【山口】徳山中央病院 1年目研修医4名の座談会

2019/04/12

ic49-tokuyamachuo-topb

ic49-tokuyamachuo-top

研修スタート後、現場への架け橋となる「全員救急研修」

―― 貴院では初期研修のスタート時から「全員救急研修」を1カ月間行うそうですが、どのようなプログラムですか?

古澤医師:4月のスタート時から研修医全員が5名ほどにわかれて各診療科をまわり、救急外来での基本的な考え方や知っておくべき症例について、昼夜で徹底的に教わります。昼間は各診療科で講義や実技の実習を受け、4月の2週目からは、17~24時に見習い当直として2年目の先生について当直を経験。基本的な問診や診察、オーダーの出し方や救急外来の流れを疑似的に経験して、救急の土台を築きます。

松谷医師:講義では各科の先生が教えてくださるので、研修医の顔を覚えていただける良い機会にもなりますね。これからまわることになる科の先生に挨拶できますし、スムーズにローテートに入っていけます。

山形医師:国家試験が終わって、研修と同時にいきなり現場に入れられるのではなくて、その前に実際の仕事の中身を、ある程度把握して本番に臨んでいけるのは安心感につながります。現場への架け橋となるような研修だと思います。

奥城医師:講義ではシミュレーションの機器で学ぶことも多く、実際のローテートの科でうまくできなかった手技などは、そうした機器を使って復習することもできます。院内を巡って、より良い研修を行うための環境を知る意味でも、最初の救急全員研修はありがたいですね。

ic49-tokuyamachuo01

みんなで一緒に頑張れるから、「忙しくても楽しい!」

―― その後、本番の当直へはどのように移行していくのでしょうか?

松谷医師:5月から1年目と2年目の研修医2名が当直に入り、内科・外科の指導医各1名がバックアップしてくださる体制になります。7月頃から副直として2年目の先生が1名加わって、1年目をしっかりとサポートしてくださいます。first touchは研修医が行いますが、治療方針は上級医の先生と一緒に考え、検査のオーダーや診断も1人で行うことはありませんので安心です。そして10月になると、1年目が副直も含めて2名になり、2年目の先生と一緒に担当することになります。

奥城医師: いきなり当直に入って「やってみて!」と言われるのはやはり怖かったので、こうした仕組みで段階的に学べるのはありがたかったです。とはいえ当直はやはり忙しいですし、なかなか寝られないですね(笑)。

松谷医師:「忙しい病院だよ」というのは、大学の先輩からけっこう聞いていました。でもその後に、「忙しいけど楽しいよ!」って誰もが言うんですよね。それがとても印象的でした。

山形医師:僕も見学に来たときに先輩方から、「忙しいけど充実してるよ」という話を多く聞きました。忙しかったら元気がなくなるのが普通だよな、と思ったんですけど、そんな感じがしなくて、楽しそうな表情で、明るくはつらつと話してくれるのが心に残りましたね。

―― 忙しくて疲弊するのではなく、なぜ「楽しい」と思えるのでしょうか?

山形医師:自分も実際に徳山中央病院の研修を経験してみて、もちろん、「忙しくてもうムリ…」って思うこともありますよ。オンコールで呼ばれることも多いですし。でも先生方が僕たちに、「この症例も見せてあげよう」と思って呼んでくださっているのがわかるんです。

松谷医師:そして仕事が立て込んだときには研修医ルームで、「疲れたぁ~~」って言える相手がいるというのも大きいと思います。研修医だけの部屋になっているので、何でも言い合えるし、弱音や愚痴を聞いてもらえば最後には、「よし、がんばろっか!」ってなる(笑)。

奥城医師:つらいときがあっても、それを自分だけで抱え込まずに口に出せる、言える相手や聞いてくれる相手がいるというのは、とても大きいですね。

松谷医師:2年目の先生もとても話しやすくて、困ったことやわからないことがあったときに、すごく親身になって教えてくださいます。研修医が放っておかれることがないし、先輩の先生も含めて、みんなで一緒に頑張ろうと思える雰囲気や風土があるのが、忙しくてもネガティブにならずに前向きに頑張ることができる要因じゃないかなって思います。

ic49-tokuyamachuo02

鑑別の力が確実に上がっていく「朝カンファ」

―― 当直のあとの「振り返り」は、どのように行っていますか?

古澤医師:当直明けの「朝カンファ」が充実しています。救急科と総合診療科の先生に当直対応について指摘していただくカンファレンスで、1年目の研修医全員を対象に毎朝8時から約1時間行われます。主訴や病歴、身体所見、血液検査、CTやレントゲンの結果等、各自が前夜の当直でfirst touchから診た患者さんについてプレゼンします。

奥城医師:ここでは先生から、「なぜそうしたのか」についての質問がどんどん飛んできます。だから当直でも意識を高めた取り組みができますし、対応に苦慮した症例も翌朝に明確な答えをいただけて、自分の所見や診断、治療が合っていたのかを振り返ることができるのは大きいですね。

山形医師:僕みたいな性格だと、朝カンファがなかったら振り返りをあまりせずに、その場で診て終わり…、といったこともあったかもしれません(笑)。自分の考えを先生方に翌朝しっかりと伝えなくてはならないので、頭を使ってアセスメントもしますし、とにかく勉強になります。

奥城医師:私は初日の当直のとき、腹痛を訴えてきた患者さんに問診で聞くべきことが全然わかりませんでした。翌朝のカンファでも先生方の質問にほとんど答えられなくて、すごく悔しい思いをしました。そうしたらあとから救急科の先生が声をかけてくださり、一緒に復習に付き合ってくださったんです。すごく親身に教えていただけて、とても印象に残っています。

松谷医師:私も、自分でどう鑑別を考えて、なぜその検査に出したのか等、理由を常に自分の考えとしてしっかりもっていなくてはならない、と思い知らされました。毎日のカンファレンスでの積み重ねが鑑別の力を上げていく、という実感が強くありますね。

ic49-tokuyamachuo03

発表した1年間の症例をまとめ、冊子にして残す

―― そのほか、印象的な研修や勉強会はありますか?

