに活躍中。担当のMEC産婦人科講座では、実体験に基づいた説得力のある解説で、産婦人科への苦手意識を克服させる。明るく朗らかな人柄や、元メック生として学生に寄り添った姿勢で、予備校生にも現役生にもファンが多い。

Dr.榎本の一問一答Dr.榎本の一問一答

interview

研修医時代の思い出を教えてください
私は研修医1年目後半期に、産婦人科へ進むことを決めました。研修医2年目に不妊治療専門の施設で研修させていただいた時期があります。その当時、不妊治療に対する知識が今ほど浸透していないまま、女性の社会進出、それが故の晩婚化が顕著になってきていた、ちょうど駆け出しの時期だったように思います。そして、あの時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。何に衝撃を受けたか……。それは、不妊で悩まれている患者さんの数、そして不妊治療の大変さです。女性にとって『妊娠』というものには適齢期が存在し、これは男性と大きく異なるところだと思います。どこに幸せの焦点を合わせるか。それは様々な価値観があって良いものなので、必ずしも妊娠・出産=女性の幸せとは思いません。しかし、いつか子供が欲しいという思いがあるのであれば、正しい知識と覚悟をもった上でキャリアアップをしていく必要がある、という現実を目の当たりにし、自分の今後の人生を熟慮するきっかけになったことを覚えています。
恩師等にいわれて印象に残っている言葉とその理由を教えてください
⒈『教えられたことは1回で習得する努力をしなさい。』
これを言われた瞬間、背筋が伸びました。でも、医療の第一線で働く人間は、常にそのような緊張感をもって診察に臨まないといけないものですよね。
⒉『外科医にとって、カレーは飲み物である。』
ファンキー過ぎます。私にはどう頑張っても無理です。
診療科を決めた理由を教えてください
女性であることを存分に活かせる科に進もうと常々思っていました。
また、妊娠・出産の神秘に惹かれました。『おめでとうございます』と言える医療現場は産婦人科だけですから。
Dr.榎本のとある一日
起床 → 毎朝、自分の準備と子供の準備で戦場と化す → 保育園に連れて行く → 仕事をする → 迎えに行く → 帰宅後、夕食準備 → お風呂 → 子供と戯れる → バッテリー切れる → 気づいたら就寝
message
みなさん、こんにちは。MEC産婦人科講座を担当しております榎本です。
  • Dr.榎本
  • Dr.榎本
  • Dr.榎本