古澤医師:朝カンファで発表した症例を含め、さらに掘り下げたいときには、毎週水曜に研修医2名で発表する、「救急ケースカンファレンス」があります。患者さんのその後の経過なども含めてディスカッションしていく場です。

山形医師:ここではスライドを使い、学会発表と同じような形式で発表を行います。その点でもとても勉強になります。そして徳山中央病院では、研修医が発表した1年分の各症例をまとめて冊子にしています。この取り組みは全国的にも珍しいようです。

古澤医師:そのほか、毎週木曜日の夕方に、総合診療内科の竹内先生が1時間ほど研修医室に来てくださり、当直などで生じた疑問や質問に答えてくださる時間があります。日頃、各診療科で出てきた疑問や質問に答えてくださるので本当にありがたいです。各科を横断的に広く捉えた切り口になっているのが特徴的で、研修医が疑問をシェアできるのも良いですね。

ic49-tokuyamachuo04

「今日も頑張って良かった」と思える環境がある!

―― 先輩研修医や同期が多いからこそ、「研修が充実する」と感じた点は何ですか?

松谷医師:先輩研修医が多いと進路の相談をしやすいです。人数が多い分、色々な進路の先生がいらっしゃるので、選択肢の幅が広くて参考になります。山口大学のほかにも、他大学に入局する方や市中病院に出る方もいらっしゃいますし、後期で残ることも含めてさまざまな進路があると知ることができます。

奥城医師: 同期が多いメリットは、仕事が終わって研修医室に戻ればいつも誰かしらがいるので、「ごはん行こうよ」って気軽に誘えること。同期とは病院のなかのことも外のこともなんでも話せる仲の良さがあります。まわっている科の情報交換ができたり、どんなことを勉強していけば良いかを先に聞いたりできるし、助かることが多いです。

松谷医師:当直を代わってもらえるのも助かるよね。同期でLINEグループを作って、「ごめん、この日代わってくれる人!」って送ると、「おれ代われるよ」とかすぐ返してくれる。同期の人数が多いから、必ず誰かが代わってくれる感じです。LINEって便利だな~って(笑)。

―― あらためて、徳山中央病院の良さを教えてください。

古澤医師:公私のどちらでも頑張ることができる点でしょうか。仕事は忙しいけど前向きに頑張ろうと思える環境ですし、病院の忘年会は職員500名が一堂に会する大規模な会でビックリしました。仕事もそのほかの楽しみも、公私ともに充実した生活が送れると思いますよ。

山形医師:当直などで忙しいのは確かなんですけど、それで「もう嫌だな」と思ったことは一度もありません。忙しいときのほうが、なぜかうれしい、というか。やはり、患者さんを治す、という戦力に微力ながらもなっていることを感じさせていただけるし、研修医が「今日も頑張って良かった」と思える環境を、先生方が与えてくださっているからかな、と思います。

ic49-tokuyamachuo-last1

offtalk_orange

病院の周りは緑もいっぱいで穏やか。
激アツな仕事を癒してくれる優しい街です!

―― 徳山(周南市)の街の自慢はなんですか?

古澤医師:一つはアクセスの良さかな。広島まで新幹線で20分だし、福岡も40分で行けるのですごく便利です。

松谷医師:徳山駅に蔦屋書店が併設された市立図書館ができました!スタバもあって、とっても雰囲気が良いですよ。

奥城医師:本のジャンルがすごく豊富で、色々な本があるよね。雑誌もたくさん置いてあるし、くつろいでのんびり読めるから研修医のみんなも良く行ってますね。

松谷医師:ほかにもおしゃれなカフェとか、駅のまわりにけっこうあるんですよ。

山形医師:田舎ならではの古民家カフェとかね。あとは、徳山ってとても天気が良い! 僕は大学が鳥取で、鳥取は曇り空が多い印象なんですよね。こっちは晴れの日が多いし、災害がない。台風もなぜか山口県は逸れてくれて、今のところ災害がない印象です。

松谷医師:気候も良いし、住みやすいよね。夏は隣の光市で海水浴もできるし、冬は広島のスキー場でスノボも楽しめます。車だと1時間くらいで行けますよ。

―― 皆さんの休みの日の過ごし方は?

古澤医師:僕はサッカーJ2のレノファ山口の応援をしています。なかなか観には行けないので、ネットの中継でチェック。学生時代からサッカーをやっていて、病院にもフットサルのサークルがあるので、時間のあるときは顔を出しています。

松谷医師:病院の周りは緑と公園が多いです。そこで体を動かすのが心地よくて。この前フリスビーしたよね?

奥城医師:したした(笑)。1時間くらいずっとやってたね。楽しかった~。

山形医師:1時間ずっとフリスビー? のどかだね~(笑)。このあたりは田舎だけに、寮の部屋がめちゃくちゃ広いんです。病院から5分くらいの場所にあって、部屋は1LDKとか2DK。まだ空いてるみたいですから、皆さんもぜひ!

―― では徳山の街と、徳山中央病院の良さで締めてもらいましょう。

奥城医師:街は穏やかで心地良い!

古澤医師:暮らしやすくておすすめです!

松谷医師:病院は……とにかく熱さであふれてる!

山形医師:激アツです(笑)! それを街の心地良さが癒してくれる。充実感いっぱいの環境だと思いますよ!

(2019年4月公開)